データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【デジタルカメラをパソコンが認識しない原因と復旧の手順とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


デジタルカメラをパソコンが認識しない原因と復旧の手順とは?
デジタル一眼レフカメラやコンパクトサイズのデジタルカメラ
写真や動画を撮影して内蔵メモリやSDカード等に保存した後で
パソコンで読み込もうとしたら、最初のうちは正常に認識しないことも多いですね。

基本的には製品に付属されているUSBケーブルのコードを取り出して、
デジタルカメラ本体のコネクタとPCのUSBポートを繋げるだけでデバイスに読み込みができます。

ですが、何かの理由でメモリーカード内のデータが開けないことも
実際に時々あるので、それらの主な原因と復旧の手順について書いていきます。




デジカメの電源が入っていない

まずよくあるケースとして、パソコンの電源を入れて立ち上げてから
USBケーブルでカメラと繋いだ時に、デジタルカメラ本体の電源も一緒に起動して
オン状態にしていなければ、読み込みができません。

一定時間経つと電源がオフになる自動的に機能を持つカメラもありますので、
内蔵メモリや搭載のメモリーカードを読み込む際に、カメラ本体の電源が
オンになっているかどうか確認して、もしオフになっていたらスイッチを入れて復旧してください。

Windowsのエクスプローラーではこの画像例のようにフォルダが表示されます。(FinePixの場合。)

Finepix

デバイスマネージャーに認識されていない

デジタルカメラがポータブルデバイスとして、パソコンに正常に認識されているかを確認してみましょう。

[例:Windowsの場合]

デスクトップ画面の左下スタートメニューから[コントロールパネル]を開きます。

次に[デバイスマネージャ]を開き、[ポータブルデバイス]の項目に
デジカメの製品名が表示されているかをチェックしてください。

もし項目に「×」「!」「?」のエラーマークが付いていたらマウスの右ボタンで
デバイスの項目を「削除」して、
一度デジタルカメラのUSBコードをパソコン本体から取り外します。

そしてその後、もう一度USBコードを差し込んで接続し直してください。

USBハブが認識されていない

「USBハブ」や「USB延長ケーブル」を経由して接続している場合、
稀に一時的な認識エラーが起きてデバイスが画面上に表示されないこともあります。

または、ケーブル同士がしっかりと物理的に接続できていなかったり、
USBポートの種類が違うと認識しない、というパターンもあります。

一度コネクタを抜いて、パソコン本体の違うUSBポートに直接差し込みをされてみてください。

一時的なコンピューター上のエラーが発生

上記と同じくパソコンのOS上で一時的にデバイスの認識エラーが起きて、
ポータブルデバイスの読み込みが正常に作動しないことも起こります。

一度デジカメのUSBコードを抜いて電源をオフにしてから、PCの方も再起動して、
また最初から接続をし直してみると、自動的に復旧される場合もあります。

デジタルカメラ本体が破損している

もしもデジタルカメラの製品本体を固い床に落下させてしまったり、どこかにぶつけて
強い衝撃を与えてしまったり、水に濡れてしまったら、内部の回路が故障してしまうおそれがあります。

メニューを表示する液晶画面やレンズが割れただけならまだパソコンのデバイスに認識させることは
できる見込みも高いのですが、電源スイッチやバッテリー、デバイスに関する機能の部分などが
破損や老朽化で壊れてしまっていたら認識できない場合もあります。

その時にはメモリーカードを一度カメラから取り外して、
[USBカードリーダー/ライター]に差し込んで、接続を試してみて下さい。

メモリーカードが故障している

SDカードやxDピクチャーカード、MMC、コンパクトフラッシュなどの
メモリーカードも、長年使用していると次第に回路の経年劣化が出てきます。

またデータの書き込みを数千回と繰り返していくうちに、書き込みの限度回数の目安にも近づいて、
いつ読み取りや新しい保存が出来なくなったもおかしくない状態になります。

また、強い衝撃や高熱、電圧によるダメージや錆による腐食、
浸水などの異物混入でメモリーカード故障してしまうケースも起こりえます。

デジタルカメラのメモリーカードを同じ製品で別のものに差し替えてみて片方が読み込みできて、
もう片方が開かない場合はそのデータ記録メディアの一個が壊れてしまった可能性が高いです。

メモリーカードやデジカメの内蔵メモリが物理的に破損してしまった場合、内部のファイルを
個人で読み込みするのは非常に難しいため、プロのデータ復旧サービスセンターに
問い合わせをして、内部に保存した写真画像のデータを抽出してもらうことをお薦めします。

 





デジタルカメラの写真画像 | パソコン教室
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-250.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.