データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【パソコンでファイルが破損するトラブルから回復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


パソコンでファイルが破損するトラブルから回復するには?
全てのコンピュータやハードディスクは長く使うほどエラーが起こりやすくなり、
データ復旧または事前のデータ保存が必要となるケースも多々出てきます。

データ損失の予防として具体的にどういった症状が現れた始めたら注意が必要か、
そのパソコントラブルの主な事例を挙げてみます。


主なデータ消失アクシデント


・基盤チップが焼けている。
・突然システムが落ちた。
・停電などにより電源が落ちた。
・電源が付かない。
・ファイルを誤って削除、フォーマットしてしまった。
・ウイルス感染、ハッキングを受けて操作できなくなった。
・パーティション(区画)を開放してしまった。
・HDDを増設したら認識されなくなった。
・熱、水害などでパソコン本体が破損した。
・外部からの衝撃でクラッシュしてしまった。
・水害で水に浸かって動かない。
・カチカチと異様な音が出る。
・焦げ臭い、などの異臭がする。
・Windowsが一時的に開けない。
・ドライブが認識されてない。
・モーターが回っていない。


パソコンのアクシデントに遭遇した場合、後にパソコンが自然に回復しても
まだ注意が必要で、万全のためすみやかに外付けハードディスクやDVD-Rなどの
データ記憶メディアにファイルをコピーしてバックアップを実行されることをおすすめします。




Cドライブにあります「Program Files」(プログラムファイル)のディレクトリには、
アプリケーションソフトをインストールした時に作られる、
ユーティリティーを稼働するために必要なデータが入ったフォルダーが収納されています。

こちらに、個別に作成したデータが保存される場合もあります。

これらのフォルダーは中身のファイルをむやみに編集したり削除するとユーティリティーの
プログラムの構成が壊れて、ウィンドウが立ち上がらなくなったり、正常に稼働しないことがあります。

もし間違えてアプリケーションソフトを削除したり編集して、OSの機能に支障が出たら、
「システムの復元」などを用いて、パソコンを少し前の状態に戻します。

または一度そのアプリケーションをコントロールパネルからアンインストールして、
もう一度同じソフトウェアをディスクかネットからインストールし直します。

個人用ファイルの場合は、削除した場合と違って、ファイルが残っているけれど拡張子が破損した、
というケースでは、データ復元ソフトだと機能の違いから修復できない場合あります。

プログラムのソースに詳しい方でしたら専用のアプリケーションソフトを用いて
壊れたソースの箇所の書き換えを試みて回復する、という方法もあります。

ですが、ウィンドウズの「ファイル履歴」やMac OS Xの 「Time Machine」、市販のバックアップソフト、
クラウドストレージサービスなどで事前にファイルのバックアップを取っていれば、
そちらから引き出す形で回復することができます。

急にパソコン自体が壊れてしまうとやはり中身のファイルやプログラムが
故障したHDDの中に閉じ込められてしまうのが特に難儀ですね。

コンピューターのパーツは修理交換で直すこともできます。

ですがデータの方はハードディスクが壊れてしまうとメーカーの修理サポートでは通常直せないため、
専門のデータ復旧センターにて中身の記憶部品から取り出してもらう必要があります。

 





ファイルの破損・エラー | データ消失
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-23.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.