データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ミラーリングでバックアップを行う方法とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ミラーリングでバックアップを行う方法とは?
パソコンのハードディスクなどのデータ保存媒体に記憶しているフォルダ・ファイルや
インストールしたオペレーティングシステム、アプリケーションを含めた全データをは、

[ディスクミラーリング](RAID)というシステムを使用することで
二台以上のハードディスクの記憶装置を用いてバックアップする事ができる事をご存じでしょうか?

パソコンや外付けハードディスク、サーバー、TeraStation、LinkStation、LANDISKなど、
現在はあらゆるデータ保存メディアでミラーリングによる保管方法が実践されています。

ですが、やはり最初の頃は個人では難しそう、費用がかかりそうというイメージがありますね。

しかし専用のRAID ケースやソフトウェアなどを用いて、
一般個人でもお手軽にミラーリングによるバックアップの設定をすることができます。


おすすめなミラーリング関連製品


たとえば、BUFFALO(バッファロー)から販売されています「DriveStation」(ドライブステーション)は、
4台のハードディスクドライブを一台のケースに搭載したRAID方式の外付けHDDの製品です。

他にもWindows完全防除、DVD/CDバックアップソフトなど色々なお役立ち製品が販売されています。




また、『DesignSupport』もおすすめなミラーリングソフトで
リビジョン、増分、同期、上書きコピーなどあらゆる機能が搭載されています。

MicrosoftのOS:Windows8/8.1やWindows10では、コントロールパネルに
新しく『記憶域』というプログラムが加わり、「新しいプールと記憶位置の作成」という項目で、
ディスクミラーリングと同じ多重化のデータ保存が設定できます。

外付けHDDケースなどを二台分用意して接続し、これによって両方のHDDに常に
同じファイルを書き込みする事で、片方のストレージが故障しても、
もう片方のストレージによって同じデータをバックアップで保護する事ができます。

BUFFALOのテラステーションやリンクステーション、アイ・オー・データのランディスクといった
ネットワークドライブの製品にも、二台以上のハードディスクが搭載されたRAID製品もあります。

注意点として、重度の物理障害によってはミラーリング(RAID1など)を
行っても、2つのデータ保存装置に同時に障害が起きてしまう可能性もあります。

また、コンピューターウイルスによるプログラム破壊や、間違えて必要なファイルを一括で
削除してしまった場合など、システム的に連鎖した論理障害のトラブルには弱い、という側面もあります。

こういった障害が出た時は、早急に専門のデータ復旧サービス店にて
コンピューター機器の破損情況の診断や、修復作業をしてもらわれることをおすすめします。

 





RAID・ミラーリング | プログラミング
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-224.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.