データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【システム上の復元機能でデーターを復旧できない時の対処方法は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


システム上の復元機能でデーターを復旧できない時の対処方法は?
パソコンのハードディスクを誤って再フォーマットを掛けて初期化したりうっかり必要なデータを
削除してしまった時、またはフリーズやエラー、クラッシュによる障害でシステムや保存ファイルが
故障してしまった時、こういったトラブルが起きた時には多くの場合、

Windows 8/8.1や10搭載の「ファイル履歴」やMac OS X搭載のTimeMachineなどの機能で、
トラブル発生前の状態にバックアップデータを使ってある程度、元に戻すことができます。

ウィンドウズの例では、コントロールパネル→ファイル履歴→個人用ファイルの復元
→逆時計回りの形をした『元の場所に復元します』のアイコンを押します。

前回に外付けハードディスクドライブなどにバックアップした、
それぞれのフォルダー(ピクチャやドキュメントなど)のファイルを修復できます。

しかし、例外として、[Program Files]など別のフォルダーに含まれているファイルや、
リムーバブルディスクに保存されているデータは機能せ保存できる対象外になります。

オペレーティングシステムを破損した状態から復旧させる標準機能の一つ『システムの復元』は
以前にセーブされた復元ポイントの時点までコンピューターを遡って元に戻す機能です。

その仕組み上、復元ポイントのそれ以降の時間に保存したシステムの変更箇所は戻せず、
ポイントの日付が大分前だった場合、かなりの量のアプリケーションソフトや
更新した設定が消えてしまう事もありますので事前にご注意ください。




定期的に、バックアップソフトにより全データを外付けHDDに保存したり、
OSの状態をイメージバックアップによりディスクへコピーされることをおすすめします。

Windowsの基本ソフトや、インストールしたアプリケーションソフトの機能自体が
エラーやシステムの障害で開かない場合、またはパソコンの電源が付かない、
といった重度の破損の場合は「システムの復元」が使えなくなってしまうこともあります。

またコンピューターウイルスの感染が起きていた場合は、復旧してもすぐにまた破損してしまったり
保管されたデータまでがすでに感染していてエラーに繋がる可能性もあります。

こういった場合にはパソコン本体に障害があるレベルであるため、
自身で復旧させるには再インストールによるリカバリーが必要になりやすいです。

重要なデータファイルが読み込みできなくなってしまった場合は、
それ以上の破損状態の悪化を防ぐためにも、専門のデータ復元サービスか、
またはパソコンの修理センターの店舗の方にお問い合わせをされてみることをお薦めします。

 





Windowsの問題解決 | データファイルの復旧・復元
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-223.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.