データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ブルーレイディスクレコーダーの故障時にデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ブルーレイディスクレコーダーの故障時にデータを復旧するには?
DVDレコーダーの次世代機として現在普及している光ディスク「Blu-ray disc」(ブルーレイディスク)は、
SONY[ソニー]やSharp Corporation[シャープ]、Panasonic[パナソニック]などにて
開発・販売されているBlu-rayDiscRecorder
(ブルーレイディスクレコーダー・BDR)やパソコンのBDドライブにて閲覧する事ができます。

下の写真のように、最新のモニター機器の本体に取り付けられて
レコーダーが一体化している製品としても登場しています。

ブルーレイディスクレコーダー

以前にはHDD非内蔵型のレコーダー『シャープBD-HP1』などがありまして、
現在では販売されている殆どのブルーレイレコーダーにHDDが搭載されています。

ハードディスクドライブが内部に設置されているおかげで2つの番組を同時に
録画・予約が出来たり、大容量のムービーを保存できたりと多くの利点があります。

しかしながらHDD自体はPCのものと同じく長い期間の使用によって次第に老朽化して、
いつかは破損してしまう難点もあります。

また、BDのディスクも、繰り返しの再生や経年劣化、ひっかき傷や汚れの影響で
いつかはやはり読み込みができなくなるため、HDDやBDに書きこまれたデータの中で
特に大事な分は定期的にバックアップされておかれる事が望ましいです。




間違えて必要なファイルを削除したり、誤ったフォーマットで初期化した場合は、
パソコンのデータ復元ソフトでスキャンを掛けて修復を試みる事もできます。

(※BDレコーダーやUSBハードディスクケース、また対象の製品で使用されているフォーマットや
メディア媒体に対応された『ファイナルデータ』や『復旧天使』などのソフトウェアが必要になります。)

ブルーレイディスクの版面にキズや汚れが付いた時は、市販のディスククリーニング装置を使うか、
ディスクの洗浄サービスにてある程度までの破損状態なら修繕してデータを読み込み直せます。

レコーダーの内部のほかのパーツが壊れている場合は、カスタマーサポート年間保証サービスや、
マルチメディア機器の修理センターにて問い合わせて、お預かりをしてもらい直してもらうことができます。

しかし、ハードディスクドライブやブルーレイディスク自体が破損した場合は、基本的に交換作業での
修理になりまして、壊れた方の修復はほぼ不可能なため、内部のデータを失ってしまう危険もあります。

もしバックアップをされていなかった場合はHDDやBDの物理障害に対応されています
プロのデータ復活サービスにて、分解による取り出し(他の媒体への移し変え)の
復旧作業を行ってもらわれることをお薦めします。

 





ブルーレイディスク | Blu-ray
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-215.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.