データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PHS専用モバイルツールの削除データを復元する方法】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PHS専用モバイルツールの削除データを復元する方法
PHS(ピーエイチエス)には現在、『b-mobileONE USBインターネットカード2製品
(ビーモバイルワン)の6ヶ月/1年使い放題パッケージの新型データ通信カードを
はじめとする様々なオプションツールが別売品として発売されています。

PHSデータ通信カードからモバイルを通してダウンロードしたファイルを、
パソコンのUSBポートに繋げてデバイスドライバより読み込みをしたりと、
幅広い分野で楽しめるようになりました。

しかしながら、もしUSBインターネットカードや
CF:コンパクトフラッシュメモリーカードを等のデータ保存カードが
衝撃や圧迫・水害・熱などのアクシデントで破損してしまいせっかく保存していた
データファイルが読み込めなくなった時はどうすればいい?という疑問について。

壊れたモバイル機器の修復


まず、PHSや携帯電話の機種本体が壊れた場合の場合でしたら、
液晶モニタが割れたりボタンが利かなくなる、通信できなくなる、という
破損で保管データが見れなくなっても、電話会社の受付窓口に持って行く事で、
故障していない内部チップのデータを機種交換の際に移行してもらえ増す。

しかしコンパクトフラッシュのカードが割れたり水に濡れて読み込みが
不能な破損が起きた場合は、残念ながら通常、モバイルサービス窓口の方では
データ復旧を行う事ができません。




保存用カードの内部ファイル復旧


故障したCFカードやUSBインターネットカードは普通の人では分解しても
かえって故障を悪化させてしまうおそれがありますので、まずは
購入先のメーカーに修理が出来るかどうかの注文をされてみましょう。

もし損壊が激しく不可能たという場合は、次に、CF等に入ってい大事なデータが
残っていてこれを引き出したい場合は、データ復旧センターの物理破損専門
サービスにて読み取れなくなったファイルも修復してもらう事ができます。

ただ内部チップの焼き焦げ・融解など重度の破損の場合は復旧ができない事も
あります。接続プラグや保管場所でない部分の損壊程度でしたら十分に
復元可能ですので、いざという時にぜひ復旧サービスをお役立て下さい。

 





ハードウェアの症状 | 携帯・PHS向けサービス
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-213.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.