データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【バックアップしてなかった保存データーを復旧する方法は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


バックアップしてなかった保存データーを復旧する方法は?
パソコンに内蔵されたハードディスクドライブやSSD、
USBメモリやSDカード、メモリースティック、CD/DVD-RW、MOなどの
保存データを取り扱う際には、必ず別のメディアにコピーを取る事が重要です。

万が一の記憶装置の物理的な破損や回路の老朽化による故障、または誤ったファイルの削除や
フォーマットなどの「論理障害」に備えてこまめな「バックアップ」を取ると、
いざという時にわずかな誤差の範囲での未保存の更新ファイルを除けば、
すぐにデータログを復帰できるので安心できます。

でも もしうっかりバックアップをし忘れてしまい、
それまでの貴重なデータが消えてしまったら大変です。

そんな時になんとか復元できないものか?という疑問について。


[BACK UPを手動で取り忘れてしまったら?]

まず、パソコンのCドライブや増設したハードディスクやSSD、
外付けのドライブの中にあったデータの場合であれば、

もし手動でデータをコピー&ペーストで取り忘れていたとしても、
Windowsの『システムの復元』をはじめとした
自動更新タイプのバックアップ機能を有効にしていればほぼ、元に戻せます。

システムの復元を有効にして、外付けHDDかRAIDを用意して
USBコードで接続して事前にセッティングしていれば、
自動的に定期的な差分のデータのバックアップが行われています。

そしてスタート→コントロールパネル→システム→システムの復元 で
失ったファイルやフォルダを復活させる操作に取り掛かることができます。

ウィンドウズ8では「ファイルと履歴」と「Windows7ファイルの回復」を
コントロールパネルから開いて、同じように機能をオンにします。




[その他のOSや機材での設定]

・Mac OS Xは「TimeMachine」(タイムマシン)をオンにする。
・Ubuntuはランチャーの「バックアップ」の機能。

・電子メールサービスはエクスポート機能か他のメールへの「転送サポート」を設定。

・防犯カメラなどの撮影用機器はmicroSDカードなどを差し込んで
 そちらに「自動録画機能」を使ったり、HDDレコーダーを使用します。


これらの記録の際、一番最後に更新された保存の日時よりも
後のデータは、そのままでは復旧できない事が多いためご注意ください。


ですが、これらの標準機能を事前に有効にしていなかったり、
各社バックアップユーティリティーなどを使用していなかった場合に
必要なファイルを削除したり、記憶メディアごとフォーマットをかけた時は、

パソコン用のファイル救出のアプリケーションを入手して、
データが消えた記憶メディアにスキャンをかける方法が役立ちます。

電気店の店頭やインターネットのオンラインショップで販売されている
「ファイナルデータ」「Superファイル復活4」「完全復元プロ」といった
データ復元ソフトを購入します。


次に、お手持ちのパソコンにインストールするか、
DVDディスクをそのままDVDドライブで読み取ってブートで起動します。

そして、各社製品に同梱された取扱説明書かDVDディスクに一緒に入った
PDFなどの解説文を読んで、手順に従ってセットアップとスキャンを行います。

試用体験版」を先に入手しておくと、製品を購入する前にその機能で消えた拡張子が
 検出できるかどうかだけ先にチェックできます。

※あくまで一定の割合での修復という形になります。

 すでに拡張子の痕跡が数ヶ月以上前に新しいデータで
 上書きされていたりするとスキャンで検知できない事もあります。

 また、一部のファイルが壊れた状態で保存されたりと、
 必ずしもすべてのデータが以前と全て同じようには復帰できない事もあります。


多くの製品ではハードディスク内だけでなくSDカード、MO、USBメモリ、CD-RW、DVD-RAMなど、
パソコンに接続できる他の記憶メディアの保存ファイルが復元可能です。

(購入される前に箱の裏面を見て、読み込みしたいデータ記憶装置が
 対応されている機材の一覧を含まれているか必ずご確認ください。)



注意点として、機材が重度のハードウェア障害で動かない状態で、
デバイスマネージャーやエクスプローラー、BIOSで認識されない時は
回路が物理的に故障しているため、コンピューターのシステム上では
開くことが非常に難しいか不可能になる場合もあります。

そんな時には、全国各地で営業されていますプロの「データ復旧センターの会社」を尋ねて
初期診断を受けて、内部のファイルが抽出できそうであれば復旧してもらう事ができます。

※・ですが数回の上書きで完全にデータが消去されてしまった場合や、
 ・回路のショートや衝撃・融解などで物理的に大破してしまった場合、
 ・またウェブログ内の文書など外部サーバーに一時保存していた場合は、
  データの修復が不可能なケースも多いため、事前に注意してください。

(料金はハードウェアの種類や障害の具合によって異なります)

 





バックアップ保存の手順 | データファイルの復旧・復元
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-210.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.