データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【jpeg・gif・pngファイル画像を自分で簡単に修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


jpeg・gif・pngファイル画像を自分で簡単に修復するには?
写真やイラストなどのデータをデジタル上で保存する画像ファイルの拡張子は主に、
jpeg/jpg』(ジェイペグ)・『gif』(ギフ)・『png』(ピング)といった種類がメジャーです。

保存またはインストールした画像ファイルを、うっかりフォルダやごみ箱内から消してしまったり、
jpeg/gif/pngの拡張子が破損して読み込みが不可になった場合は、どうすればフォルダ上に
元通り復旧したり壊れたファイルの拡張子を簡単に自分で修復できる?という疑問について。

jpg画像

まず、失ったり壊れてしまったあく調子は最初、どこで入手したかを思い出してみてください。

インターネットやCD/DVDディスクから入手したフォルダーなら、
もう一度コピーしてパソコン上に保存し直す形で簡単に元に戻すことが出来ますし、
写真画像の場合もSDカードやxDピクチャーカード、マルチメディアカードに
まだデータが残っていて削除していなければもう一度コピーし直す形で修復できます。

データ保存場所として使われているクラウドコンピューティングのiCloudなど
契約したサービスのサーバー上に自動的にデータがバックアップされているシステムが
導入されているコンピューター製品もモバイル機器などで多く出てきていますので、
そちらのサポートも当たってjpeg/gif/png画像の有無を確認してみましょう。

しかしバックアップなどの別の保存先が見つからない場合や
グラフィックソフトで作ったpsdファイル、自分でアレンジして加工したjpeg画像どの
他に代わりのないファイルを失った場合は少し別の作業が必要になります。

ひとまず、内蔵ハードディスク(CドライブやDドライブのフォルダの中)に
保管してあった場合は、OS機能の『システムの復元』『シャドウコピー』といった
OSの状態を一定期間おきに記録する設定ポイントの状態に戻して修復できるツールを
使用して前の状態に巻き戻せば、タイミングがよければ簡単に対象ファイルを復元できます。

ハードディスクにある他の全データまで巻き戻ってしまうのと、運悪くシステム障害が起きて
OSが破損するおそれもあるので、システムの復元を実行する前には必ず
他の必要なデータのバックアップを行ってから修復作業を始めてみてください。




バックアップ先が全くない場合


もしjpeg、png、gif、img、psdなどの画像を失ってから長時間経ってしまい
その状態で復元ポイントが上書きされたり、前のポイントの更新分にそのファイルが
含まれていなかった場合は、専用のデータ復旧ソフトウェアを使ってみましょう。

JPEGファイルなどを誤って消去しただけでしたら、写真画像データの復旧ソフトだけでも
ある程度、高い確率で直せます。

パソコンや外付けHDD自体が壊れていると、開けなくなるのでソフトウェアではできなくなります。

ほとんどの場合『ファイナルデータ』などの市販のソフトウェアを用いて、
起動画面上の簡単な操作でどの形式の画像データでも復元する事ができます。

DataRecoveryの画面』
datarecovery

ごみ箱やフォルダ内で消してしまった画像ファイルなら高確率で、しかも
数百ファイルほど簡単にまとめてスキャンしてから元のフォルダに修復できます。
(機能の簡素な製品の場合は復活できる範囲や精度などに限度があります。)

『フォトリカバリー』など画像専用のアプリケーションソフトも販売されているので
他に復旧させたいデータがない場合はそちらの方がおすすめです。

JPGやIMGなど、画像の拡張子ファイルを削除しただけでしたら先述のように、
フォトリカバリーといったデータ復元ソフトウェアで自分で復活させる手段が使えます。

写真のデーターを収納したハードディスクやデジタルカメラの内蔵メモリが壊れて
読み込めなくなった時は、専門業者でなければ写真ファイルの取出しが出来ないので、
画像データ復旧の作業を行ってみる前には、どうぞご注意ください。

ハードディスク障害などでソフトウェアの
プログラムが起動できない場合はソフトでの復元ができないためご注意下さい。

インターネット上のウェブページでアップロードして閲覧するためには上の画像のように、
主に保存ファイルをjpeg、gif、pngなどのどれかの形式に
CG編集・作成ソフトなどを使用して名前をつけて保存する必要があります。

またimgよりもjepgなどの方が画像の容量が軽く、アップロード等もすぐできるので、
デジタルカメラで撮影する写真の保存する形式もjpegの設定になっている事が多いです。

印刷・オフラインの加工用には『bmp』や『psd』など高い解像度を
保てる形式で画像を保存し、後でウェブページでのアップ用にJPEGなど他の
保存ファイルに別ファイルとして、画像ソフトを用いて保存する事もできます。

また、ネット上から右クリックでパソコン内のフォルダに保存する事ももちろん可能です。

他にも『psd』や『img』などの解像度や加工を優先するための拡張子も数多くあります。

ユーティリティのプログラム機能では修復が出来なかったり、HDDやOSの故障で
ソソフトウェア自体が起動出来ない時は、専門のデータ復旧サービスセンターに
パソコンまたはハードディスク、SSD、RAID、NASなどの保存した記憶装置を出して、
破損状況の診断と画像データの修復(または取り出し)をしてもらわれることをお薦めします。

 





プログラムが開けない | データファイルの復旧・復元
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-204.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.