データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクを交換する時に保存データも修理するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードディスクを交換する時に保存データも修理するには?
パソコンが故障してしまった時にハードディスクを別の新品に交換して、
OSを再度インストールして起動し直す際、引き続きこれまでのデータも
同じものを元に戻す形で修理する事はできる?という疑問について。

HDD交換

まず、ハードディスクやSSDはメモリ、CPU、マザーボードなどのパーツと違い
OSのデータや個別のファイルを保存して記憶している装置になります。

なのでこちらを取り外すと、OSやユーティリティーは後から別のストレージに
インストールし直せばほぼ手間はかかっても元通りに出来るのですが、

[個人がオリジナルで作成したり集めて揃えたデータ]の方は、
新しく交換してOSをインストールした方のHDDには通常、記録されていません。

そのためパソコンから取り外して換装した古い方のHDDを
そのまま廃棄処分してしまうとデータを失ってしまうので注意してください。



コンピューターの故障によってドライブやOSが開けなくなっただけで
中身のデータ自体がそのまま破損せずに残っていれば、
まだドライブの内部から個人ファイルを救出できる見込みは十分にあります。

しかし、できれば事前に故障や操作ミス、エラーなどのトラブルに備えて
データのバックアップをしっかりと行っていれば、
いつでも修復ディスクなどから復帰できるので安心です。


他にも大事なデータを失ってしまう多くの要因で、

・誤ってファイルをフォルダ―上から消去してしまった。
・間違えてクイックフォーマットをかけてしまった。
・コンピューターウイルスの感染によりシステムが破損した。
・ハードディスクのプラッタにヘッド障害などで大きな傷が付いた。
・データ記憶メディアが物理的に割れたり欠損して壊れてしまった。


といった災難に遭われてしまった時のために、
事前にオペレーティングシステムのイメージディスクや
ドライブにある主要なファイルの差分バックアップのデータを
別の外付けハードディスクなどの記憶メディアに保存して作成しておきます。




または事前に機能を使って手動で「完全バックアップ」などを行うと、
次に交換するハードディスクでそのままファイルの喪失前の元の状態に、
全てデータを書き込み直す形でお手軽に修理する事もできます。

Windowsにある「ファイル履歴」や「システムの復元」、
Mac OS Xの「TimeMachine」、Ubuntuの「バックアップ」
といった、
オペレーティングシステムの標準機能や、
「HD革命」といった市販のユーティリティーを使って複写してみましょう。

また、最近では新しくインターネット上で、
Macの「iCloud」(アイクラウド)やLinuxの「UbuntuOne」(ウブンツワン)
といった「クラウドストレージオプション」のデータ保管サービスも、
数多くのポータルサービスやIT企業で実施されています。



オペレーティングシステムが破損して立ち上がらなくなっただけで
ハードディスクそのものがまだ無事であれば、
別のパソコンにリムーバブルディスクとしてUSB接続をするか増設をします。

マイコンピューター」(「Windows8では「PC」のフォルダー)のある
Cドライブではなく、増設でできた「D,E,F~ドライブ」、
または「外付けハードディスク」(リムーバブルディスク)という具合に、
別のドライブとして中身のフォルダやファイルを開く事もできます。


余裕があればハードディスクのエラーや残り寿命などの状況を読み取りできる
「S.M.A.R.T.」(スマート)の機能を解析できるアプリケーションを
ドライブの製造メーカー(WesternDigitalやSeaGate、HGST、TOSHIBAなど)や
パソコンショップで入手・購入して、インストールしてから使用します。

定期的にチェックを行うと、突然の故障に遭うリスクがだいぶ下がります。



しかしそれでも急にヘッド吸着といった重度の物理障害が起こった場合は、
バックアップを別に取っていなければ
一般の個人では中身のデータがほぼ確実に開けなくなってしまいます。

ノートパソコンの修理

その際には各地の「データ復旧サービス」の受付先に問い合わせて、
内蔵されたHDDをコンピューターから取り出して、
クリーンラボにて止めネジを回して外していき、
ケースの中身を開いてファイルをサルベージしてもらいます。

(一般の方は絶対にハードディスクの中を開けないでください。)

もしお使いのパソコンや外付けHDD、RAID、NAS、レコーダーなどの機器で
内蔵されたデータストレージに障害が起きてしまった時には、

今までの大事なファイルをデータ復旧サービス店で抽出してもらい、
他の記憶メディアの方にコピー(バックアップ)で移行してもらって、
パソコンに新しいHDDを付け替えて、再度起動をされてみてください。

 





コンピューター修理 | PCパーツ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-196.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.