データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【SSD-フラッシュメモリドライブに故障が起きる場合とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


SSD-フラッシュメモリドライブに故障が起きる場合とは?
SSD -Solid State Drive(エス・エス・ディー)とは
シリコンディスク・フラッシュメモリドライブ(FlashMemorydrive)とも呼ばれる、
ハードディスク(HDD)に取って代わるかもしれないとも言われている
新型のフラッシュメモリ/ストレージです。

従来のハードディスクは内部の磁気ディスクに読み取り装置(ヘッド)を用いて
データを記憶する構造になっているのですが、SSDは半導体メモリーにデータを
保存する構造になっているためモーターの稼動音がなく、またヘッドを使わないので
ヘッドクラッシュといった障害が発生しません。

さらに稼動に必要な電力もHDDよりかからず、またデータの転送速度も早くなります。

HDDより値段は高いものの、次世代的な新型の記憶媒体として
現在注目を浴びています。

Solid State Drive内のデータ障害


SSDはフラッシュメモリドライブのためデジカメやUSBメモリと違い、
ハードディスクと同じく機器に負荷がかかりやすいという点もあります。

そのためハードディスクとほぼ同じデータ障害の例が見受けられます。

・液晶モニタ画面が開かない。
・パソコンが急にフリーズ、または再起動や強制終了のシャットダウンが起こる。
・SSDがデバイスドライバから読み込めない・認識されていない。
・外付けディスクやKNOPPIXでも読み込めない。
・インターフェースが故障してしまった。

ハードディスクより耐衝撃性に優れているものの、やはりデータ保存媒体
である以上、エラーやデバイスからの認識不可、強い衝撃やショートによる
破損の可能性も出てしまいます。




シリコンディスクはHDDと違いモーター軸の損傷やヘッド部分の吸着が
起こらないため、逆に故障した時に変な音があまりしないため
少し気づくにくい場合もあるかと思われます。

しかし故障中に余計に動かそうとしてしまうとSSDの破損状態も
やはり悪化してしまいかねませんのでご注意下さい。

ファイルが壊れた場合やOSの破損などのシステム的な論理障害が起きた場合は、
ハードディスクと同じく消えたデータを復活できる手段は多数使用できます。

しかし回路自体が故障してしまう物理損害が起こった場合だと、
現在の段階ではまだSSDからのデータ取り出しの技術は完全に確立されていない
開発中の段階で、成功率もHDDより低めで回収ができない可能性も高いので、
日々のバックアップや機材の保護といった管理に十分に気を配る事も大事です。

パソコンからどうしてもフラッシュメモリドライブが読み込めなくなった場合は
念のために全国各地にて営業されていますデータ復旧センターの受付に、
記録ファイルの復元のお問い合わせとご相談をされてみることをお薦めします。

 





SSD内部の救出 | PCパーツ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-189.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.