データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【UNIXサーバのエラー障害・故障を防止するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


UNIXサーバのエラー障害・故障を防止するには?
マルチユーザー機能を有するUNIX (ユニックス)OSが搭載されて構築された
RISCサーバー(通称:UNIXサーバー)は耐障害性の高いUNIXを用いるため
エラーや障害に強い面を持つと言われています。

しかしパソコンと違いサーバであるため、24時間365日稼動し続けなければ
ならない事から使い込んで行くほど常に負荷によるダウンやエラーの危機に晒されています。


サーバ障害の予防保守機能・サービス


UNIXサーバの突然の故障やそれに伴うデータの損失を防ぐために、
様々な破損予防策や管理システム・復旧サービスが存在します。

よく行われている基礎的な運営方法として、日曜の深夜など来訪者の少ない時間帯に
一時的にサーバーのWEB運営を停止させ、故障のチェックや
パッチ当て作業を定期的に行う事でサーバーを長く運用させることができます。

普段にご訪問いただいているウェブユーザーの方々にも通知を行うために、
事前に提供ホームページやメールマガジンにて数日前からの
一時的なサーバーメンテナンスを行う告知も行いましょう。

自分自身でチェックを行う際には故障・障害の予防保守機能が搭載された
サーバ管理ソフトウェアという便利なソフトが役立ちます。

なお、光熱費がかかるのですが数十台以上のサーバを運営している企業では
サーバを管理している部屋の加熱を防ぐため24時間エアコンの稼動も行われています。




深刻な故障をした時に修理を行うにはサーバ関連の機器を取り扱われている
製造メーカー先での修理サポートか、私設のコンピューター製品の修理サービスに
持ち込み相談・または送付により依頼をされてみるのがほぼ確実な解決方法となります。

しかしそれまでに発売されていなかった最新のサーバ機器や、逆に相当に古い電子機器は、
私設の修理センターではその時点では対応されていない可能性もあります。

複数のコンピュータの装置で構成された大型のサーバは持ち込みや送付に手間がかかるため、
故障下時には出張修理の訪問サポートでトラブル解決に来てもらう、という手段もあります。

またデータ復旧サービスにより、サーバからハードディスクドライブを取り出して
保管されているデータを別のHDDに移し替えてもらう事でもバックアップができます。

またUNIXシステムネットワークの監視・故障に24時間対応されている
WEB管理会社に依頼を行い、いざという時のために24時間のチェック体制を
申し込むサービスがありますので、基本的にこちらもお薦めします。

突然のサーバ障害でデータのバックアップができず、あるいは間に合わずに
HDの故障などで一部の貴重なデータが喪失されてしまった場合でもまだデータ復旧会社に
サーバー復旧の依頼を行うことで、システムやデータを修復させる事ができます。

 





Linux・Ubuntu OS | コンピュータ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-186.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.