データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【LANDISKのヘッドクラッシュからデータを修復したい時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


LANDISKのヘッドクラッシュからデータを修復したい時は?
普段、外付けハードディスクといった用途でお使いのLANDISK(ランディスク)
突然、パソコン等のコンピューターから認識できず、
ファイルサーバーにアクセスできなくなったらどうすれば修復ができる?という疑問について。

LANDISKのHDD

内部ファイルやデバイスの認識エラーなど障害の原因はいくつか挙げられるのですが、
LANDISKへの読み込みが完全に不可の場合はヘッドクラッシュにより、
LANDISKが故障してしまった可能性が特に高いかと思われます。

ヘッドクラッシュとは文字通り、強い衝撃による物理障害の事です。

ハードディスクドライブまたはリムーバブルディスクパック型ハードディスク装置が
衝撃を受けてヘッド部分が円盤(ディスク)に内部で衝突したため、
ヘッドまたは磁性面に傷がつくなど、損傷を受けてしまう事を指します。

衝撃のみならず埃や湿気の浸入やHDDの劣化で
ランディスクの内部破壊が起こる可能性もあります。


サポート修理とデータ復旧との違い



ヘッドクラッシュには以下のような症状に分類されます。

・ヘッド完全接触型 (ヘッドがディスクに接触している状態)
・ヘッド吸着型 (ヘッドが吸着している状態)
・ヘッド断続接触型 (ヘッドが円盤に付いたり離れたりする状態)
・プラッタ軸不良 (円盤の軸にずれが生じてしまう状態)


上記の障害で最も起こりやすいのが『ヘッド完全接触型』です。

ヘッドクラッシュが起きた場合、修理サポートセンターにお問い合わせをして
LANDISKを郵送または持込で発送する事で修理してもらう事ができます。

ですが、この場合はHDDを交換する形になります。

なので、通常では内部データの復元作業までは行われません。




RAIDとして複数台のハードディスクドライブが一台のNASの中に
収納されているタイプのLANDISKの製品の場合は、
どれか一台のHDDがヘッドクラッシュなどで破損してもまだ大丈夫です。

壊れたハードディスクを新品と入れ替える形でドライブベイから抜き出して交換します。

そして、手順に沿ってリビルド機能により新しいハードディスクにも、
残った方のHDにあるデータがコピーされて、元通りに復元できます。


軽度のヘッドクラッシュでまだデータの読み込みが何とか可能であれば
すぐにバックアップを取ることで、ランディスクのHDDが完全に使えなくなる前に
ギリギリでデータの喪失を回避できる場合もあります。

もし完全に読み込みが出来なくなった場合、LANDISKに保存していた
貴重なデータファイルやプログラムを修復するには、
全国の各地にあります、物理障害とNASの製品に対応されている
[データ復旧センタ]ーにて、壊れたHDD部分からデータを取り出して回収してもらう事ができます。

ヘッドクラッシュは物理障害のため論理的な障害よりも復旧は困難なのですが
成功報酬型でなおかつ実績の高い復旧サービスも数多くあります。

 





NAS・LANDISKの不調 | PCパーツ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-182.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.