データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MacパソコンでフォーマットしたUSBメモリのデータ復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MacパソコンでフォーマットしたUSBメモリのデータ復元
Apple社から開発・販売されているMac OS Xのパソコンで使用していたUSBメモリに
Macパソコンから誤ってフォーマットをかけて初期化して、
メモリーカードに保存していたファイルを消去してしまった場合、
どうすれば消えたデータを復元できる?という疑問について。

Macで使うUSBメモリ

まず、USBメモリはMacintosh HD(ハードディスクやSSD)とは別の領域の
外部デバイスなので、ファイルのフォーマットをしてしまうと
ゴミ箱フォルダーに移動せずにそのまま消去されます。

フォーマット

ですが、まだUSBメモリのセクタには以前のデータの「痕跡」が残っていて
そこからファイルのサルベージを施して復旧できる見込みがあります。

(※フォーマットを掛けた後で新しいファイルを書き込みしてしまうと
 前のデータの痕跡が上書きで抹消される可能性が高いので注意してください。)




こちらの一例では、アイギーク社から販売されていますデータ復元ソフト
データレスキュー3」をMacパソコンで使用する際での手順を解説いたします。


まずはデータレスキュー3を購入してMac OS Xにインストールするか、
DVDドライブにセットアップ用ディスクを入れてDVDブート機能で起動します。

(購入の前に試用体験版をインストールして、消去したファイルのスキャンが
 成功できるかどうか試す方法もおすすめです。)

初期化してしまったUSBメモリをパソコンのUSBポートに差し込みます。

「Duck」か「アプリケーション」に新しく作成された[Data Rescue 3]のアイコンを
ダブルクリックしてソフトウェアを起動して、「新たにスキャンを開始」を押します。

データレスキュー3

「外付けUSB:名称未設定」といったアイコンを選択して、「次」を押します。

ディスクの選択

左から二番目の「ディープ」を選択して「開始」を押します。

ディープスキャン

ワークスペースを「Macintosh HD」などに選択して、「選ぶ」を押すと、
自動的な検出作業が始まるのでしばらく待機します。

ドライブスキャンが完了したら「復旧したいファイルを選ぶ」の項目で、
ツリーリストのフォルダーを開いて、修復したいファイルやフォルダーを選択します。

スキャン結果

「復旧」のボタンを押してフォルダー先を選択すると、そちらの領域に
選択したファイルが保存されて、「復旧完了」のメッセージが出てきます。

「表示する」のボタンを押すと新しく作成された「復旧ファイル」というフォルダーに
保存されたデータの一覧が表示されるので、これらを正常に開けるかどうか順に確認します。

復旧したファイル


もしも必要なファイルがスキャン結果に表示されず検知できなかったり、
一部の拡張子が破損していて正常に開けない場合には、
全国各地のMac OS XのフォーマットとUSBメモリを取り扱われた
「データ復旧サービス」にて、論理障害からの復元作業の注文をされてみてください。

 





初期化・フォーマット後 | データファイルの復旧・復元
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-181.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.