データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[USBメモリーが接続できない・デバイスが認識しない時は?]のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
USBメモリーが接続できない・デバイスが認識しない時は?
お使いのUSBメモリーをパソコンのUSBポートに差し込んで
保管していたデータを読み取ってデスクトップ画面上で開こうとしたら
「内部データが読み込めず、マイ コンピュータの画面でもアイコンが表示されない」
という状態になってしまった時、まずどうすればいい?という疑問について。

USBメモリの差込

最初に「USB」(Universal Serial Bus・ユニバーサル・シリアル・バス)の端子に
接続面での不具合が出ていてUSBメモリが認識しない可能性がありますので、
まず確認として、しっかりUSBポートに差さっているか確かめてみてください。

埃やゴミが付着していたら、できるだけ丁寧にそれを取り除きます。

(もしこの時点ですでに端子が割れていたりして物理的に壊れていたら、
 すぐにそれ以上の接続と使用を控えて、専門のデータ復旧業者の方に出して
 破損した状態の診断と内部データの救出の作業を行ってもらってください。)


パソコンのUSBポートが日々の使用によって劣化して破損することもあります。
一旦、別の差込口の方を空けて、差し変えてみて下さい。

または一度アンマウント(unmount)して「ハードウェアの安全な取り外し」で
安全に接続を切り離し、別の外付けのUSBポート(カードリーダーなど)に
差し替えると、読み込める事もあります。

USBデバイスが認識されているかを確認


差込口をいろいろ変えても読み込めなかった場合、まずデバイスの認識状態を確認してください。

スタートメニュー⇒コントロールパネル(クラシック画面)⇒システム⇒ハードウェア⇒
デバイスマネージャ(D)、とメニューを移動して表示された画面で
USBフラッシュメモリーカードの項目が表示されず、

かわりに『USB(Universal Serial Bus)コントローラ』の項目
または『その他のデバイス』の項目に「!」や「?」マークが付いていたり、

『USBデバイスが認識されません。』とバルーンが表示された場合は
ハードウェアかUSB機器のどちらかに不具合が起きているか、
または機器同士の互換的な相性が良くない可能性があります。

スタートメニュー

USB機器の内部データの取り出しも基本的にメモリ―カード自体が
PCで認識しない時はこの不具合を正して読み込めるようにする必要があります。

対処法として[削除]ボタン→「デバイス削除の確認」→でデバイスを
一度削除し、再度USB機器を差し込んで接続し直してみてください。


それでもマウント出来ない場合


あるいは試しに他のメーカー・規格のパソコン本体にUSBフラッシュメモリを
接続してみてください。そちらでは読み見込めるという場合もあります。


たとえばもし以前にMac OS XやUbuntuのパソコン、あるいは他のデジタル機器に
USBメモリを使っていてそちらで一度でもフォーマットをかけて初期化していたら、
Windowsのパソコンではフォーマットの形式が違うため読み込めない事もあります。

その場合はコントロールパネルの「ディスクの管理」などで初期化させると
Windowsのエクスプローラーでも認識されて開けるようになります。


お使いのOSが古かったり、消費できる最大電力やメモリの容量が低い
スペックの低いパソコンでは読み込めない場合もあります。

Windows VistaやWindows7、8のOSで、十分に性能のある新しいマシンに
USBメモリを接続して読み込んでみて下さい。

もし別のパソコンで読み込めてUSB修復が成功した場合は、それまで使っていた
PCのコネクタが故障していたり、デバイスマネージャの不具合が出ている可能性が高いです。

一応、他でお持ちのノートパソコンや知人・車内の別のマシン、
あるいはパソコンサポート業者やデータ復旧サービスでのPCなどで、
そちらからもちゃんと読み込みできるかチェックしてみてください。


また、中身のフォルダにコピーをしても正常に書き込まれていなくて
0バイトで表示されている、というケースもあります。

別のPCでもマウントできずに認識されず、操作不能になっている場合は
USBメモリーの方に問題があるかと思います。

使用の後に「ハードウェアの安全な取り外し」をしてから抜き取らないと、
確率は低いですが、データや回路に異常が発生する可能性もあります。

移動中や接続の前に強い衝撃を受けて物理的に故障しまったのかもしれません。

「フォーマット」(初期化)をしてしまうと書き込んでいた
ファイルやフォルダが全部消えてしまうので、おすすめできません。

データが開けないだけならまだ十分に元に戻せる見込みがあるのですが、
USBメモリ自体がPCに認識できなかったら、システム上での検出作業が行えません。

どうしても自分でデバイスに接続できなかった場合は、専門技術を取り扱う
[データ復旧サービスセンター店]にて保存データを復元・回収してもらえます。
(詳しくは都道府県別業のカテゴリーなどを参照)

USB接続機器なので、PCのハードディスクより安価で、USBメモリーからの
内部データ取り出しのための診断と復旧の作業を行ってもらう事もできます。






USBフラッシュメモリ | トラブル
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.お書き込みいただけたコメント文は、管理者の承認後に一覧に表示されます。

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。










URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-176.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.