データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【必要なプログラムをアンインストールした後で復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


必要なプログラムをアンインストールした後で復元するには?
これまでにパソコンへ、市販のアプリケーションのCDやインターネットから
過去にハードディスクにインストールしてセットアップして加えた
「アプリケーション」などのプログラムをアンインストールして消去したい時には、

例えばWindowsの場合でしたら『スタートメニュー』→『コントロールパネル』
→『プログラムの追加と削除』(または「プログラムと機能」の画面)で
ローカルディスク(Cドライブ)に入っている一覧の
項目から選択して、いつでも変更・削除を実行することができます。

プログラムと機能

Mac OS Xの場合はFinderを開いて「アプリケーション」のメニュー内や「ユーティリティー」の
フォルダーにある、各種のapplicationのアイコンを『ゴミ箱』フォルダーにに移動すると削除できます。

しかし、これらの手順の中でうっかり間違えて、別のプログラムを消してしまうと大変です。

ボタンやアイコンひとつで削除できるプログラムも多く、結構ミスをしやすい動作なので、
うっかり貴重なデータの入ったファイルやパソコンの動作に必要なプログラムを
消してしまうと、後で復元するのが大変になる可能性もあります。

時に、早急に専門の「データ復旧サービスセンター」に注文して復元してもらわなければ
内蔵のHDDからそのうち上書きで痕跡が消えてしまうおそれもあるのでご注意ください。


消したプログラムを元に戻すには?


Windowsの場合、アンインストールを一度実行してしまうと多くの場合、『Program Files』の
フォルダ内に入っている専用フォルダーやファイルまでが保存データごとすべて消去されます。

(アンインストールの時にログのファイルを残す、と指示した場合はソフトウェアのみが消去されます。)

ですが、あらかじめ『アクセサリ』→『システムツール』の機能
システムの復元』で「復元ポイント」を有効にして設定していれば、
その日時より前にインストールしたプログラムを復活させることが可能です。

指定の日時より後に更新した分は後から復活できないため、ご注意ください。

プロのデータリカバリーサービスでしたら、より確実かつスムーズな手順で
コンピューターの各データを復旧してもらうことができます。




※Windows 8の場合なら事前にコントロールパネルにある
Windows 7のファイルの回復」の機能でバックアップをしてください。

※Macintoshパソコンの場合は同じく事前に、システム環境設定のTime Machineの
復元サービスを有効にしてセットしておきましょう。

また、Macのゴミ箱にまだアプリケーションのアイコンが残っていれば、
右クリックで「戻す」を選択すればまた元の位置に戻せます。

timemachine

念のため、作業を行う前にはパソコンの中の大事なファイルは
外付けハードディスクやRAID、NASなどの保存先にバックアップを取ってください。

また、もしもの時のためになるべく頻繁にデータの差分更新バックアップをとったり
システムの復元機能で「復元ポイント」をしっかりと設定するとより安全です。

ですがもしバックアップをしていなくても、アンインストールをした後でもう一度インターネットから
名前を付けて保存したりCDやDVDディスクからインストールをし直せば、大抵は後でも元通りにできます。

プログラムを起動する際に必要なアカウント認証のコードやパスワードが
わからなくなった時は、製品のパッケージの箱に同梱されていたシールや用紙を
見直したり、通知メールなどがあればそれらを見直してみてください。

あるいはその開発元・販売先のIT会社のサポートセンターに電話をして、
認証コードの問い合わせや再発行を頼んでみてください。

しかし新しく作られたアプリケーション用のフォルダーにあるデータは初期状態になるため、
前にHDドライブ内の同じフォルダーに入れてたファイルやそれまでにアップデートや
設定変更で更新していた貴重な保存分のデータまでは元に戻せないことが多いです。

データ復旧業者の方でCドライブをスキャン速いうちにスキャンしてもらえば、
削除されたファイルを個別単位でなら元に戻せる可能性もあります。

WindowsでBlu-rayやDVD閲覧用のソフトウェアを誤ってアンインストールしてしまい、
システムの復元機能で以前の復元ポイントまでコンピューターを戻してみても、
実際プログラムにはなくファイルだけ復元されていて、フォルダーは0バイトで何もなく、
ソフトウェアをインストールし直しても開けない、という場合は、

まず、コントロールパネルを開いてアンインストールが正常にされているかを確認して、
パソコンのローカルディスク(C)の「Program Files」を開いて、
まだアプリケーションのフォルダーが残っていたらそちらを削除されてみてください。

Windows7のDVD起動ディスクをDVDドライブにセットアップしてスタートアップ修復を行います。

それから改めてインストールを実行されてみてください。

新しくプログラムのアップデートが行われている場合は、
パーツのスペックが満たされていない、といった原因も考えられます。

ソフトウェアが、たとえば32bitではなく間違えて64bitなど、
お使いのパソコンの動作環境と別のものになっていないかどうかも確かめてみてください。

アンインストールする前に更新していた上記のようなデータが消えてしまい、
バックアップもないので別の方法で何としても回復させたい、という際には
ひとまずセクタの上書き防止のためにパソコンは一旦閉じます。

それから専門業者のデータ復旧サービスに電話かメールで問い合わせをして、
以前の状態のファイルを痕跡から復元してもらわれることをおすすめします。

 





フォルダの消失 | プログラミング
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的にアドバイスやサービスを提示できます。








URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-164.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.