データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【携帯電話のカメラで撮った写真画像が喪失した時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


携帯電話のカメラで撮った写真画像が喪失した時は?
携帯電話には今や、写真画像をJPEGなどの電子ファイルとして撮影・加工ができる
「デジタルカメラ機能」が標準装備になっています。

写真画像ファイル

現在販売されているほとんどの携帯機種で写真を撮ることができます。

画像サイズも1200×1600ピクセルなど大型のサイズで写真が撮れて、
また接写撮影、ナイトモード、手ぶれ補正、画質調整など撮影に必要な
多くの補助機能が搭載され、画質・機能ともにデジタルカメラに近いほど進歩しています。


[保存した携帯写真が見れなくなったら?]

ケータイのレンズで撮った写真は本体の内蔵フラッシュメモリか、
内部に差し込みできるmicroSDカードに保管されます。

そしてあとで画像を印刷したり、いっぱいになった容量を空けるために
自分でパソコンなどに移し変える事もできます。

ですが、SDカードやPCのハードディスクに移動させる前に
うっかり携帯を落としてしまったり、水没やクラッシュなどで破損して
携帯が読み込めなくなった時はどうすればいい?という疑問について。


これらの場合、携帯電話機の本体そのものが壊れても、
中身のデータの保存領域そのものは無事である可能性もあります。

例えば液晶モニタが映らなくなった場合、電源ボタンやホームボタンなどの操作自体はできて、
普通に電源自体はまだ付くようでしたら、
パソコンをご自身でお持ちであれば付属のUSBコードで接続して、
WindowsのエクスプローラやMac OS XのFinderから読み込んでみてください。




または「電話帳バックアップ」などデータのバックアップアプリや
iCloudなどのクラウドサービスを事前にお使いであれば、
そちらにケータイのデータがある程度の分、引き出せる見込みもあります。

電源ボタンが割れて正常に押せなくなったり、完全に電源が付かないほど壊れていた場合は、
SDカードを携帯電話の本体から取り外して、
USBカードリーダー・ライターなどの機器でパソコンに読み込みます。

またはもっと安全に、携帯電話会社の受付窓口に持って行くことで
写真の画像や電話帳、メールなどのデータを回収してもらえます。



もし重度の衝撃で携帯電話が割れたり折れたりするなど
大破してしまった時は、無理に起動しようとすると
かえって回路がショートして更に破損するおそれが出てきます。

それ以上は電源を付けようとせず、動かさないようにしてください。


もしも携帯電話のサポートでも内部データが回収できずに、
またどこにも電話帳やメール、写真などのバックアップ分がなかった場合は、

割れた破片や部品を念のためにすべて集めた後に、
各地で「携帯電話の物理障害からの救出」に対応されている
[データ復旧センター]の窓口にお問い合わせをされてみてください。

データ救出サービスの業者では物理障害の場合でも
優れた設備と高い技術力で、初期診断から相談、復元に至るまで
信頼のおける適切な作業を行ってもらえます。

 





ハードウェアの症状 | 携帯から撮った写真。
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-162.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.