データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows(ウインドウズ)のOSのデータ復旧を行うには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows(ウインドウズ)のOSのデータ復旧を行うには?
皆様はマイクロソフト社のWindowsとアップル社のMac OS X、LuinuxのUbuntuなど、
どちらのカーネルがインストールされたパソコンをお使いでしょうか?

世界的にはWindowsの方がやはり普及率が高いですが、ウィンドウズにも
今現在にかけて多くの種類のOS(オペレーティングシステム)のバージョンが存在します。

下記にて各Windows OS(ウインドウズ・オーエス)の種類をまとめてみました。


歴代ウインドウズの型番



  1. Windows1.0
  2. Windows2.0
  3. Windows3.0
  4. Windows3.1
  5. Windows95
  6. WindowsNT
  7. Windows98
  8. Windows2000
  9. WindowsME
  10. WindowsXP
  11. WindowsVista
  12. Windows7
  13. Windows8
  14. Windows 8.1


この中で現在最もメジャーなのがXPとVista(ビスタ)、7、8/8.1あたりですね。

特にウィンドウズVistaと7は次世代的なデザインが好評でこれから先も期待です。

64bitのWin8


Microsoft Windowsのパソコンをしようしていると、やはり操作の中で
膨大なデータファイルを取り扱います。

これらをもしうっかり間違えて必要なファイルを削除してしまった時のために、
ウィンドウズでは予備の保護機能が複数、標準で搭載されています。

また、市販のアプリケーションを用いて、便利なデータ復旧の機能を拡張する事もできます。



まず、デスクトップ画面の「ゴミ箱」のアイコンを開くと、
これまでにエクスプローラーの画面から削除したファイルやフォルダーが
こちらに表示されます。

エクスプローラーやダイアログボックスの画面でデータを消去する動作を取ると、
通常は「このファイルをゴミ箱へ移動しますか?」といったメッセージが出てきます。

コンピューター上からはすぐには消えないので、後から復旧する事もできます。

ゴミ箱フォルダーの中のまだ使うファイルを選択して、
「選択した項目を元に戻す」のメニューを押すと、以前のフォルダーの位置に戻ります。




消えたファイルを復元する機能



また、Windows 8/8.1ではコントロールパネルの「ファイル履歴」をセッティングして
別の外付けハードディスクなどのデータ記憶装置にWindowsパソコン上の
フォルダーのデータを自動的にバックアップする事もできます。

「記憶域プール」では、RAID1と同じ機能を設定できまして、
外付けハードディスクに全く同じデータをミラーリング(多重化)して保存ができます。

これで、もし今後、どちらかのハードディスクが故障しても、
もう片方のドライブからリビルドしてデータ復旧ができます。

また、「回復ドライブの作成」や「システムイメージバックアップ」などで
OSの回復用ディスクなどを事前に作成しておくと、
後からウィンドウズの調子がおかしくなった場合に、手早く以前の正常な状態に戻せます。

軽いエラーなどのトラブルであれば、コントロールパネルの「システムの復元」の機能で、
少し前の復元ポイントの時刻の状態にコンピューターを戻して修復できます。


ウィンドウズのほとんどの編集などの作業を行うアプリケーションソフトでは、
「元に戻す」(アンドゥ)や「やり直す」(リドゥ)という、
一つずつ前の動作の状態にデータを戻す機能が付いています。

これを使えば、作業をミスした時にメインメモリにまだ履歴が残っている
一次データをバックさせて、一つずつ少し前の状況に遡る形で復旧できます。

また、Microsoft Officeスイートなどのユーティリティーに搭載されている、
上書き保存する前にパソコンが急に閉じてしまった時のために
一定時間おきに「自動保存」して、後で「自動回復」を施す機能もあります。

ホームページビルダーなどのソフトウェアには、ファイルが破損した時のために、
「.bak」という別の拡張子名で同じ内容のデータを予備に保存する
バックアップファイル」というデータ保護の機能も搭載されています。


また、ゴミ箱からも消してしまったり、
フォーマットを掛けて消去してしまったファイルを復旧するための
『ファイナルデータ』や『Superファイル復活』といった「データ復元ソフト」も
ウィンドウズの対応商品として試用体験版とともに、市販で販売されています。



マイクロソフト・ウィンドウズの98以前のOSは次第に時代の終わりへと移っていき、
各業者のOS対応における撤廃も徐々に出始めています。

なるべく早く新OSのソフトウェアを備えたPCに移し変えて、
データ回復や保護の機能もある、快適なIT環境で使用される事をおすすめします。


Windowsのパソコンのファイルがどうしても元に戻らず困ってしまい、
プロの業者の方ににデータ復旧の作業の依頼をされる予定がありましたら、
上書きよる痕跡の消去を控えるため、それ以上はオペレーティングシステムを起動せず、
出来るだけお早めに、各地のデータ復旧サービスにご依頼をされてみる事をお薦めします。

 





Windowsの問題解決 | Windows 全般
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-15.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.