データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクやUSBメモリなどのデータ復旧率とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


ハードディスクやUSBメモリなどのデータ復旧率とは?
パソコンのハードディスク(HDD)やMO、SDカード、SSD、USBフラッシュメモリ、
CD/DVD±RW/ROM/RAM、などに保存していたデータが故障した時に復元してもらうには、
専門で営業されていますデータ復旧サービスが大変助かります。

こちらでよく聞く『復旧率』というのはどんな要素?という疑問について。

復旧率とはほぼ言葉どおり、内部のファイルを取り出せる成功率のことを指します。

過去の実績における統計から基づいたパーセンテージで、復旧率91%、
といった信頼度にも重要な要素となる数値です。


ファイル復活の成功確率


データ復旧サービスセンターでは専門の設備やプロのスタッフ、クリーンルーム、
機器や破損状況に応じたプラン、初期診断など、きわめて優秀な信頼性の高い、
緊急時にも助かるサポートサービスです。

大抵の機材の故障や誤ったデータの消失トラブルならすぐに復旧をしてもらうことができます。




ですが、重度の物理的な破損(焼き焦げなど)や
データの完全な消失などのケースで残念ながら回復ができないこともあります。

またDVD-RAMやCD-RW、MO、ブルーレイディスク、PDといったディスクの裏面に
激しいひっかき傷落ちない汚れが付いていると、
レンズクリーナーなどの研磨機を使っていても修繕しきれないこともあります。

成功と失敗の割合を計算して成功率というパーセンテージが決まります。

また、多くのデータ復旧センターでは90%以上もの成功率が見込まれています。

ハードディスクドライブやSSD、USBメモリ、SDメモリーカード、MOなどの、カートリッジやケースに
覆われて保護された造りの補助記憶装置は、もし製品本体が使い物にならない状態に破損しても、
中身のプラッタやメモリチップの記録部分自体は損傷がなく、
プロのデータ復旧業者で読み込みをしてもらうことで復元が可能な場合も多いです。

ご依頼前の初期診断で復旧の見込みや故障具合を調べてもらうことも可能です。

 





データ復旧とは? | デジタル製品のトラブル解消サポート

 
 ※問題解決のご質問、訂正の箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目の、
 メッセージの投稿用フォームにて幅広く受け付けています。









URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-146.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.