データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【不調なファイルデータの回復が可能な状態とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


不調なファイルデータの回復が可能な状態とは?
誤操作で消してしまったファイルや壊れた補助記憶装置からデータを救出してもらえる
プロの[データ復旧サービス業者]では、

パソコン本体に搭載されたハードディスクやSSDなどのパーツをはじめ、
外部から接続するUSBメモリやデジタルカメラのSDカード、外付けハードディスク、RAID、
NAS、CD-RW、DVD-RW、MOなど、あらゆる記憶媒体でのリカバリーに対応してもらえます。

しかしながら壊れた補助記憶装置の機材やディスク、メモリチップの破損した状態によっては
常に確実にデータ復旧ができるとも限らないケースも存在します。


データ回収の不可能な事例



フラッシュメモリの記憶チップの部分がショートなどで焼き焦げたり、
強い衝撃によって潰れたりして完全に読み込めなくなった場合にはリカバリー
物理的に不可能というケースもありめます。

ですが、内部の記憶装置自体が無事であれば復旧できる見込みがあります。

必ずしもファイルのレスキューが可能というわけではないのですが、
それでもやはりデータ復旧サービスは
高い確率で破損データの修復ができる心強いサポートです。




ファイルが消えたり機器が故障する事故



・ごみ箱に入っていたファイルを一括して空にしてしまった。

・パーティションをフォーマットしてしまった。

・『システムの復元』を使ったら少し前のファイルが消えてしまった。

・HDDがヘッドクラッシュや寿命で物理的に壊れてしまった。

・CDなどのディスクがデバイスに認識されず読み取れない。

・USBメモリーカードが割れてしまった。

・経年劣化で記憶装置がいつの間にか壊れてしまい、バックアップをしていなかった。


こういった場合でしたら、あまり重度の破損でなければ高い復旧率での修復が可能です。

しかし自分自身で壊れた部品をよくわからずに分解してしまうと、
小さいゴミや埃、湿気などが機器の内部に入り込んで、
かえって機材が壊れてしまう可能性があります。

また、オペレーティングシステムに問題が出た時も、
あまり詳しくない場合には無理に操作をしないように気を付けて、
やはりプロのパソコン修理店やデータ復旧サービスに注文をされてみる事をおすすめします。

 





ファイルの破損・エラー | データ復旧について
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-14.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.