データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

[ゴミ箱で削除したファイルの修復方法は?]のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
ゴミ箱で削除したファイルの修復方法は?
パソコンを仕事や日常で日々使っていると、デスクトップアイコンの
ゴミ箱ツールに不要なファイルがだんだん増えていきますね。

そのままにしておくと容量を食うので定期的に一括削除すべきなのですが、
うっかり必要なファイルまで消してしまったり、あとでやっぱり必要に
なってきて困った場合はどうすればよいのか?

ごみ箱内の消去データの修復

ゴミ箱ツールは自分で作成するフォルダとは違う、WindowsやMac OS X、Ubuntuの
特殊なフォルダで、主に一回削除されたファイルをここに収納します。

内蔵のCドライブや増設したHDDにSSD、また外付けのハードディスクといった
ドライブディスク装置のデータが主にここに入ります。

一方でUSBメモリやSDカード、メモリースティックなどの媒体は
「リムーバブルディスク」として扱われるため、
これらの保存ファイルを削除すると一旦完全になくなるので注意してください。

(データの痕跡は残っています。)


ゴミ箱ツールも中身の状態は変わりなく、
普通に[データ復元ソフトウェア]で復旧やスキャンを実行する事ができます。

そのかわり、新しくゴミ箱に捨てる予定のファイルが入ってきて
別の痕跡に上書きされる前に必ずデータ修復を実行しましょう。

FILEが入る容量にはローカルディスクの10%前後と限りがありまして、
それを超えると古い順に自動削除されてしまいますのでご注意下さい。


ごみ箱のファイルやプログラム、ショートカット等が全部消えてしまっても
痕跡が完全に消去してしまったわけではなく、
データ復旧のソフトを使う事で大半は復元して回収する事ができます。

主にファイナルデータや完全復元プロ・DataRecoveryなどの
有名なアプリケーションツールで>削除データ修復を行うと良いと思います。

しかし、完全削除ソフトを使って消去してしまったデータや、ずっと以前に
ごみ箱から削除したゴミ箱データは復活できない可能性が高いので購入の前には
ご注意下さい。

もしソフトウェアを使っても回収できなかった場合はデータ復旧センターにて
ゴミ箱ファイル復元をしてもらう事ができます。

専門サービスの事業所に頼んだ方がより確実的ですので、どちらかといえば
安全性のためにもファイル修復依頼の注文を取られた方がよいでしょう。






ごみ箱の削除後の復元 | トラブル
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.お書き込みいただけたコメント文は、管理者の承認後に一覧に表示されます。

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。









URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-125.html
Copyright (C) 2007-2014 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.