データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【システム修復ディスクが起動せずリカバリーできない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


システム修復ディスクが起動せずリカバリーできない時は?
Micorosoft Windows(マイクロソフトウィンドウズ)のOSに異常が起きた時に備えて
作成していたリカバリー用ディスクの「システム修復ディスク」を使おうとしたら、
パソコンの電源を付けた時にシステム修復ディスクが起動せずリカバリーできない、
という場合の修復方法について。

ディスクメディア

まず、Windowsが一部が問題を起こしているだけでまだ正常に起動する状態の場合は、
BIOS画面でWindowsが優先して読み込まれて立ち上がる場合があります。

パソコンを起動してからロゴ画面で指定のキーを押してBIOS画面を開きます。

各PC(マザーボード)ごとの操作手順に従って、システム修復ディスクを差し込んだ
DVDドライブなどを優先して読み込みするように設定を変更して、再起動します。

または起動オプションの画面でF12キーなどの、パソコンごとに設定されたキーで
ドライブ装置に指定して試されてみてください。

その後で「Press any key to boot from CD or DVD…」というメッセージが表示されたら、
同じく指示に沿って指定のキーを押してシステム修復ディスクを開きます。




例としまして、パソコンを起動して最初の一回目はそのままデスクトップ画面に移る場合が多く、
その際にはもう一度再起動します。

二回目に最初のロゴ画面で「F8キー」などを連打して、自動的にディスクの起動時の画面に移動し、
「スタートアップ修復」や「システムの復元」などの青いメニュー画面に入れます。

また、ロゴ画面の次に出る「boot」の文字が書かれた画面で、
何もしないとそのままWindowsの画面に移ってしまうのですが、
「Enterキー」を押すとディスクの修復機能の画面を起動して、リカバリーが開始できます。

オプションの選択

DVDドライブの装置か、マザーボード、接続しているケーブルが物理的な衝撃などで
破損している場合は、システム修復ディスクが読み込めずリカバリーできない状態になります。

その場合は別のDVDドライブといったそれぞれのパーツに交換するなどして
パソコン本体の修理をしてから、読み込み直します。

また、DVDドライブ装置のトレーにディスクがしっかりと差し込まれていなかったり、
読み込みのミスが出ている場合は、もう一度トレーを開けて差し込み直すか、
小さい穴に針などを通してイジェクトボタンを押して修復します。

またディスクに汚れや傷がある場合は、正常に読み込めないとリカバリーできないため、
研磨機(ディスククリーンアップキット)に掛けて細かい汚れを落として傷を修繕します。

パソコンに内蔵されてWindowsがインストールされているハードディスク自体に
問題が発生して故障している場合は、ディスクも読み込めずリカバリーができなくなります。

その際には、HDDを新しい製品に交換してWindowsを再度インストールし直す必要があります。

もし外付けハードディスクやRAID、NASなどにまだバックアップしていない必要なファイルが
残っている場合は、専門事業のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
中身のデータを救出してもらわれることをおすすめします。

 





システムのリカバリー | パソコン修理・サポート
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1154.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.