データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【LANDISKが無線LANルーターにアクセスできない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決のアドバイスやレスキューサービスを掲載しています。


LANDISKが無線LANルーターにアクセスできない時は?
I-O DATA(アイオー・データ)から発売されていますネットワークストレージ(NAS)の機器
「LANDISK」(ランディスク)を新しく買ってセットアップしている時、または普段ご使用の際に、
インターネットに接続するための無線LANルーターが正常につながらない場合、
どのようにすれば状態を回復させて問題を解決することができる?という疑問について。

LANDISK

LANDISKの製品一覧

・アイ・オー・データ機器:RAID6対応 大容量ビジネスNAS LANDISK 12TB
・WD Red搭載 RAID6対応 大容量ビジネスNAS LANDISK 2ドライブモデル 6TB
・ミラーリング対応 超高速 LAN接続型ハードディスク 「LAN DISK」 4.0TB
・LAN接続型ハードディスク LANDISK Home 2.0TBモデル
・DTCP-IP対応ハードディスク LAN DISK AV 1.5TB HVL1-G1.5T
・NAS 3TB デュアルコアCPU搭載 SMB3.0 USB3.0 日本製E
・リモートアクセス機能搭載 LAN接続型ハードディスク 2.0TB
・LAN&USB接続ハードディスク LAN DISK 500GB



回線の接続状態を確認


まず、お使いの無線LANルーターに電源がオンになっていて、エラーやバッテリー切れ、
過熱などの状態を指すランプが点灯していないか確認されてみてください。

ランプ表示に特に問題がない様子でも、一度電源をオフにして少しルーターを冷やしてみると
次はしっかりとネットワークにつながり復旧できる、ということもあります。

またLANDISKやデスクトップパソコン、ノートパソコンと無線LANルーター(モデム)との間に、
障害物が置いてあったり電波を妨害しやすい電化製品が置かれていると
回線が遮断されてアクセスできない場合があるため、その際は各機器の場所を移動させてみます。

付属のLANケーブルがルーターの台とLANDISK本体の両方に
しっかりと差し込まれているかどうかも、お確かめください。

LANDISK自体が壊れていてネットワークに繋がらない場合にリカバリーをするには、
プロのデータ復旧サポートセンターの方で診断をしてもらうことを推奨します。




パソコンにインストール・セットアップされたネットワークデバイス設定ユーティリティーのの
Magical Finder」(マジカルファインダー)を開いてもメニューにランディスクの項目が
表示されずデータにアクセスできない場合は、「更新」ボタンを押してみます。

Magical Finder

パソコンとLANDISKを両方とも一度電源をオフにしてから再度起動させてみると、
2回目はしっかりと開けた、という場合もあります。

ウェブブラウザの管理画面に入れない場合


パソコンのウェブブラウザから入るインターネットの管理画面にアクセスできない時は、
割り当てられたIPアドレスの番号が変更されている場合があります。

MagicalFinderの「IP設定」のボタンを開いてIPアドレスを確認する際には、
ネットワークにつながっていれば初期状態ではパスワードはなしのまま
「OK」を押して管理画面に入れます。

または「ブラウザ」ボタンからアクセスします。

Windowsのエクスプローラーからひとまずデータだけアクセスしたい、という場合は、
エクスプローラーに「¥¥LANDISK-指定の番号」と入力します。(¥は小文字に変換)

そして各個別フォルダーや共有フォルダーを開きます。

フォルダーを展開

無線LANルーターでパソコンはインターネットに接続できていて
他のネットワークデバイスも正常につながり、
LANDISKだけが正常にアクセスできない状態で本体自体に問題が起きていると思われる場合は、

I-O DATAの公式ホームページから、ファームウェアのアップデーターを入手して
パソコンにセットアップして、手順に沿って更新を行い、エラーからのリカバリーをしてみます。

設定を初期化させたい時には、本体の背面にある「RESET」と書かれた
リセットボタンを、細いピンなどで10秒以上押して、復旧を試みます。

しかし、ケースに内蔵されているハードディスクドライブが故障している場合は、
機能が正常でもそのままではデータにアクセスできないため、一度電源を切ります。

大事なファイルが残っていてバックアップが取れていなかった時には、
「物理障害」に対応された専門のデータ復旧サービスセンターに
LANDISKの本体ごと、またはHDDを取り外して、
持ち込みか郵送で出して、診断とデータの取り出し作業をしてもらわれることをおすすめします。

 





NAS・LANDISKの不調 | ルータ

 
 ※問題解決のご質問、訂正の箇所、新規掲載のご要望等は、トップページの概要事項の項目の、
 メッセージの投稿用フォームにて幅広く受け付けています。









URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1123.html
Copyright (C) 2007-2018 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.