データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【外付けHDDのデータが消える原因とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


外付けHDDのデータが消える原因とは?
パソコンの補助記憶装置などで普段使っているデータ保存用の
外付けハードディスクドライブをUSB接続したところ、
なぜか一部のデータが消えた、またはデバイスの認識はできるのに
フォルダーなどが開けない、という場合の主な原因と対処方法について。

外付けハードディスク

『主な製品の一覧』

・東芝(TOSHIBA):Windows&Mac両対応 USB3.0接続 Portable 500GB HDTB305EK3AA
・MARSHAL(マーシャル):外付けポータブルHDD MAL2320EX3-BK
・WD(WESTERNDIGITAL):ポータブルハードディスク 2TB WDBBKD0020BBK-PESN
・ELECOM(エレコム):USB3.0対応 外付けハードディスク ELD-XED020UBK
・BUFFALO(バッファロー):ミニステーション ターボPC EX2 HD-PCF500U3-BC
・LaCie(ラシー):2.5インチポータブルHDD USB3.0 500GB rikiki LCH-RK005U3
・SONY(ソニー):TV録画用 据え置き型外付けHDD 2TB HD-U2
・Seagate(シーゲート): USB3.0接続 外付けハードディスク SGD-JNX020UBK
・Transcend(トランセンドジャパン): USB3.0 ポータブルHDD TS2TSJ25H3B
・Logitec(ロジテック):耐衝撃USB3.0対応のポータブルハードディスク



前回の操作の状況を確認



まず、前回使用していた時に、どのようにして外付けHDDを取り外したか、
あるいは最後にどのような操作を行っていたかを一度、見直されてみてください。

タクスバーのメニューから行う「ハードウェアの安全な取り外し」を施してから
USBコネクタを外していなかった場合、稀に外部記憶装置に異常が発生するケースがあります。

あるいは停電や落雷、電源コードの引き抜きなどのアクシデントで
ファイルの読み込み・書き出し中の動作中にパソコンの電源が落ちてしまうと、
内部データへのアクセス中だった外付けハードディスクにも問題が出るおそれがあります。

(UPS/無停電電源装置を設置していれば急な停電などによる強制停止は防げます。)

一度パソコンをシャットダウンしてからUSBコネクタを外して、
別のパソコンをお持ちであればそちらに差し替えをされてみてください。


会社内などでほかの人と共有してUSBデータ記憶装置を使用している場合は、
前に使った人が隠しフォルダーを設定していたり、
または誤ってファイルを削除していたために表示が消えた、というケースもありえます。

Mac OS Xのパソコンで削除をしていた場合は、同じパソコンに
もう一度その外付けハードディスクを付け直すと、
Macパソコンのごみ箱フォルダーに消えたデータが表示されます。




エラーの修復


また、頻繁に使用しているうちにソフトウェア面での
「不良ブロック」(不良セクタ/クラスタ)が発生する場合があります。

こちらはエクスプローラー→右クリック→プロパティ→ツールのタブで
ドライブのエラーをチェックして修復を試みます。

エラーの修復

またはコントロールパネルからデバイスマネージャーを開いて、
外付けHDDのメニューにエラーマークが出ている場合は、
一度デバイスドライバを右クリックで削除してから、再起動してもう一度差し込み直します。

USEデバイス

LinkStationやTeraStationの場合は、「EMモード」などのエラーが出ている場合は、
パソコンからファームウェア・アップデーターを公式ホームページからインストールして
セットアップすることで修復できます。


ほかに、ファイルシステムのNTFSやFAT32の設定が誤った操作で変更されたため、
ファイルが消えたというよりはフォルダーへのアクセスができない、というケースも考えられます。

Windowsパソコン以外のコンピューターで先にフォーマットを掛けていると、
Windowsに対応されていないファイルシステムの場合はデータの読み込みができません。

あるいはコンピューターウイルスがパソコンとネットワークを通じて
外付けHDDにも保存されたり感染してきた、というおそれもあるため、
パソコン自体も普段と様子が違う場合は、アンチウイルスソフトで両方をスキャンします。


ハードディスクの目次に当たる「マスターブートレコード」(MBR)が
破損していると、内部データの読み込みができません。

あるいはアクセスエラーやコントローラーの破損といった原因の問題が起きている時も
同様のため、それぞれの修復方法を試みます。(他のページを参照)

また、上記のようなHDDのエラーの場合はMac OS XやUbuntuのオペレーティングシステムで
外付けHDDを読み込みするとデータが開けることもあります。


しかし、ケースに内蔵されたハードディスク本体自体が不良品であったり、
持ち運びの際に物理的に故障していた場合は、一般個人ではデータが開けないこともあります。

どうしても内部のファイルが開けない時には、全国の各地で営業されています
データ復旧サービスセンター」に問い合わせて、状態の検査とファイル救出の
作業を注文されてみることをおすすめします。

 






外付けHDD | USBパーツ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1105.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.