データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【メモリースティックのデータを復旧するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


メモリースティックのデータを復旧するには?
メモリースティック(memory stick)は今パソコンをはじめ、
様々な機器に大容量のデータ保存メモリーとして幅広く使われています。

memorystick Pro Duo

パソコン本体に外部接続して使うUSBカードリーダーに差し込み、
デバイスマネージャーに認識させて内部のディレクトリを読み込んで使用できます。

MemoryCardとは?


メモリースティック(メモリーカード)はソニー(SONY)が中心に開発された半導体メモリ搭載の
小型IC記録メディアです。

大まかにパソコン用のUSBメモリと、デジタルカメラやモバイル端末用のSDカードに次いで、
ある程度メジャーな補助記憶メディアでもあります。

フラッシュメモリや超小型ハードディスクなど大容量の保存メディアと同様に優秀で、
小型で持ち歩きやすくMOやDVD-ROMのようにカートリッジの読み取りの
本体機器もいらないので、大変便利なデータ保管カードとして活用できます。

SDカードやMOと同じく、書き込んだファイルは何度でも消去・書き換えが可能です。

その分、誤って必要な拡張子の誤った削除や上書きをしてしまう破損のトラブルもよく起こりえます。

そんな時に、どうすれば中身の保存していたファイルを復旧できる?という疑問について。

まず、お使いのコンピューター装置で、例えばアップルのMac OS Xのパソコンのように、
本体の内蔵ハードディスクやフラッシュメモリだけでなく、外付けの補助記憶装置のデータを
削除した場合でも、そのまま消去されずに一度「ゴミ箱」に移行するシステムもあります。

Windowsでは通常、リムーバブルディスクからウィンドウズのアクションで消去したファイルは
ゴミ箱には入らず直接消去されるのですが、他のコンピューター装置をお使いであれば、
メモリースティックの中のデータがひとまずゴミ箱などに入っていないか、確かめてみます。

またはバックアップの機能などで何らかのファイルの保管を行っていましたら、そちらをチェックしてみます。




メモリースティック復旧の作業は、書き込みファイルのみを元に戻したい場合は
AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」といった専用のデータ復元ソフトウェアから
ご自身で試行してみる方法もあります。

まず、メモリースティックを使用されているデジタルカメラなどのハードウェア製品に同梱された
USBケーブルを本体に差込み、USBコネクタを通してパソコンにデバイス接続します。
(またはUSB3.0カードリーダー/ライターに差し込みしてリムーバブルディスクで読み込みます。)

デバイスが認識されましたら、次にファイナルデータなどのアプリケーションを購入します。
(※最初は、ファイルの検出のテストの身を行える試用体験版のプログラムでも良いです。)

ユーティリティーをセットアップしたら、起動して手順に従いスキャンを行います。

誤った削除操作やフォーマットで消去してしまっていた必要なファイルが検出できましたら、
パソコンのローカルディスクやべつの外付けHDD、DVD-Rなどに保存します。

最後に、拡張子の破損がなく、正常に復旧できているか、保存先のフォルダーを目視で確認します。

これで、メモリースティックのデータ復元の実行作業は完了です。

また、PSPでゲーム操作中に突然フリーズしてしまい、ボタン操作が利かないため、
強制終了で電源を一端切ってから再起動するとセーブデータが1つだけ破損していたので、
破損データを削除して、バックアップデータ用のメモステから予備のセーブデータを、
削除した方のメモステにPSPでコピーしてゲームを再開したところ、

ゲームは問題なく出来るものの、ゲーム終了後、何気に「バックアップ用」のメモステに
保存されているビデオ(ワンセグ放送の録画)を再生しようとしたところ、
「再生出来ません」との表示が出たので、本体設定などをチェックしても異常はなく、
試しに同じゲームのUMDを立ち上げてロードし、セーブ内容もチェックして、

ゲームデータは相変わらず異常はなく、ゲームを終了し再度「ビデオデータ」を見ると
今度はカラーのイメージ画像が全て同じ「ビデオバー」の画像に変化しており、
再生しようとすると、先ほどまで再生できた動画も全て再生出来なくなってしまい、
壊れた原因がよくわからない、というご質問について。

PSPではユーザーが知らないうちに、ネットワークのブラウザの機能や無線LANの経由から
コンピューターウィルスが感染するような事例はなく、そのかわり
アップデートの際に何かの有害なソフトウェアをダウンロードしてしまった時に、
「トロイの木馬」に感染してしまう事例はあるようです。

しかしそれもPSPのBIOSが壊されてシステムファイルも削除され、本体ごと破損するので、
ビデオ再生とワンセグ録画だけ出来なくなる、という状態とは異なります。

メモリースティックを変えるとワンセグ録画ができなくなる事があり、
バックアップで中身を丸ごと入れ替えた場合でもデータが合わずに同じようになり、
元に戻すには「MPE_ROOT」の内容を削除することで解決できる可能性があります。

また、メモリースティックがデバイスマネージャーに認識されずにデータが読み込みできない、
という場合は、デジタルカメラなどの別の読み取り装置や別のOSのパソコンから開いてみます。

または一度コントロールパネルのデバイスマネージャーを開いて、
右クリックでメモリースティックの名称を「削除」してから、もう一度USBコネクタを接続します。

しかしメモリースティック自体が故障・損壊で内部ファイルが読み込めなくなった場合、

たとえばモジュールの媒体の本体が小さいために、うっかり足で踏みづけたり床に落として
割ってしまったり、水に浸かる、熱で変形してしまう、経年劣化や機器の製品の寿命、
といった破損のトラブルでパソコンから読み込めなくなった場合は、
個人でメモリモジュールの損傷を直したりデータを回収するのは非常に困難になってしまいます。

その際には、壊れたメモリースティックを専門で取り扱われているデータ復旧センターにて
お問い合わせをされてみて、状態を診てもらうのが第一の有効で最も確実なデータの回復方法になります。

物理障害による破損からの修復サービスであれば、メモリースティック復元の作業代行にて、
故障したフラッシュメモリのチップ内部の貴重なファイルも高い成功率で回収を行ってもらえます。

 





メモリーカード | 記憶メディア
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-110.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.