データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【電源の付かないノートパソコンから内部データを復帰させるには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


電源の付かないノートパソコンから内部データを復帰させるには?
普段お使いのノートパソコン(notbook PC)が、長い間の使用によるパーツの摩耗や経年劣化、
または持ち運びの時の外部からの物理的な衝撃や水濡れ、水没、電源回路の損傷といった
原因により故障して電源が付かなくなるほどに破損してしまった場合、
中身のデータがまだバックアップできていなかった際には、どうすれば復帰ができる?という疑問について。

[ノートブックパソコンの製品一例]

・東芝(TOSHIBA):Dynabook Satellite PB35RNAD483ADA1 Windows8.1 64Bit Celeron 4GB 500GB
・ASUSTek(アスース):ノートパソコン Chromebook Flip C100PA-RK3288
・HP(ヒューレット・パッカード):15-af100 Windows10 E2-6110 4GB 500GB
・NEC:LAVIE Windows10 Celeronデュアルコア1.7GHz 4GB 500GB IEEE802.11ac/a/b/g/n
・富士通:FMV LIFEBOOK AH42/T アーバンホワイト FMVA42TW
・Acer(日本エイサー):Aspire ES1-131-F14D/R Windows10 11.6インチ 4G 500GB
・mouse computer(マウスコンピューター):LB-W94C232SX-ZN Windows10 14インチ



バッテリーの確認


まず、電源が付かない場合、ノートパソコンの"バッテリー"を収納している蓋がユーザー個人で
簡単に取り外せて取り換えができる仕様の製品でしたら、
一度ドライバーで固定ネジを外すか固定レバーを引いて、蓋を開けて中身を確認します。

電池切れではなさそうで、その収納ケースの内部で専用の電池から液が出ていたり、
焦げ付いていたり、熱で膨張しているようでしたら、
そのバッテリーが破損または寿命で使えなくなっているおそれがあります。

バッテリー

その際には新しい専用の規格のバッテリーをメーカー先などから取り寄せて
交換をしてパソコンを直し、元通りに復帰させて使い直せる見込みがあります。

(電池との接続面も錆び付いていたり焦げている場合はノートパソコン本体ごと修理に出します。)

電源ボタンが押し込まれて引っかかっている場合は、試しに丁寧に指で押し返したり、
または針で隙間から押し上げてみます。




HDDの取り出し


電源回路やマザーボードといった重要な内部パーツが故障していて起動できない場合は、
内蔵のデータ記憶装置であるハードディスクドライブ、またはSSDが故障していなければ、
これを取り出すことで中身の保存ファイルを回収する形で復帰する方法もあります。

まず、お持ちのノートパソコンに2.5インチ型のHDD/SSDが収納されている位置に
取り出し用の蓋が付いているかを確認します。

(MacBook Airに搭載されているメモリーカード型のSSDなど、
 普通のドライバーではデータ記憶装置の取り出しができない薄型パソコンや、
 一部のネットブックのように蓋が付いていない本体ケースのノートパソコンもあります。)

SATA形式の2.5インチ型のハードディスクドライブ/SSDを取り外す場合、
まず蓋の固定ネジをプラスドライバーで外します。

次に蓋を開けて、中のHDDを固定しているシールをはがします。

内部の固定ネジをドライバーで外したら、インターフェースからHDDを
横にスライドさせる形でノートパソコン本体から外します。

HDDの取り外し

これを、2.5インチHDDの変換マウンターに取り付けて、
別のデスクトップパソコンの本体のケースにある空いたドライブベイに差し込みます。

HDD変換マウンター

予備のSATAケーブルと電源ケーブルをつなげて、パソコンに増設する形で接続します。

あるいは外付けハードディスクケースかUSB変換ユニットにつなげて、
外部記憶装置として接続して、別のパソコンの電源を付けて読み込みします。

これで、無事にデータの読み込みができれば、個人ファイルが収納されている
「ピクチャ」や「ドキュメント」などの各フォルダーを開いて、
データをコピーする形でバックアップ作業をして、復帰は完了です。

あとは故障して電源が入らない方のノートパソコンを修理に出します。

もし、個人で内部のHDDやSSDを取り外すのが難しい形状のノートPCである場合は、
専用の機材をすぐに揃えるのが難しい、と言った場合、
またはHDDやSSDも一緒に物理障害で故障してしまっている場合は、

全国の各地で営業されています、専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせをして、
ノートパソコンを持ち込みか郵送にて提出して、内部のファイルを抽出する形で
復帰してもらえるよう診断と検出の作業を行ってもらわれることをおすすめします。

 






ノートパソコン | ノートパソコン
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1098.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.