データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


「場所が利用できません」とエラーが出てデータが開けない時は?
Microsoft Windows(ウィンドウズ)のパソコンでUSBメモリや外付けハードディスクなどの
データ記憶メディアに保存されているファイルを開こうとした時に突然、

場所が利用できません
 ~:¥は利用できません。このPC上の場所を指している場合は、デバイスやドライブが接続されているか、またはディスクが挿入されているかを確認してから、やり直してください。~
」(Windows10の場合)

というエラーメッセージが表示されてデータが見れない時は、
どのように回復すればいい?という疑問について。

コネクタ

[主なデータ記憶メディアの製品の一覧]

・I-O DATA:USB 3.0/2.0接続外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0
・I-O DATA:ポータブルハードディスク 1TB USB3.0/2.0対応、バスパワー対応 EC-PHU3W1
・BUFFALO:テラステーション 管理者・RAID機能搭載 2ドライブNAS 2TB TS3200DN0202
・BUFFALO:リンクステーション 高速モデル RAID1搭載 4TB LS420D0402C
・SanDisk:Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 16GB SDCZ33-016G-J57
・Toshiba:SDHCカード 東芝日本製超高速 Class10 UHS-I 32GB
・Transcend:SDXCカード 128GB Class10 UHS-I対応 TS128GSDXC10U1
・Transcend:400倍速CFカード 32GB TS32GCF400
・富士フイルム:xDピクチャーカード 1GB タイプM+ DPC-MP1GB
・ASUS:バスパワー対応ポータブルDVDドライブ Windows Mac両対応 SDRW-08D2S-U LITE2014



接続の状態を確認



まず、「場所が利用できません」のメッセージの警告画面の一文の通り、
USBコネクタにUSBメモリーカードのコネクタ(connector)や
外付けHDD、カードリーダーなどのUSBコードがしっかりと差し込まれているかを確認します。

特にカードリーダーやアダプターを通して差し込みするデータ記憶メディアの場合は、
メモリーカードがしっかりと差し込みされているか、異物は挟まっていないかどうかをよくチェックします。

USBカードリーダー/ライターをお使いの場合、製品が古いものだと、
新型のSDXCメモリーカードなどには対応されていないために読み込みできないこともあります。




インターネット上の共有フォルダーや、LinkStation、TeraStation、Landiskといった
NASの特殊フォルダーでも「場所が利用できません」といったエラーメッセージが表示されて
データが開けない時は、ネットワークがしっかりと接続されているかを確認します。

ナビゲーションのアプリケーションを開いて、インターネットアクセスが正常に設定されているかを見て、
もしエラーが起こっていたら、アップデートなどによるシステムの修復を試してみます。


あるいは、データを置いてあるフォルダーが移動されていたり、削除されている可能性もあります。
電子メールの受信箱などで何か履歴データがあれば、そちらを確かめてみてください。

USBメモリなどの製品の中には少し特殊な形状のものもあります。
コネクタへの差し込みの仕方などにも注意してください。

小型USBメモリ

取り外しと交換が可能な外付けハードディスクケースをお使いの場合は、
ケース内のカートリッジにハードディスクが正常に接続されているか確認します。

ケースが故障している場合はデータが開けなくなるため、その際にはランプの点灯具合などを確認します。

ほかの外付けHDDケースに買い替えをして接続したり、デスクトップパソコンの
空いたドライブベイに増設して読み込みする方法もあります。

接続

しかし、USBメモリのコネクタが欠けていたり、SDカードやコンパクトフラッシュが割れていたり、
MOやCD/DVDディスクに深いキズ、汚れが付いていたり、ハードディスクが物理障害で故障した場合は
一般個人では修理ができずにデータを読み込みするのが難しくなってしまいます。

それらの場合には、全国の各地で営業されています、ハードウェアの物理障害に対応された
大手のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
データ記憶装置を送付して診てもらわれることをおすすめします。

 






デバイスに認識しない | USB機器
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1090.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.