データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Mac OS Xのアップグレード前にデータをバックアップ】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Mac OS Xのアップグレード前にデータをバックアップ
Apple社から開発販売されていますパーソナルコンピューターのOS
Mac OS X』では、インターネットのウェブブラウザ「Safari」など、
アップル社独自の数多くのソフトウェアがインストールされていて使用することができます。

[主なMacintoshパソコンの製品の一覧]

・APPLE MacBook Air:1400/11.6 MD711J/B
・APPLE MacBook Pro:13.3/2.5GHz Core i5/4GB/500GB/8xSuperDrive MD101J/A
・APPLE Mac mini:(1.4GHz Dual Core i5/4GB/500GB/Intel HD 5000) MGEM2J/A
・APPLE iMac:20インチ/2.4GHz Core 2 Duo/1G/250G/8x SuperDrive MB323J/A
・APPLE Mac Pro:2.26GHz 8 Core Xeon 6GB 640GB MB535J/A



一方で、アプリケーションは定期的に新しいプログラムへのアップデートが必要になり、
更新を行うにはこれまでのMac OS Xのオペレーティングシステムのままでは動作の基準が満たないため
OSごと定期的に"アップグレード"を行う必要も出てきます。

Macパソコン

その際、システムの更新によるデータ書き換えのエラーが発生したり、
途中で電源が落ちたりパソコンい強い衝撃がかかったはずみで作業が中断してしまうおそれもあります。

そうなってしまうとオペレーティングシステムのアップグレードに失敗するばかりでなく、
パソコンのOS自体が次回の起動以降に正常に立ち上がらなくなってしまう可能性が高いです。

念のためにMacパソコン内部に保存されています重要なデータファイルはアップグレードの前に
外付けハードディスクまたはRAID、NASといったストレージに一通りのバックアップをして、
いつでもデータ復旧が行なえるようにしておかれることが安全です。




外部記憶装置への保存


バックアップの際には、USBメモリ、SDカードなどのコンパクトなデータ記憶装置でもよいのですが、
長期間の保存にはDVD-R/BD-Rか外付けハードディスクドライブ、RAIDなどが適切です。

(※MacBook Airなどのパソコンをお使いの場合はDVDドライブが搭載されていないため、
 Apple製品に対応された外付けDVDドライブで使用するか、外付けHDDを使います。)

外付けのデータストレージを接続したら、Finder(マイファイル)を開いて、
「ピクチャ」や「書類」などのフォルダーに保存してある必要なデータをコピーして保存します。

ファインダー

また、アップル社にて運用されているクラウド・コンピューティングのサービス
「iCloud」(アイクラウド)を事前にセットアップしておくと、定期的にデータが
ネットワーク上からアクセスできるデータベースにもバックアップできます。

iCloud

また、Mac OS Xの現在のアップグレード直前の状態をUSB-HDDやRAID、ネットワークドライブ
などの機器にバックアップして保存するとより安全です。

たとえば、これから『OS X ElCapitan』(オーエス テン・エルキャピタン)へのアップグレードを
実行する前にもしものトラブル発生を考えて、
先に『Leopard』(レオパード)や『Lion』(ライオン)など前のOSでの使用状況を保存すると、
もしOSが破損した際に、再インストールをして一から設定をし直す手間が省けます。

(※Macの起動ディスクからパソコンを開いて、『ディスクユーティリティー』を使用します。)

Mac OS Xのアップグレードに失敗してしまいバックアップを事前に取っていなかった、という場合には、
お使いのパソコンのハードディスクかSSDを取り外しができるようであれば、本体ケースから取り外します。

そして市販の外付けハードディスク/SSDケースに差し替えをして、別のパソコンにUSB接続をします。

ハードディスクまたはSSDの内部フォルダーにアクセスできましたら、必要なファイルを
コピー&ペーストなどでバックアップします。

ハードディスクまたはSSDの取り出しが個人では難しい小型のコンピューターをお使いの場合や、
ほかの諸事情で自身でデータのバックアップを行うのが難しい、という際には、
Macintoshパソコンを取り扱われているデータ復旧サービスセンターの受付に問い合わせをして、
データ取り出しの注文を行われてみることをおすすめします。

 





バックアップ保存の手順 | macユーザー
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1084.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.