データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Macパソコンのメールデータを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Macパソコンのメールデータを復元するには?
アップル インコーポレイテッド(Apple Inc.)から開発・販売されているMacintoshパソコンの
オペレーティングシステムである『Mac OS X』(マックオーエステン)に標準のアプリケーションで
搭載されています電子メールクライアント『メール』(Apple Mail)を使用している際に、

間違えて必要な受信・送信メールを削除してしまった場合には、
どうすればデータの復元ができる?という疑問について。

ゴミ箱

まず、Macパソコンのメールのソフトウェアにあるフォルダー『ゴミ箱』を開いて、
そちらに電子メールデータが移動されていないかどうかを確認します。

必要なメールが移行されていればそちらを開いて受信箱などに移し替えるか、
テキストをメモ帳などにコピーして、外付けハードディスクといった場所にバックアップを取ります。




Macパソコンのメールのゴミ箱の方にも残っていなかった場合は、
メールのウィンドウを一番上で開いたままの状態で、
Duckの「Launchpad」を開いて、「その他」の中の「TimeMachine」(タイムマシン)を起動します。

「"復元"をクリックして、メールボックス"修復されたメッセージ"を修復します」
と書かれた、複数枚が重なったウィンドウの表示に切り替わります。

TimeMachine画面


後方のウィンドウを選択して切り替えると、更新された時間ごとのデータの状態が表示されます。

その中に、必要なメールのタイトルが含まれているウィンドウが見つかりましたら、そのメールを選択して、
「復元」のボタンを押します。

これで、「メール」のソフト画面の左メニュー欄に、[On My Mac]という項目の「TimeMachine」という
フォルダーと、その下部フォルダーである「修復されたメッセージ」というフォルダーが作成されます。

修復されたメッセージ

その中に消去されたメールデータが復旧されて入っていますので、これを開いて、ご確認ください。

Time Machineの方でも必要なメールが見つからなかった場合は、市販のデータ復元ソフトウェア
「Data Rescue 3」(データレスキュー3)をなど購入して、
Macパソコンにスキャンをかけてみる方法もあります。

Data Rescue 3

しかし、個人で行う方法としてはやはりある程度の確率で行える、というくらいのもので、
より確実的に必要なメールの修復を行てもらいたい、という際には、
全国の各地で営業されています、Macパソコンを取り扱われたプロの「データ復旧サービス」に
問い合わせをして、診てもらわれることをおすすめします。

 






電子メールの復活 | メールトラブルの簡単解決法
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1083.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.