データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【サーバーが故障または内部データが破損した時は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


サーバーが故障または内部データが破損した時は?
サーバーは膨大な管理データを24時間毎日フル稼動で処理し続けるため、企業・個人用問わず
常に故障の危機と隣り合わせ、といえます。そのトラブルにも様々な一例が挙げられます。

故障の事例
  • 一時的なアクセス増加による負荷でエラーが発生しサーバーダウンした。
  • 間違ってシステムファイルを削除してしまった。
  • ディレクトリやプログラムファイルが壊れた。
  • フォーマットの指示が出た。
  • 停電などで電源が落ちた。
  • 落雷や水害でショートしてしまった。
  • ぶつけた、落とした、倒したなどの物理的衝撃で故障した。
  • エラー音・電磁警告音が鳴った。

サーバ障害の回復


ネットワークのクライアント側のアクセス増大により処理速度が鈍くなる、
など一定時間経つと解消されて自動的に戻る程度の軽い負担も多いです。

また、Windows Server2008(ウインドウズ・サーバー)や
Mac OS X Server(マッキントッシュ製のサーバー)等のシステムが一時的にエラーを引き起こしていて、
ある程度時間をおいて様子を見るか、回復プログラムを起動して修復ができることもあります。

ですが、例えば高密度サーバー(ブレード・サーバー)に使われているCPU
(中央演算処理装置)が処理性能の不足で激しく発熱して他の部品と共に
焼き焦げやショートを起こしてしまい機械そのものがクラッシュしてしまうと
マシン全体が壊れて瞬時に停止してしまう危険も高くなってしまいます。




電源が止まるアクシデント


いきなり電源の供給ごと止まってしまうと、現在書き込み中のファイルや
更新作業中だったアプリケーションプログラムが壊れたり消えてしまいます。

RAIDアレイによるミラーリングや外付けハードディスクへのフルバックアップ、NASやクラウドへの
データの保存などで事故からの復旧ができるように対策を取っていなければ自身の管理されている分と
お客様の作られたデータも全て抹消されてしまう危険性も決して低くはありません。

エラーやダウン、ショートなどで故障した場合には、それ以上稼動させてかえって負荷をかけて
症状を悪化させないために、まずはデータ復旧センターや
購入先に電話をして相談や診断の手続きをされることをお薦めします。

また家庭向け専用のシステムやNASのように、比較的負担の軽い装置でしたら
特に慌てずゆっくりと、破損の状況をチェックしてみましょう。

警告音や一時的なフリーズなど故障の兆候が現れた時には、すぐにでもお問い合わせや
データのバックアップをされた方がより安全かつ迅速にサーバのアクシデントに対応ができます。

 





サーバーダウンの復帰 | サーバ
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-107.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.