データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ファイルサーバのデータをバックアップするには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ファイルサーバのデータをバックアップするには?
近年では、ネットワークに接続してパソコンなどから大容量のデジタルデータを保存する
ファイルサーバ』(File Server/NAS)が普及しています。

BUFFALOのLinkStation・TeraStationやI-O DATAのLANDISKをはじめ、
1TB~数TBの容量のデータが保存できる機器が登場してきました。

その分、万が一の機器の故障や誤ったフォーマットによるディスクの消去
といったアクシデントに備えて、別の外付けHDDなどのデータ記憶媒体への
バックアップの措置も、パソコンと同様に施しておかれると安心です。

ファイルサーバ

【主なネットワークストレージの規格の一覧】

・NETGEAR(ネットギア):ReadyNAS 102 2ベイ Diskless RN10200-100AJS
・Synology(シノロジー):DiskStation DS215j NASキット CS5029 DS215j
・バッファロー:NAS(ネットワーク)HDD 2TB LS-X2.0TLJ
・BUFFALO:リンクステーション for RAID機能搭載ネットワーク対応HDD 2TB LS220D0202B
・NEXTAV:NX-H100 NAS Drive 2.5in SATA Hard Disk HDD USB 3.0 Enclosure Case 
・オリエントコンピュータ:HDDデュプリケーター SATA SSD対応 CM-115SATA-IFY
・ASUSTOR(アサスター):NAS2Bay Intel ATOM Dual Core 512MB GbEx1 SATAIII AS-202T
・I-O DATA(アイ・オー・データ):RAID6対応 NAS LAN DISK 8.0TB HDL-XR2U8.0



こちらの一例では、BUFFALOの『TeraStation』(テラステーション)を使用して
バックアップを行う例について解説していきます。

まず、外付けHDDやポータブルハードディスク、RAIDなどのデータ記憶を購入、
またはすでにお手持ちの装置を用意します。

ファイルサーバのケースにあるUSBポートのひとつに、USBケーブルを差し込みします。

TeraStationと外付けハードディスクケース、パソコンの電源をすべて起動します。


バックアップの自動更新設定を行うには、まず同じ無線LANルーターなどのネットワークに
パソコンとNASが接続できているのを確認して、[NAS Navigator]を開きます。

(I-O DATAのLANDISKを使用されている場合は、[Magical Finder]を起動します。)




WEB設定画面をウェブブラウザで開いてログオンします。

次に、メニューの『バックアップ』を開いて、
項目の一番上にある「バックアップ」の文字の右にあるアイコンを押します。

NAS Navigator

『バックアップタスクの追加』のボタンを押して、『タスク設定』の画面を開きます。

タスク名を記入して、次に実行スケジュール(差分バックアップを行う時刻)の
曜日、時間、動作モードを、運用の方針に沿って設定します。

[バックアップ元フォルダー名]の上にある『追加』ボタンを押します。

タスク設定

次に参照ボタンで、データの保存元フォルダー(ファイルサーバ内)と、
バックアップ先のフォルダー(USBハードディスク内)を選択します。

フォルダーの設定

そして「OK」を押して、新しいタスクが一覧に追加されていれば、設定は完了です。

これで、毎日、または毎週の指定した時刻ごとに、上書きされた分のデータが
自動更新でUSB外付けハードディスクに保存されます。

※すぐにバックアップをしたい時には「今すぐ実行」のメニューを選択します。


手動でデータを選んでバックアップをしたい時には、
TeraStationの場合、NASのケースにUSB接続している外付けHDDを
Windowsパソコンのエクスプローラーの画面から直接ディレクトリを開く事はできません。

なので、一度ネットワークドライブのUSBポートからコネクタを取り外して、
パソコン本体の方のUSBポートに差し替えてリムーバブルディスクとして読み込みます。

(Windowsで読み込みできる形式でストレージがフォーマットされている必要があります。)

[コンピューター]の画面の[ネットワークの場所]の項目にある「Share」を開いて、
中身のフォルダーにありますバックアップしたいファイルを選択します。

バックアップ

次にリムーバブルディスクの外付けHDDのフォルダーを開いて、
コピー&ペーストかドラッグ&ドロップでデータを保存して、完了です。


もし、データをバックアップする前にファイルサーバが故障してしまったり、
誤って必要なファイルを消去したり、内蔵ハードディスクが壊れた、といった
トラブルに遭われて開けなくなってしまった場合は、全国各地のNAS製品を請け負われた
[データ復旧サービス]に問い合わせて、復元作業をしてもらわれる事をおすすめします。

 





バックアップ保存の手順 | ファイルサーバー、NAS
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1069.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.