データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【認識できないHDDからのデータ吸出しを実践するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


認識できないHDDからのデータ吸出しを実践するには?
パソコンや外付けのハードディスク、NASなどのデータ記憶装置を使用している際にある時、
アクセスエラーやシステムの破損、あるいはまたはフォーマットが異なるために
エクスプローラーなどの画面で開けずに認識ができなくなってしまったら、

自分自身ではどのようにすれば内部のファイルやフォルダーを吸出しして、
データの復旧を実践する事ができる?という疑問について。

ポータブル型HDD

【主なHDDの製品の一覧】

・IBM(アイビーエム):600Gb FC 4Gbps 15K E-DDM HDD
・HP(ヒューレット・パッカード): 500GB FATA HDD 増設用 370790-B22
・BUFFALO(バッファロー):テラステーション 5400RH用オプション 交換用HDD 6TB OP-HD6.0H
・I-O DATA(アイ・オー・データ):USB 3.0/2.0対応 「カクうす」1.0TB HDPX-UTA1.0S
・日立GST(HITACHI) :Deskstar P7K500(500GB/SATA3G/7200rpm/16MB) HDP725050GLA360
・東芝(TOSHIBA): USB3.0外付け HDD (2.0TB) HD-ED20TK
・WesternDigital WD3200BEKT ScorpioBlack 2.5inch 7200rpm 320GB 16MB SATA/3.0Gbs
・AVANTEK:外付けハードディスク 2.5-3.5インチ外付けハードディスク用HDDスタンド
・MARSHAL(マーシャル): MAL3500SA-W72 リフレッシュHDD 3.5インチ SATA 500GB
・Seagate(シーゲート):NAS HDD 3.5inch 2TB 5900rpm SATA6.0G ST2000VN000



別のオペレーティングシステムから読み込み


まず、ハードディスクの読み込みは、重度の物理障害による故障以外のトラブルの場合は、
別の手法を使って自身で開き直せる見込みのあるケースもあります。

例えば、アクセスエラーが発生した場合や、コントローラーに一部、問題が起きている場合、
Windowsで正常に開けなくなることがあります。

ですが、AppleのMac OS X(Macintosh)のOSやLinux(Ubuntuなど)のOSのパソコンを起動して、
そちらに外付けまたは増設で接続してみると、正常にHDDのディレクトリが開けて、
中身の保存されているファイルをコピーして吸出しできる事もあります。

また、USBハードディスクの製品や、ポータブルタイプ製品、カートリッジ型などをお使いの際に、
外殻の専用ケースが故障すると、認識できない状態になりやすいのですが、
ケースに内蔵されているHDDとディスク盤は無傷で自体が故障していない可能性も高いです。

この場合には、ケースの固定ネジドライバーで外して蓋を開けます。

内部の回路であるコントローラーボードのコネクタからHDDのインターフェースをスライドさせて
外付けハードディスクケースからの抜き取を丁寧に実践します。




デスクトップパソコンをお持ちであれば、PCケースのカバーを外して、
マザーボードのコネクタに予備のSATAケーブルを差し込みます。

空きのドライブベイに、(2.5インチ型のHDDであれば変換マウンターに配置して)
取り出ししたハードディスクを軽くネジ止めして、
電源ケーブルの中間コネクタとSATAケーブルのコネクタに差し込みします。

(IDE方式のハードディスクの場合は、IDEケーブルと、対応されたコネクタが必要です。)


あるいは、別売の外付け用ドライブケースかUSB変換ユニットに差し替えて、
USBケーブルを通してパソコンへの接続を実践してみます。

別のケースに差し替え

これで電源を起動して、新しいボリュームの認識ができて、ファイルが開ければ、
そのままバックアップを取って、データの吸出しの作業に成功です。

最初の一回目の起動ではBIOSやディスク管理画面でストレージが表示されない事があるので、
その際には再起動して、もう一度認識できるか試してみます。

USB変換ユニット

NASなどフォーマットが異なる機器の場合



LANDISKやTeraStation、LinkStationなどのNAS(ネットワークアタッチストレージ)が急に故障して、
中身のハードディスクが読み込みできなくなった場合には、
そのままケース内のHDDを取り出してパソコンに差し替えても、形式が異なるため認識ができません。

しかし、エクスプローラーやFinderでディレクトリが表示できないというだけで、
ボリューム自体は認識されます。

そこで、データ復元ソフトウェアの『復旧天使』など、NASの[XFS]などのフォーマットに対応された
アプリケーションをパソコンにインストール・セットアップして、
こちらを起動して開くと、中身のファイルが認識されて、データが抽出できます。



しかし、上記のような専用の読み取りに使うパーツが製品、アプリケーションが必要なので、
それぞれ新しく購入する必要ができる場合が多いです。

データ吸出しの作業が自身では少し難しそうな場合や、ハードディスク自体も物理障害で
深刻な故障が出ていると見られる場合には、全国のプロの[データ復旧サービス業者]に問い合わせて、
中身の記憶装置を送付して、診断と救出作業を行ってもらわれる事をおすすめします。

 






外付けHDD | HDDについて
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1063.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.