データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PowerPointの上書き保存前のファイルを自動回復で修復】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PowerPointの上書き保存前のファイルを自動回復で修復
マイクロソフト社から開発・発売されていますmicrosoft Officeスイートの一つ
Microsoft PowerPoint』を使ってプレゼンテーションのファイルを作成している時に、

アプリケーションのエラーやパソコンの急なフリーズ、停電などの影響で動作が止まって
上書き保存ができず、更新した一部のデータが消えてしまい、
プレゼンテーション(presentation)を後から修復するにはどうすればいい?という疑問について。

【パワーポイントのソフトウェアのバージョン一覧】

・Microsoft Office PowerPoint 2013 通常版
・Microsoft Office PowerPoint 2010 通常版
・Microsoft Office Power Point 2007
・Microsoft Office PowerPoint 2003 アカデミック2003
・PowerPoint for Mac


まず、Microsoft PowerPointにはExcelやWordと同じく、
一定時間が経つたびに自動的に更新した分のデータが一時的に別の専用フォルダーに
保存されていく、『自動回復』の機能が標準で備わっています。

※自動回復のために使われる専用のフォルダーは、例えばWindows 8.1では
アプリケーションのインストール・セットアップ時に以下の場所に作成されます。

Cドライブ:→Users→ユーザー→AppData→Roaming→Microsoft→PowerPoint』

パワーポイントのフォルダー


パワーポイントを起動して、プレゼンテーションソフトウェアの
シート作成・編集画面にある上部メニューの「ファイル」の画面を開きます。

左側の項目の一番下にある「オプション」を開いて、
「PowerPointオプション」の画面が出たら、「保存」の設定項目を開きます。


こちらの設定では、デフォルトで「次の間隔で自動回復用データを保存する」のマークに
チェックが入っていますので、最初から自動回復機能の使用が可能です。

はじめは10分おきの保存の間隔に設定されていますので、もっと頻繁に
データを更新したい場合には1分、3分、5分、と言う具合に変更できます。




標準のファイル保存形式は「PowerPointプレゼンテーション」(.pptx)になっていますので、
用途に応じていくつかの別の種類の形式に変更する事もできます。


保存しないで終了した場合のデータの回復



また、「保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す」にも
チェックを付けていれば、間違えて上書き保存をする前にウィンドウを閉じて
「保存しない」を選択してしまうミスをしてしまった場合でも、後から修復できます。

オプション設定

「名前を付けて保存」をした、提案や成果の資料などが記載されている
プレゼンテーションのデータを更に編集してコンテンツを更新していった際に、

うっかりPowerPointの画面を閉じて上書きの選択画面で「保存しない」を選んで終了した時、
まずはもう一度PowerPointを開き直して、同じファイルを展開します。

保存しない

この時点では、最後に上書き保存をした段階のデータのままなので、
そこで「ファイル」のタブにある「情報」を開くと
「バージョン」の項目に『時刻(保存しないで終了)』というデータが出ています。

ファイルの自動復元

これを選択すると、その時刻の段階で自動保存がされた状態での更新分のデータが開けます。

こちらを上書き保存して、修復は完了です。


強制終了が起きた場合からの復元



アプリケーションエラーやOSのフリーズ、電力の遮断などの原因で作業の途中で
上書き保存をする前にPowerPointが閉じてしまった場合には、

まずパソコンを起動し直して、パワーポイントのウィンドウをもう一度開きます。

最初の画面に「回復済み」という項目が表示されています。

回復済み

復元されたファイルの表示」という項目をクリックします。

次に出てくるドキュメントの回復の画面で選択可能なファイルの[自動保存]
という項目がありますので、これを選んで展開すると、
最後に更新された時刻の段階での自動回復データが開きます。

PowerPointのドキュメント

開いたファイルを上書き保存して、自動保存データからのドキュメントの修復作業は完了です。


なお、パソコンが強制終了で閉じてしまった時にもしもその影響で
パソコン本体やハードディスクドライブが故障してしまい、データが開けなくなった場合は、

メーカー先のカスタマーサポートセンターなどの所に修理に出す前に、
先に全国の各地域で営業されています「データ復旧サービスセンター」に出して、
中身の大事なファイルの抽出によるデータの救出を行ってもらわれる事をおすすめします。

 






Excel・Word Office | PowerPoint/パワーポイント
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1059.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.