データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【外付けHDDにケースからアクセスできない時の読み込み】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


外付けHDDにケースからアクセスできない時の読み込み
パソコンなどのUSBコネクタに、USBケーブルでつなげて認識させてデータを読み込む
「外付けハードディスクケース」や「ポータブルハードディスク」を使用する時に、
なぜかアクセスできない場合にはどうすれば復旧ができる?という疑問について。

ポータブルハードディスク

【外付けHDDケースの一覧】

・玄人志向:HDDケース USB3.0 USB2.0 3.5型 SATA接続 ハードディスク GW3.5AA-SUP3/MB
・オウルテック:USB3.0対応2.5inch HDD/SSD 外付けHDDケース Windows8 mini3.0 OWL-EGP25S
・Logitec(ロジテック): HDDケース 3.5HDD USB3.0 ファン付き LHR-EGU3F
・Inateck:2.5インチ HDDケース USB 3.0接続 9.5mm 7mm 2.5" SATA HDD SSDに対応
・タイムリー:GROOVY 3.5"HDD CASE SATA接続3.5"HDD専用/ブラック SATA2-CASE3.5 BK
・AREA(エアリア):USB2.0 外付HDD2.5インチケース S250 Ver.2 ブラック SD-SC25U2-BK
・ノバック:USB3.0接続HDDケース 「3.5SATA HDD対応 KIT USB3.0」 NV-HS371U3
・Transcend(トランセンド・ジャパン):StoreJet 25S3 USB3.0 TS0GSJ25S3
・HAMSWAN ORICO(オリコ):USB3.0接続 5Gbps 2.5インチ SATA SSD HDD 9.5mm 対応 2588US3
・ラトックシステム:USB3.0/2.0 RAIDケース(HDD2台用) RS-EC32-U3R



まず、HDDケースの製品本体のアクセスランプがグリーンなどの色が点灯して、
電源を入れた時に正常に光っているかを確かめます。

付属のACアダプターや電源コード、USBコネクタも、間違えて別の製品に同梱された
コードを差し込んで使っていたり、
しっかりと接続で来ていない状態ではないかどうかを一通り確認してみます。

また、外付けハードディスクケースやRAIDケース単体の製品を買って使用されている場合は、
蓋を開けてハードディスクがしっかりと正しい向きで差し込まれていて、
コントローラーのインターフェースに接続できているか見直してみます。


もしも電源ランプがオレンジ色に点灯/点滅していたり、「ERROR」の文字のランプが
点灯していてアクセスできない場合は、
まず取扱説明書などのトラブルシューティングを開いてみます。

例えば熱暴走が起きている場合は、しばらく電源を止めて機器を冷やして、
冷却ファンの埃を除去したり、暑い部屋の空気を入れ替えて温度を下げます。

また、カートリッジの置き場をあまり隙間を狭くしないように十分に幅を開けます。


故障している部分が外付けハードディスクのケース(カートリッジ)の
コントローラーや電源、回路、ファンなどのパーツである場合は、
そのままだと起動が出来なくなって、電源を入れてもかえって故障が進行するおそれがあります。

その際には、中身のハードディスクドライブを取り出して、別の方法で付け替えを行う事で
デバイスが認識できて、内部の保存データにアクセスできる見込みがあります。




※こちらの一例では、ポータブルハードディスク(Portable Hard Drive)の
 『Transcend TS500GBSJ25M3』のケースから、中身の2.5インチサイズでSATA方式の
 小型ハードディスクを取り出しする例について解説いたします。


ディスクの取り外し作業



最初に、細いプラスドライバーを使って裏側で蓋を留めているネジを回して外します。

小型のケースの蓋は取れにくい場合があるので、無理にこじ開けようとせずに
ゆっくりと、内部のつっかえを一つずつ押し上げて順番に外していくように開けます。

HDケース

蓋を開けたら、ドライブ装置を覆っているゴムのカバーを取り外します。

今度はハードディスクを固定している金具の止め螺子を回して取ります。

コントローラーのコネクタからインターフェースをスライドさせて取り外します。

外付けHDDケースのパーツ

次にハードディスクを市販で売っている「USB変換ユニット」(HDD変換アダプター)の
コネクタに接続して、パソコンのUSBケーブルに繋げて電源を入れます。

変換ユニット

これで、Windowsのエクスプローラーの『コンピューター』や
Mac OS Xの『Finder』などにボリュームのアイコンが表示されれば、アクセスに成功です。

新しいボリューム

あとは、ジャーナリングファイルシステムの違いや、アクセスエラーなどが起こらず、
正常に中身のフォルダーとファイルが開ければデータの読み出しができます。

(※XFSなど、別の形式でフォーマットが掛けられたハードディスクは、
専用のアプリケーションでなければそのままでは開けないため、注意してください。)


ですが、もし外付けケースではなくハードディスクドライブの方が
ヘッドクラッシュによる物理障害などで故障している場合は、そのままでは読み込みできません。

その際には、全国の各地で営業されています大手の『データ復旧サービス』に問い合わせて、
ディスク内部に閉じこめられている、バックアップをしていなかった大事なファイルなどを
分解と抽出の作業により修復してもらわれる事をおすすめします。

 






外付けHDD | ハードディスク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1053.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.