データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【データ削除フリーソフトで完全消去できない場合は?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


データ削除フリーソフトで完全消去できない場合は?
廃棄処分するパソコンや保存機器はもしも第三者に拾われた場合、
ダウンロードで手に入るデータ復元ツールから簡単に回収できてしまいます。

そのため必ず廃棄する前に専用フリーソフトなどを用いてデータを完全消去する必要があります。

ですが、自分で消去ができない特殊なケースもありますのでご注意ください。


廃棄メディア内の完全削除ができないケース


パソコンなどのハードウェアが寿命やクラッシュにより
完全にまともな動作ができなくなって廃棄処分(リサイクル)に出す場合、

OSが開けなくなってデータ消去ツールそのものが読み込めない、電源が付かない、
付いても真っ黒な画面にしかならない、という時は実質、自分での完全削除ができなくなります。

ファイル削除できないハード・ディスクやSSDは、物理障害で壊れている場合
その分簡単に誰かに内部ファイルを使われるようなトラブルが出る可能性は下がります。

しかし、中身のデーターが残っている事に変わりはないため、
なるべくならそのまま捨てずに破砕消去を行うと安全です。




ファイル削除できない記憶装置の修復


自作パソコンなら故障したパーツのみを一時的に取り替えればまだ完全削除できる可能性もあります。

ですが、市販のパソコンでしたら組立パソコンに詳しい方でなければ
自力で削除にまでたどり着くのは難しいかと思われます。

この場合にはデータ・情報の安全管理のためにもあきらめずに、完全ファイル削除作業を
請け負われているデータ復旧・消去センターの受付にて、
ご相談・依頼のお問い合わせをされてみる事をお薦めします。

物理的な完全破砕消去による記憶装置の破壊で処分をしてもらえば安全に廃棄をしてもらえます。

 





セキュリティ対策方法 | セキュリティソフト
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-105.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.