データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【バックアップデータをパソコン上に復元する手順】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


バックアップデータをパソコン上に復元する手順
パソコンやインターネット上で事前にバックアップの作業でコピーしておいたファイルや
システム関連の修復機能やエクスポートの機能などにより
圧縮、あるいは一括で保存してある特殊なデータを再びパソコンに取り込んで、

フォルダーやアプリケーション上に展開させる形で復元させるには、
具体的にはどのようにしてサルベージの手順を実行すればいい?という疑問について。

主なバックアップ方法の一覧
  • 手動でコピー&ペースト、またはドラッグ&ドロップ。
  • オペレーティングシステムに搭載された復元機能を使用する。
  • イメージディスクの作成。
  • 外付けHDDやNASに自動で更新バックアップ。
  • RAIDで同じ内容を多重化して保存する。
  • 市販のバックアップソフトでフル・差分バックアップを実行する。
  • クラウドサービスにアップロードしておく。
  • インポート・エクスポート機能で一括で保管する。
  • BAKファイルからサルベージする。
  • ゴミ箱フォルダーから元に戻す。



手動でバックアップしていた場合



まず基本として、Windowsの「エクスプローラー」やMac OS Xの「マイファイル」で、
主要なデータを保管してあるフォルダーを開いて
手動でコピー&ペーストやドラッグ&ドロップでバックアップを取っていった場合は、

同じく、後から逆の手順で、保存先の外付けハードディスクやDVD-R、NASなどを
パソコンの方に繋げて、コピー&ペーストやドラッグ&ドロップでコピーして復活させます。

ファイルの容量が巨大だったり保存したい大量にデータがある場合は、
処理速度の短縮化ソフトなどを先にインストールしておくと便利です。


また、Windowsの「ファイル履歴」や「システムの復元」、
Mac OS Xの「Time Machine」、Ubuntuの「バックアップ」といった
オペレーティングシステムに標準で搭載された復元機能を事前にオンにして設定していれば、
特定のフォルダーやシステムの範囲で、バックアップが可能です。




最近のWindowsのシリーズには「システムイメージバックアップ」や「回復ドライブの作成」、
「記憶域プール」
といった、優れた予備データ作成の機能が揃っています。

実際にバックアップデータをパソコンに復元する時には、
例として「コントロールパネル」→「ファイル履歴」→「個人用ファイルの復元」
→「元の場所に復元します。」のボタンを押して進めます。

個人用ファイルの復元

または「コントロールパネル」→「システムの復元を開く」→「次へ」
→自動復元ポイントを一つ選択して「次へ」→「完了」と進めます。

自動復元ポイント


外付けHDDやRAIDに自動的に定期の時間で更新差分のバックアップを保存するように
先にしっかりと設定しておくと、こまめなデータの保管も行う手間が省けて便利です。


主なバックアップソフトの商品


・AOSテクノロジーズ:「ファイナル丸ごとバックアップplus」
・ライフボート:(LB):イメージバックアップ11 Pro
・アクロニス:Acronis True Image 2014 Premium
・シマンテック:ノートン・セキュリティwithバックアップ
・フロントライン:万全・HDDバックアップ2 Windows8対応版
・ソースネクスト:NovaBACKUP
・マグノリア:Back to XP for 8


ネットワーク上の「クラウドサービス」(オンラインストレージ)の
GoogleドライブやOneDrive、iCloudなどにアップロードしておいたファイルを
後で別のパソコン本体やOSをリカバリー(再セットアップ)したパソコンに引き出す際には、

まず、新しい方のパソコンにGoogleドライブやOneDriveのソフトウェアを
インストールして専用フォルダーを作り、以前に作成したアカウントにサインインします。

そして、エクスプローラーなどの画面でパソコンのフォルダーの操作と同じように、
コピー&ペーストやドラッグ&ドロップで他のフォルダーに複製を取れば、完了です。

iCloudのフォルダー

またはIEやGoogle Chrome、Safariといったウェブブラウザを起動して、
ファイルマネージャーの画面にログインして、データをダウンロードして保存します。


他のアプリケーションやウェブサービスではよく、「インポート・エクスポート」という、
複数のデータを一括でひとつのファイルに統合してバックアップを取る機能があります。

専用の拡張子にまとめて大容量ファイルとしてエクスポートを選択してコピーし、
あとで「インポート」の機能で一括でまとめて同じデータを復旧する事ができます。


また、ホームページビルダーなど一部のソフトウェアでは、
正規で保存したファイルと内容が同じでありつつ拡張子の名前が「.bak」などの
異なる予備用のデータを自動的に一緒に作成する「BAKファイル」という機能もあります。

何か問題があってデータが壊れた場合、この「.bak」を「.html」などに
拡張子名を変更する事で、元の同じデータがサルベージできます。

BAKファイル

(※正規のファイルを更新するたびにバックアップファイルの内容も更新されます。)


また、バックアップとは厳密には少し違うのですが、
WindowdやMac、LinuxなどそれぞれのOSやLinkStationなどのNAS、
電子メールなどのウェブサービスにはよく、「ゴミ箱フォルダー」が設置されています。

これらのシステムの機能の範囲内で普通に削除したファイルは消去される前に
一度、このゴミ箱に移動するので、これを開いて、誤って削除してしまったファイルを
後からから元に戻す、という方法もあります。

ですが、数GB以上と、大きすぎる容量のファイルはゴミ箱に収納できずに
直接削除されたり、フォーマットで消えたデータもゴミ箱に残らず、
OSによっては外部記憶装置から抹消した拡張子はそのまま消える、など例外も多いため、
あまりあてにはしすぎずにバックアップデータを別に取っておかれる事が望ましいです。

ゴミ箱へ移動できません


バックアップを取り損ねて何らかのトラブルで貴重なデータが表示上で消えてしまった場合、
まだ以前のファイルの拡張子の痕跡は残っていて、そこから復元できる見込みがあります。
(詳しくは他の各ページにて。)

また、データのバックアップを保存した外付けのハードディスクやUSBメモリ、NASが
物理障害で故障して読み込めなくなった場合でも、中身の記憶領域のディスクやメモリチップは
無事である見込みもあります。

これらのトラブルの場合には、全国の各地で運営されています「データ復旧サポート会社」に
お気軽に問い合わせて、データを抽出して救出してもらわれる事をおすすめします。

 






バックアップ保存の手順 | なぜバックアップが必要か
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1046.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.