データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Macのゴミ箱から外部記憶装置のデータを元に戻すには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Macのゴミ箱から外部記憶装置のデータを元に戻すには?
Apple社の『Mac OS X』(マック・オーエス・テン)のオペレーティングシステムが
インストールされたMacBookやiMac、Mac mini、Mac ProなどのパソコンにUSBで接続した
データ記憶装置に保存しているファイルを誤って削除してしまったため、
後から元に戻すことはできる?という場合について。

MacのUSB記憶装置

まず、Macパソコンの場合、本体に内蔵されていない外部の記憶装置にあるデータでも、
そのまま消えずに一度「ゴミ箱」に移動されるケースもある、という事をご存じでしょうか?

例えば、『Microsoft Windows』(マイクロソフト・ウィンドウズ)のパソコンで
リムーバブルディスクとしてUSB接続している外付けHDDケースやUSBメモリのファイルは、
ウィンドウズ上のエクスプローラーやダイアログボックスなどで削除すると、
ゴミ箱には移動されず、基本的にそのままデータが消去されます。

ですが、Mac OS XのMacbook Airなどのパソコンに補助記憶装置をUSBポートから繋げた状態で
マッキントッシュのパソコン上からファイルを削除した場合、
Duckのゴミ箱フォルダーに拡張子が表示される機能があり、後から元に戻す事もできます。




ファイルの移動の確認


まず、うっかりMac OS XのFinder(マイファイル)のフォルダーの画面上などで間違えて
外付けの二次記憶装置にある必要なデータを消去してしまったら、ゴミ箱を開いてみます。

Duckの右側にあるゴミ箱の内部には削除の操作をしたファイルが表示されていますので、
この中から元に戻したいファイルを探して、見つかりましたらそれらを選択します。

ゴミ箱のファイルの選択

同じSDカードやUSBメモリか、パソコンの内蔵HDDやSSDに新しいフォルダーを作ります。

そちらにドラッグ&ドロップかコピー&ペーストをすると、
同じデータを複製して元に戻す形で、復元できます。

元に戻す


しかし、iPhoto(アイフォト)など、一部のアプリケーションの機能上で
削除したファイルはゴミ箱に移動せずに直接削除される場合が多いので注意してください。

iPhoto

また、デジタルカメラの削除や初期化の機能を使用して消去してしまったファイルも、
この場合ではMac OS Xの機能を使用していないため、ゴミ箱には移行されません。


ですが、ゴミ箱に移動されていなかったり、フォーマットなどの初期化で削除して
そのまま消えてしまった場合でも、まだリムーバブルメディアのセクタに拡張子の痕跡が
残留していて、そこからデータを元に戻せる見込みもあります。

アイギーク株式会社の「Data Rescue3」(データレスキュー3)や、
AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ8.0 特別ネットワーク版」

(こちらはMac用のソフトウェアではないため、記憶装置をWindowsパソコンに繋げて
 読み込みしてスキャンします。)などを使用して自身で、復元を試みる事もできます。

外付けドライブの読み込み

また、Mac OS Xのパソコンやお使いの外付けデータ記憶メディアの取り扱いが行われている
より専門のプロの「データ復旧サービス」に問い合わせて、元に戻す作業の代行の注文を行い、
記憶装置を送付して、診断とファイルの復元を行ってもらわれるとより確実です。

 






ごみ箱の削除後の復元 | Mac
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1045.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.