データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【RAID5が故障した時のデータ復旧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


RAID5が故障した時のデータ復旧
ハードディスクドライブを複数台搭載してデータを安全に多重化して運用する
[RAID 5] (レイド・ファイブ)をパソコンやNASなどで使用中の際に、

ある時ディスクアレイの構築が崩壊して正常に読み取りができなくなったり、
RAIDケース本体やHDDのうちの一台が故障した時には、
どうすればRAID5の内部に保存していたデータの復旧ができる?という疑問について。

RAID5のケース


主なRAID5のハードウェアの製品一覧



・BUFFALO:RAID5対応USB3.0用外付けハードディスク 4ドライブモデル HD-QL8TU3/R5J 8TB
・STARDOM:USB3.0/FireWire800/eSATA搭載RAID0/RAID5/JBOD対応4ベイRAID SR4+
・デンノー:SR4 (USB3.0/FireWire800/eSATA) RAID0/RAID5/JBOD SR4-WBS3J
・Logitec:RAID5対応 WSS 2008 R2 搭載NAS キューブ型 LSV-5S4T/4CW2 4TB
・mathey:USB3.0/1394b/eSATA 5ベイRAIDストレージシステム intelligearR5



まず、BUFFALOのDriveStation(ドライブステーション)のように
ハードウェアの製品として使用しているレイドのシステムで障害が出た場合は、
メーカーのパッケージに同梱されている取扱説明書のトラブルシューティングや、
RAID設定用のユーティリティーディスクの中身を参考に、エラーなどの問題を見ていきます。




ディスクアレイが崩壊した場合



水平パリティにより誤り訂正符号データからファイルを復旧できるRAID5で、
もし、ディスクアレイの構造自体が何かのエラーや読み出しの障害などで破損してしまい、
設定が崩壊してシステム的に壊れてしまった場合は、

やはり同様に、HDDをフォーマットして削除しない範囲での操作で、
トラブル解決の機能を使って設定の再構築を行います。

LinkStationやTeraStationなどのネットワークドライブ(NAS)でEMモードなど
システム上の問題が発生した時は、ファームウェアを更新(アップデート)したり、
本体ケースのリセットボタンを押すと復旧できる場合もあります。

ウェブ管理画面から誤ってディスクフォーマットの操作をしてしまうと
保存してあるデータが消えてしまうので注意してください。


RAIDケースが壊れた場合



外部の補助記憶装置として使っているRAIDケースのカートリッジで
電源スイッチやコネクタ、コントローラーボードなどの部品が破損して
物理的に故障してしまった場合は、まず、RAID5のハードディスクをすべて取り出します。

もし、「記憶域プール」などWindowsやMac OS Xと互換性のあるファイルシステムで
フォーマットされるソフトウェアで作成したRAIDのシステムをお使いであれば、
デスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設して接続するか、

またはハードディスクを外付けHDDケースやUSB変換ユニットに接続して、
リムーバブルディスクとしてパソコンにつなげてみます。

HDDの接続


これでWindowsのエクスプローラーやMac OS XのFinderから読み込みができるようであれば、
内部の保存しているファイルをバックアップする形で復旧する作業を行います。

(HDDはどれか一台でもいいですが、状況によってはなるべくすべて接続します。)

ですが、ドライブステーションなどの場合はファイルシステムが不明になり、
エクスプローラーなどではHDDが認識されずに開けない場合もあります。

ディスクの認識


その際には、非対応のファイルシステムが読み込みできる特殊な専門の
アプリケーションをインストールして使う必要が出る場合もあります。

ハードディスクが壊れた場合



急にハードディスクのうちの一台がヘッドクラッシュなどの物理障害で故障したら、
一度電源をオフにして、エラーランプが点灯しているドライブベイに差し込んでいる
ハードディスクを引き出して、新しいHDDに交換します。

リビルド機能が自動的に働いて、新しいハードディスクにデータが書きこまれて元に戻ります。

ですが、何かのエラーでリビルド機能が働かず、データが書きこまれていない場合は、
赤いランプが点灯してしまうケースがあります。

エラーランプ

この状態ではパソコンに接続しても、
「デバイスが異常モードになりました。」「disk1は未接続です。」というように表示されて、
認識できずに開けない事があります。

デバイスが異常モード

ひとまずは上記のように、困った時のためのトラブル解決サポートを参照に、
エラーの修復などの手順をそれぞれのRAIDシステムの設定に合わせて行ってみてください。


また、複数のハードディスクが物理障害で壊れてしまった場合は、
リビルド機能が使用できずにやはりRAID5が読み込みできない事もあります。

これらのトラブルが起きた場合には、全国の各地でRAIDに対応されています、
「データ復旧サービス」に注文して、ディスクアレイやハードディスクの状態の
診断を受けて、中身の大事なファイルの救出作業を行ってもらう事をおすすめします。

 






データ復旧とは? | RAIDシステム構築の薦め4!
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1044.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.