データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【XFSのファイルシステムのHDDからデータ復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


XFSのファイルシステムのHDDからデータ復元
BUFFALOのLinkStation(リンクステーション)やI-O DATAのLANDISK(ランディスク)などの
NAS(ネットワークドライブ)をはじめとするコンピューター装置では、
XFS』(エックスエフエス)というジャーナリングファイルシステムでフォーマットが行われます。

XFSはWindowsのNTFSやMac OS XのHFSXと違い、UNIX系の仕様となっています。

そのためリンクステーションやランディスクなどの機器でフォーマットが行われた
ハードディスクドライブなどのデータ記憶装置は、そのままパソコンに入れ替えて
増設や外付けで接続しても互換性がなく、そのままでは中身のデータが読み込みできません。

もしNASなどの機器の本体が故障してしまったり、間違えて必要なファイルを削除してしまったら、
内蔵のHDDや増設したディスクからデータ復元を行うにはどうすればいい?という疑問について。

NASのHDD


まず、ネットワークアタッチストレージなどの読み取り装置が故障しただけで
中身のハードディスク自体に特にエラーや削除、破損などの問題が見られなければ、
保存していたファイルやフォルダー、設定などは無事である可能性が高いです。

もし他にもう一台、NASなどXFSのファイルシステムを読み込みできる機器をお持ちなら、
外付けハードディスクケースに差し込みしてUSBケーブルを繋げて開いてみる方法もあります。

(※装置によっては一度フォーマットが必要になったりする場合があるので
 うっかり間違えて初期化をしてしまわれないように注意してください。)

または、データのバックアップによる救出の作業を請け負われている
パソコン修理サポート店やデータ復旧サービスに注文されてみる事もおすすめします。



削除したファイルを修復する場合



WEB設定画面などでバックアップを取っていなかったファイルを間違えて消去してしまい、
後から元に戻したい、という場合には、

まず、リンクステーションなどの一部の装置では、データを削除するとパソコンと同様に、
『ごみ箱』(トラッシュボックス・trashbox)という特殊フォルダーが作成されて、
そちらに一度ファイルが移動しますので、ディレクトリをチェックをされてみてください。

ゴミ箱が作成されなかったり、もしくはフォルダーに保存されていなかった場合は、
まだXFSの設定をしたハードディスクに残留する拡張子の「痕跡」から復元する必要があります。




※こちらの事例では、XFSのファイルシステムをパソコンから読み取ってスキャンができる
 データ復元ソフト「復旧天使」をWindows 8.1のパソコンにインストールして、
 LinkStationの内蔵ハードディスクを読み込みして使用した手順について解説いたします。



まずはLinkStationの本体から(製品によってはRAID方式の)ハードディスクを一台取り出します。

デスクトップ型パソコンの空きのドライブベイに増設するか、
外付けのUSBハードディスクケースに差し込みしてリムーバブルディスクとして接続します。


この段階では、BIOSやコントロールパネルにはHDDが認識されます。

ですが、エクスプローラーやダイアログボックス、普通のアプリケーションの画面では、
「ドライブ~:を使うにはフォーマットする必要があります。」や
「~にアクセスできません。パラメーターが間違っています。」 
と表示されて開けません。

アクセスできません

そこで、「復旧天使」のソフトウェアをパソコンにインストール、セットアップして起動します。

最初の画面で現在パソコンに接続されたすべてのストレージがスキャンされて、
ドライブ名やパーティションごとに分類されて一覧に表示されます。

LinkStationのドライブにあたる「SGI XFSファイルシステム」の項目を選択します。

右上のメニューに表示された「エクスプローラー」を開くとディレクトリの一覧が表示されます。

SGI XFS

ここの各フォルダーを選択して、ファイルをバックアップして復旧させる事もできます。


削除した拡張子を復元したい時には「復旧」を押して「次へ」→「スタート」と進めると
ハードディスクのスキャンが開始されます。

HDDの容量が500GB~数TBと大きい場合は数時間が掛かりますので、しばらく待機します。

データ復旧の実行


作業が完了したら、検出に成功したファイルやフォルダーの一覧がリストに表示されます。

(※ここまでの作業は試用の体験版でも可能なので、ファイルが検出できるかどうかの確認を
 先に行ってから製品版を購入したい、という際に便利です。)


一覧の各フォルダーを順に開いて、復活させたいデータが見つかりましたら、
それらのファイルを選択して、「コピーして保存」のボタンを押します。

復元したデータ


パソコンのCドライブや別の外付けHDD、DVD-Rなどのデータ記憶メディアを選んで
「選択」のボタンをクリックすると、ファイルが保存されます。

最後に、エクスプローラーや拡張子に対応されているアプリケーションを開いて、
復元したデータが正常に開けるか確認して、完了です。



ですが、間違ってフォルダーごと消去したり、誤ったフォーマットを掛けたりして
大量にファイルを消去していた場合、目当ての必要なデータが必ずしもすべて
市販のデータ復元ソフトのみで検出できて拡張子の破損状態もなく修復できるとは限らず、
中には復元に失敗してしまうデータも出てくる可能性がありますので予めご了解ください。

できるだけ確実に、XFSファイルシステムのハードディスク内部からファイルを復元したい、
という場合には、全国の各地で運営されています大手の「データ復旧サービス」に問い合わせて、
HDDを送付してデータ救出の作業を行ってもらわれる事をおすすめします。

 






NAS・LANDISKの不調 | データ復旧について
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1042.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.