データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【LinkStationがEMモードの時にデータを復旧する方法】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


LinkStationがEMモードの時にデータを復旧する方法
BUFFALOから発売されていますNAS(ネットワークアタッチストレージ)の一つ
LinkStation』(リンクステーション)を日々パソコンなどにアクセスして
使用していたらある時、フォルダが開けずにデータが読み込めなくなってしまい、

「NAS Navigator2」(ナスナビゲーター)を起動してみたら
[EMモード] (Emargency Mode・復旧モード)と表示されていた事がありました。

LinkStation自体は表示できるのにハードディスクにアクセスできない、という状況です。

EMモード

原因はいろいろ考えられるのですが、EMモードになって読み込みできなくなる前に
LinkStationの内蔵ハードディスクのうちの一台を本体カートリッジから引き出して、

パソコンに接続してXFSのフォーマットの形式を特殊なユーティリティーで読み込みする
テストを行った時に何かの理由でファイルシステムあたりに問題が発生して、
一部にエラーが起きたために復旧状態になったのかと思われます。

ですが、ハードディスク自体やパーティション、ファイルシステムが
大きく破損したわけではなく、一応[NAS Navigator2]での検出自体はできました。

しかし青や黄色の「!」のマークが付き、赤文字で「EMモード」と表示されて、
WEB設定のIPアドレスのページも開けず、Windowsのエクスプローラーでも
赤い×マークが付いて、フォルダーの内部にアクセスできない状態になりました。




ファームウェアのアップデート


「FUNCTION」のボタンで設定の初期化も行ってみたり、
「Nas Navigator2」を最新版にアップデートする方法も行ったのですが、
やはりEMモードのままで改善できませんでした。

BUFFALO LS

そこでひとまず問題の解決方法を調べて、「ファームウェアのアップデート
という修理の方法をBUFFALOの公式ページで見つけました。

http://buffalo.jp/download/driver/


購入した製品の型番をパッケージの箱などで確認してから
最初の頭文字のアルファベットのページを開きます。

製品型番の名称のリンクに入り、(Windowsのパソコンをお使いの場合)
「LinkStationシリーズ ファームウェア アップデーター」のページに入ります。

次のページで
「ダウンロードソフトウェア使用許諾契約に同意してダウンロードする。」の文字を押すと
「~を実行または保存しますか?」というボックスが出てきます。

「名前を付けて保存」でパソコン上の「ダウンロード」などのフォルダーに保存します。

ダウンロード中

しばらく待機して、ダウンロードが完了したら保存先のフォルダーを開きます。

[ls_series .exe]というファイルをクリックして「実行」を押すとインストールが行われます。


デスクトップなどの場所に「ls_series-」というフォルダーが作成されます。

そちらのディレクトリを開いてその中にあります「LSUpdater」をクリックします。

BUFFALO LinkStation Series Updater Ver.~」というアプリケーションが起動して、
ネットワークに繋いでいるお使いのLinkStationが検出されましたら、
「ファームウェア更新」のボタンを押します。

LinkStationの内部のファームウェアの書き換え作業が行われますので、しばらく待機します。

(保存してある個別データの方は消去されずにそのまま残りますので大丈夫です。)

ファームウェア更新


作業が完了したら、エクスプローラーを開くかウェブブラウザでIPアドレスを開いてログインして、
EMモードが解除されてLinkStationが開けて無事にデータ復旧ができたかどうかを確認します。

NAS Navigator2の方でも「更新」を行ったら「EMモード」の文字とエラーマークが消えて
再び正常な状態でネットワークデバイスが表示できました。

NAS Navigator2

以上でLinkStationのEMモードからの復旧の手順は完了です。


しかし、これらの方法でも元に戻らなかった場合は、BUFFALOのお客様サポートに問い合わせて
LinkStation本体ごと郵送で送付して、お預かりの形でEMモードを解除してもらう事になります。


ですが、内部のハードディスクに保存されているファイルやフォルダーは
初期化のために全て消去する事になってしまいます。

バックアップしていなかった大事なデータを何とか救出したい、という際には
各地の「データ復旧サービス」の方をあたって、読み込みできないLinkStationから
ハードディスク内のデータを引き出してもらってみてください。

 






LinkStation | ファイルサーバー、NAS
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1039.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.