データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【I-O DATA製のNASのデータ復旧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


I-O DATA製のNASのデータ復旧
ハードウェア単独でネットワークを通してコンピューターからアクセスできる
ネットワークストレージ「NAS」(ナス/Network Attached Storage)の製品の一つである
I-O DATA(アイオーデータ)製の「LANDISK」(ランディスク)で、
ディレクトリ内部に保存していたファイルを削除した際のデータ復旧の作業を行ってみました。

I-O DATAのNAS

[主なNAS製品の一覧]

・I-O DATA:超高速LAN接続型ハードディスク(NAS) LAN DISK 4.0TB HDL2-A4.0/E
・アイ・オー・データ:HDL2-A2.0 ミラーリング対応 LAN接続HDD 2TB
・I-O DATA製NAS LAN DISK Z HDL-Z2WH2T/1D 2.0TB
・LAN&USB対応HDD LAN DISK Home HDLP-Sシリーズ 1.0TBモデル HDLP-S1.0
・LAN&USB接続ハードディスク「LAN DISK」2TB HDL-CE2.0B



まず、LANDISKは通常、Windowsパソコン上のエクスプローラーといった媒体では
「ネットワーク」での接続と内部ファイルの読み込みになります。

普通の外付けハードディスクやRAID、USBメモリといったUSBハブからリムーバブルディスクとして
アクセスする事ができず、システムファイルのフォーマットも異なり、
パソコン上では多くの自動バックアップ機能やアプリケーションに対応できません。

(「~にアクセスできません。パラメーターが間違っています。」
 といったエラーバルーンが表示されたりします。)

もし個人で中身のデータを復元したい時には少し特殊な方法でのやり方になります。




最初に、LANDISKの本体ケースに付いている固定ネジをドライバーで外して、
カバーの蓋をスライドさせて開きます。

内部に収納されているハードディスクドライブの固定ネジを外して本体から取り出します。

HDDに付いている止め具を外して、LANDISKの本体から取り外します。 (詳しくは別ページにて。)


次にデスクトップパソコンの本体ケース内部にある空きのドライブベイに差し込みます。

電源ケーブルの中間コネクタと、予備のSATAケーブルをインターフェースに繋げます。

NASのHD


または、3.5インチでSATA方式HDD用の外付けハードディスクケースをお持ちであれば、
そちらのカートリッジに差し込みしてUSBデバイスとして接続します。

「ドライブ *を使うにはフォーマットする必要がります。フォーマットしますか?」
と表示されたら、必ず「キャンセル」か「×」を押してください。

LANDISKから消去したデータを復活


LANDISKはジャーナリング機能を持つ「XFS」のファイルシステムがフォーマットされているため
Windows対応の多くのデータ復元ソフトでは多くのものでは読み込みができないため、

こちらの一例では、ハードディスク一台のみ搭載できる「LANDISK」に
「SysDev Laboratories Japan 株式会社」のデータ復元ソフト
復旧天使』を使用してファイルの回復を行う作業を解説いたします。


まず、インストール・セットアップした復旧天使のアイコンを
デスクトップ画面かスタート画面でダブルクリックして起動すると、
現在BIOSに認識されているすべてのデータドライブが認識されます。

左側のリストボックスの一覧から、LANDISKのハードディスクの名称を選択します。
(LANDISKの場合はSGI XFSパーティションなど。)

復旧天使

右クリックして「データ復旧」を選択します。

「次へ」⇒「スタート」と進めると、ファイルののスキャンが始まります。

(1TBや2TBもの大容量のハードディスクだとスキャンにしばらく時間がかかります。)

ドライブのスキャン


スキャンの実行が完了すると、リストボックスにフォルダーの一覧が表示されますので、
その中から必要なファイルが入ったディレクトリを開いて確認します。

復元させたいデータが見つかりましたらそれらを一括で選択して、
「コピーして保存」→フォルダーを選んで「選択」と押すとファイルが書きこまれます。

ファイルを復元

最後に保存先のフォルダーを開き、ファイル一つ一つがしっかりと破損が無く修復できていて
正常に開けるかどうかを確認します。

以上で、I-ODATA製のNAS(ランディスク)からのデータ復元の作業は完了です。



ですが、データ復元ソフトもやはり必ずしもすべての失ったファイルを
完全に元の形で修復に成功できるとは限りません。

削除したファイルをもっと確実に元に戻したい、という際には、
全国の各地で営業されています専門業者の「データ復旧サービスセンター」に
問い合わせをして、NASを提出して検査してもらわれる事をおススメします。

 






NAS・LANDISKの不調 | ファイルサーバー、NAS
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1036.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.