データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ハードディスクにアクセスできない原因とは?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ハードディスクにアクセスできない原因とは?
パソコンなどのコンピューター装置で使われている大容量のデータ補助記憶装置
ハードディスクドライブ」をパソコンなどのコンピューターで読み込もうとしたら
エクスプローラーなどの画面で認識されずにアクセスできないトラブルが出た場合に、
どのようにすれば修復をしたり、保存データの読み込みができる?という疑問について。

HDドライブ

HDDはDVD-RやUSBメモリよりも容量の面でずっと規模の大きい記憶媒体のため、
ファイルの書き換えの回数もその分多くなりがちで、時に何かの不具合が出てくる事があります。


主なハードディスクのメーカー別製品の一覧

:『WESTERN DIGITAL』(ウェスタン・デジタル) WD20EZRX WDC-WD20EZRX-R 2.0TB 
:『Seagate』(シーゲート) ST1000DM003 SEA-ST1000DM003 3.5インチ 1TB
:『HGST』(日立) Travelstar 5K1500 回転数 5400rpm 1.5TB
:『東芝』(TOSHIBA) MQ01ABD100 1TB
:『MARSHAL』(マーシャル)MAL33000SA-W72 3.5インチHDD SATA 3TB



フォーマットの違い


まず、ハードディスクの[フォーマット](format)がそのコンピューターの
オペレーティングシステムと異なる表示形式の場合、
デバイスマネージャーやBIOSでの認識はできても、アクセスができない事が多いです。

例えばMac OS XのMacintoshパソコンや、NAS、サーバなどパソコン以外の機器で
先にフォーマットを掛けて使用しているハードディスクは、
Windows(ウィンドウズ)のパソコンだと互換性が合わずにデータが読み込めない事も多いです。

エクスプローラーやダイアログボックス、普通のアプリケーションなどで
ボリュームの一覧を開くと、そのHDDだけアイコンが表示されていない状態になります。

コントロールパネル⇒管理ツール⇒コンピューターの管理→ディスクの管理 の画面では、
フォーマットの違うボリュームはアルファベットが振り当てられず何も表示されない状態で、
[ディスク X ベーシック 容量 オンライン]とだけ、HDDのデータが表示されます。

操作も未割り当ての領域以外は「ボリュームの削除」のみしかできないため、
この原因によりそのままでは内部ファイルにアクセスする事はできません。

元々使用していたコンピューターのドライブベイにまた接続して、読み込んでみてください。




ハードディスクが何かの異常を引き起こしてアクセスできない時に多くある原因に、
マスターブートレコードやファイルシステム、RAID構築の崩壊、といった
システム面で深刻な障害が発生している可能性も考えられます。

ボリュームの表示

MBRの破損


例として、ドライブ装置内のデータやパーティションの配置などの詳細が書き込まれている
「マスターブートレコード」(ブートセクタ/MBR)が破損していると、

『場所が利用できません。~:X にアクセスできません。
 ディスク構造が壊れているため、読み取ることができません。』
 という
 エラー警告が表示されて、ハードディスク全体の内部のアクセスができない事があります。

アクセスできません

この状態は、エクスプローラー(マイコンピューター)などの画面で
ローカルディスクやリムーバブルディスクのアイコン自体は映っているのですが、
ダブルクリックすると上記のエラーメッセージが表示されてアクセス不能になります。

マスターブートレコードは「TestDisk」(テストディスク)のツールなどを使って、
パーティションテーブルやブートストラップローダーの破損を修復する事で元に戻ります。

www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Download

または、Mac OS XやUbuntuのオペレーティングシステムのパソコンを起動して、
そちらに接続してみると普通に中身のデータにアクセスして開ける事もあります。


読み取り装置の問題


また、外付けハードディスクケースをはじめとする読み取り装置でも稀に、
カートリッジやACアダプター、ケーブルなどの故障でディスクを入れた時に
正常に接続できずにデータが読み込みできない原因で状態異常が起こる場合もあります。

特にコネクタ(インターフェース)は、うっかり接続面がずれたり強打したりすると
ピンが折れたり、欠けたりして壊れてしまいやすいので、丁寧な取り扱いが大事です。

デスクトップパソコンの空きのドライブベイに増設する際にも、
電源ケーブルの中央コネクタやIDE/SATAケーブルがしっかりと差さっているかどうか、
もしパソコンでデバイスが認識せずにアクセスできない時は確認してみてください。


間違えてコネクタの裏表を指し間違えてしまったり、
しばらく使わずにいて差込口に汚れが付いていたり、ごみや水分が付着していると
ディスクの読み込みの不具合や発熱、深刻な故障に繋がってしまう可能性もあります。

また、HDDを一度取り外したり交換した後で、固定ネジをうっかり締め忘れていないか
気を付けてください。

HDDの接続

特にノートパソコンなどの持ち歩きが多い機器は、移動中、かつ起動中に
ハードディスクのコネクタの接続面が強い衝撃でずれてしまうと大変です。


お使いのパソコンでプライマリ・パーティションとして
オペレーティングシステムをインストールしているボリュームが入っている
ローカルディスク(Cドライブ)として使っているハードディスクに問題が出た場合は、

もし別のパソコンを一台お持ちであれば、
そちらの空いたドライブベイに増設して一時的に移し替えるか、
外付けハードディスクケースのカートリッジに差し込んで動作を再生して、
リムーバブルディスクとして接続して読み込んで試す方法もあります。


論理障害の問題


プロパティやディスク管理、読み込み関連のアプリケーションなどで
ドライブ装置の設定を誤って変更してしまったり、
大量のデータの書き込みで不具合が発生する原因により問題が出るおそれもあります。

まずは、操作する前の状態に出来る限り動作を逆に沿っていくように元に戻してみます。

次にプロパティ画面の「ツール」にある「エラーチェック」と「最適化」を行って修正してみます。

HDDの各検査項目を閲覧できる機能「S.M.A.R.T」(スマート)の読み取りができる
ユーティリティーを、ドライブ装置の製造メーカー元のホームページなどから
インストールしてパソコンにセットアップします。

そして現在起きている問題や残り推移寿命をチェックして、エラーの修復なども行います。


また、ボリュームの中身にコンピューターウイルスなどの有害なプログラム
どこかの操作でフィルターをすり抜けて感染していないかどうか、

ノートン・アンチ・ウイルスやトレンドマイクロ・ウイルスバスター、マカフィーといった
パソコンに導入されているアンチウイルスソフトでスキャンと隔離・駆除も行ってみます。


もしも前に間違えて「フォーマットしますか?」などの選択画面でうっかり勢いで
「はい」を押したりして初期化してハードディスクのデータを消してしまった場合は、
削除した後に大分使い込んでいるとほぼ完全に新しい拡張子に上書きされて、
復旧が難しくなる事がありますので、ご注意ください。

AOSテクノロジーズの『ファイナルデータ』やJungleの「完全データ復元PRO」では、
ドライブが正常に認識できない場合に損失したボリュームの検知や診断、修復といった
機能を使って回復作業を試みる事もできます。

ドライブ診断


また、HDDの外側のコントローラのボードやメモリー、インターフェースが損傷したり、
内部回路の磁気ヘッド(センサー)とプラッタの「ヘッドクラッシュ」といった
深刻な物理障害が発生していると、やはり保存データもアクセスできなくなります。


ディスクをコンピューターから取り出し出来なかったり、読み込みができない場合は
やはりパソコンの修理サービスに出して見てもらうのが一番安全です。

どうしても中身が開けない時は、全国で営業されている「データ復旧センター」に出して、
読み取りできないハードディスクがアクセスできるかどうか、
または消えたファイルの復活が可能かどうか、診断を受けてみる事をおすすめします。

 






ハードディスクドライブ | ハードディスク
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1032.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.