データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows8のレジストリエディターでシステムを復元】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows8のレジストリエディターでシステムを復元
Microsoftのオペレーティングシステム「Windows」(ウィンドウズ)で
それぞれのアプリケーションやシステムの設定を保存しているデータベース
レジストリ」(registry)は、しばらくの長い間パソコンを使い続けていると
次第に容量が肥大化して、徐々に不調が発生し始める事があります。

レジストリが破損するとWindowsの機能やユーティリティーが正常に動作しなくなり、
十分に使用できなくなったり、読み込みの速度が低下したり止まるおそれがります。

そんな時に備えて、「Windows8」や「Windows8.1」のバージョンには標準として
「レジストリエディター」(registry editor)という、
ファイルの編集やバックアップ、復元を行うための機能が搭載されています。


まず、Windowsが正常な状態の時にレジストリのバックアップを手動で取っておくと、
後でオペレーティングシステム上で深刻な問題が起こった時に、そこから修復できます。

(レジストリは一日に一回、最初にWindowsが起動した時の状態が
 自動でバックアップされるようにもなっているのですが、手動で保存しておくと
 システムの問題や破損がだいぶ前から積み重なっていた場合の時の復元に便利です。)


最初にスタート画面の右側で表示されるメニューバーの虫眼鏡アイコンか、
Windowsキー+Xキーで表示する「ファイル名を指定して実行」の入力欄に
「regedit」と入力して、「regedit.exe」という名称のレジストリエディターを開きます。

regedit.exe

regedit

ウィンドウの左側のボックスにはそのパソコンのWindows8/8.1でインストールされている
内部のアプリケーションのフォルダーが一覧で表示されています。

それらを編集したり統合して細かにカスタマイズしていく事もできるのですが、
今回の説明では簡単にできるバックアップ(エクスポート)の方を解説いたします。




Windows8で標準で使用できる「レジストリエディター」では、
様々なフォルダーの項目から選んでシステムを復元するため、少し複雑です。

レジストリエディター

まずはメニューの左側の「ファイル」にある「エクスポート」という項目を開きます。

レジストリファイルのエクスポート」というダイアログボックスが出たら、
エクスポート範囲を「すべて」に設定して、外付けハードディスクやRAIDなどの
バックアップ用のデータ記憶メディアなどの場所に名前を付けて保存します。

regファイル

(一部分だけバックアップする際には、必要なフォルダーを選択して
「エクスポート」→「選択された部分」と進んで「.reg」の拡張子を保存します。)

これでバックアップは完了です。


後にWindows8かWindows8.1のレジストリが破損したりして深刻なトラブルが起きた時は、
まずパソコンを開き直して、「セーフモード」などでWindowsを起動します。

レジストリエディターを起動して、「ファイル」の項目にある「インポート」を選択します。

インポート

ダイアログボックスを開いて、前にバックアップした「.reg」の拡張子を選択して
「開く」を押すと以前の正常なレジストリのデータ復元の作業が行われます。


バックアップができていなかったり、セーフモードで起動してインポートを試みた際に
「~をインポートできません。データの一部をレジストリに書き込むことができませんでした。
 システムまたはその他のプロセスによって開かれているキーがあるか、
 この操作を行うのに十分な特権がありません。」
とエラーメッセージが出たりして

対策を取っても上手くいかなかった場合は、かわりに
「コントロールパネル」→「回復」→「システムの復元を開く」と進んで、
ウィンドウズのオペレーティングシステム全体を以前の状態に復元されてみてください。

システムの復元を開く

システムの復元を有効にしていなかった場合には、OSのリカバリーなどの方法もあります。

また、市販のレジストリエディターのソフトウェアを先にインストールしていれば、
そちらを起動して使用してみる方法もあります。


その際、もしパソコンが正常に動かずに内部データのバックアップができない場合は、
一度パソコンを閉じてハードディスクを取り出してから別のパソコンに増設するか
外付けHDDケースに取り付けて外部ドライブとして開いて大事なファイルを回収するか、

各地のパソコン修理店やデータ復旧サービス業者の方に問い合わせて、
ファイルのバックアップなどの作業を注文されてみてください。

 






ウィンドウズ7・8・10 | Windows8
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1028.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.