データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【Windows Liveメールから削除したファイルを復旧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


Windows Liveメールから削除したファイルを復旧
マイクロソフト社から提供されているメールクライアントソフトの
Windows Live メール」(Windows Live Mail desktop/ウィンドウズ・ライブメール)を
使用して閲覧や送信・受信をしている時に、誤って必要なメールやフォルダーを削除してしまい、

「.eml」などのメッセージのファイルを消去してしまった後で復元したい時には
どうすればいい?という疑問について。

Windows Liveメール


ごみ箱フォルダーの中身をチェック


まず、スタート画面かデスクトップのアイコンからWindows Liveメールを起動します。

最初に左側のメニューにある「ごみ箱」のフォルダーを開きます。

誤って削除したメールがごみ箱に移動していたら、そのメールを選択して
右クリックで「フォルダーへ移動」か「フォルダーへコピー」を入力します。

「受信箱」や「下書き」、「送信済みアイテム」などのフォルダーを選んで「OK」を押すと、
メールが元々あった場所に戻ります。

ちなみに新規で作成したフォルダーを誤って中に収納していたメールごと削除した場合は、
中のメールは一度「ごみ箱」に移動します。

なのでその場合はすぐに、受信箱などの安全な場所に移動させてください。

フォルダーそのものは一度削除すると元には戻せないので、
同じものをもう一度作る場合には、再度作成し直す必要があります。




また、Windows Liveメールのごみ箱も間違えてアプリケーションをアンインストールすると
中のメールのファイルが一緒に削除されて、復旧が少し難しくなってくるので注意してください。

ごみ箱

なお、Windows LiveメールのデータはWindowsのパソコン上では[.eml]の拡張子で
ユーザー⇒ユーザー名⇒AppData⇒Local⇒Microsoft⇒Windows Live Mail⇒Hotmail.co
⇒「受信トレイ」「ごみ箱」「下書き」「送信済みアイテム」
のディレクトリの位置に保存されます。


(エクスプローラーの「表示」タブで「隠しファイル」を表示するよう切り替えてください。)

フォルダーの削除

Windows Liveメールのアプリケーションや「Outlook.com」(Hotmail・ホットメール)で
間違えてごみ箱を空にして削除してしまった場合、消してからすぐの段階なら、
パソコン内の上記のフォルダーの方にまだ数分ほどの間、メールが残っている場合があります。

すぐにエクスプローラーの方のごみ箱フォルダーを開いて
「.eml」のファイルをコピーして別のフォルダー場所にペーストすると復元できます。

ごみ箱フォルダ

(※Liveメールの機能で消去したメールのファイルはWindowsのごみ箱には移動されず、
 エクスプローラーのフォルダー上から直接削除されますのでご注意ください。)



メールをエクスポートしてバックアップ


Windows Liveメールではメールをコンピューター上に別にエクスポートして
バックアップをまとめて取る事もできます。

まず、上部メニューの「ファイル」のタブを開いて
「電子メールのエクスポート」→「電子メールのメッセージ」と進みます。

プログラムの選択の画面で「Microsoft Windows Liveメール」を選び、「次へ」を押します。

「参照」ボタンを押して、「新しいフォルダーの作成」のボタンで
パソコン上か外付けデータ記憶メディアのどこかの領域に新しいフォルダを作って選択します。

エクスポート

「次へ」を押して、「すべてのフォルダー」か「選択されたフォルダー」の項目を選び、
また「次へ」を押すと、エクスポートが行われます。

フォルダー

最後に「完了」を押して終了です。


後日、エクスポートしたデータをLiveメールでインポートして復旧させたい時は、
「ファイル」→「メッセージのインポート」と進んで「Windows Live メール」を選択して
「次へ」と進みます。

フォルダーの参照の画面で、エクスポートの時に作成したフォルダを選択して「次へ」を押します。

「全てのフォルダー」か「選択されたフォルダー」を選んで「次へ」を押すと
インポートが行われますので、最後に「完了」を押して、メールデータ復旧の作業は終了です。


また、受信箱などの画面でメールを選択した状態で「F12キー」を押すか、
「ファイル」→「保存」→「ファイルに保存」と進めると、
拡張子の保存画面が表示されて、エクスプローラー上にメールを個別単位で保存できます。

保存

他に、メールクライアントに搭載されたエクスポート機能だけでなく
Windowsの標準機能である「ファイル履歴」や「システムの復元」、
あるいは市販の自動バックアップソフトウェアなども使用して、定期的に自動更新で
パソコン上のファイルのバックアップが取れるように設定されていく事も大事です。



データ復元ソフトを使用


Windows Live Mailを使用するとパソコンのCドライブにある上記のフォルダ内に
メールが「.eml」の拡張子として保存されるので、もしこれを削除してしまっても、
早い段階であればまだ、市販の「データ復元ソフト」を使って
拡張子の「痕跡」から復旧する作業を試みる事もできます。

(こちらの実例ではAOSテクノロジーズの「ファイナルデータ9.0復元+Office修復」を
 使った手順について解説いたします。)

※最初は試用体験版を入手してDVDブートかUSBブートで起動して先に、
 消去されたファイルが検出できるかどうか確めた後で製品版を購入されるのもおすすめです。


まず、ファイナルデータを起動します。

最初に出る「メールの復元」の項目では「Windows Live メール」は非対象のため、
ここでは「ファイルの復元」を選択します。

ファイナルデータ9.0

「ゴミ箱から削除した場合」をクリックします。

ドライブの(C)を選択して、「検索」を押すとスキャンが始まります。

失ったファイルが検出された結果の一覧が表示されます。

ファイルの数が多いので、「ファイル種類フィルタ」のボタンを押します。

「以下のファイル種類のみを表示」を選択して「その他のファイル拡張子」の記入欄に
「*.EML」と入力して、時間の分かる時は期間の指定をして、「OK」を押します。

これで、[.eml]のメールのみがリストに並んで表示されますので、
これらのデータを選択して「選択したファイル復元」のボタンを押します。

emlファイルの検出

パソコン上で認識されているフォルダーを選んで「OK」を押すとその場所に保存されます。

最後に、そのフォルダを開いてファイルをクリックするか、
右クリック⇒「プログラムから開く」⇒「WindowsLiveMail」 と進んで開き、
正常に文章や画像が開ければメールの復旧に成功です。

eml

もし文字化けしていたり何かの表示の不具合が出ていたら、
「Microsoft Outlook」や「Thunderbird」など別のメールクライアントから開いてみたり、
文字化け修正のアプリケーションを使って修復してみてください。

そして、「完了」→「終了」と進めてアプリケーションを閉じます。


しかし、一般個人で修復の作業を行う場合、一部のメールがすでに痕跡がほぼ消えていて
検出に引っかからなかったり、拡張子とその中身が破損した状態で復元される事もあります。

もっと確実に失ったメールを元に戻したい、という際には、全国の各地で営業されています
専門の「データ復旧サービス業者」の方に問い合わせて、パソコンのハードディスクかSSDを
一度提出して、診断をしてもらわれる事をおすすめします。

 






電子メールの復活 | メールクライアント
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1019.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.