データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【USBメモリを別の機器に差し替えた時に読み込めなくなったら?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


USBメモリを別の機器に差し替えた時に読み込めなくなったら?
パソコンなどの機器で取り扱っているデータを他のパソコンやコンピューター機材の方で
読み取ったり移し替える用途で主に使う、フラッシュメモリモジュールである規格
USBフラッシュメモリ」(USB flash memory)が、

別のパソコンといったコンピューターのUSBコネクタに差し替えた時に
どういう事か何も反応せず、中身のファイルが読み込めなくなった、という場合ついて。

USBメモリー

まず、移し替えた方のコンピューターがUSBメモリなどの外部接続の記憶装置を
読み取りできる機能が付いている仕様であるかどうかを再確認してください。

USBメモリの規格が2.0より上位の「USB3.0」など、その製品の種類も正しく対応できて、
正しい種類のUSBポートに正しい向きで差し込みできているかどうかもチェックします。


コンピューター機器のUSBポートはたまに、正しく挿入できていても
一時的に読み込みができずデバイスマネージャーで反応しない事もあります。

ひとまず別の空いているUSBポートがあれば、そちらに差し替えてみてください。


また、例えばWindows(ウィンドウズ)で使っている時に
「ハードウェアの安全な取り外し」の手順を取らずに急にUSBメモリから引き抜いたり、

まだメモリーカードが熱を持ったままの直後にすぐ別のノートパソコンなどに差し込みすると、
一時的にデバイスマネージャーやBIOSに検出されず、反応しない事があります。

その場合にはUSBメモリをまた引き抜いて、数十分から一時間ほど待って機体を冷やします。

それからまた差し込み直すと今度は反応して、内部のファイルを開けるパターンが多いです。




エラーが発生した場合



Windowsパソコンで読み込みする最中に「エラーが検出されました。~」
といったメッセージが表示されたら、バルーンの一文に出ている対処の手順に従って
ドライブのスキャンと修復の例外処理(exception handling)を実行してください。

うっかりその作業を逃してしまったら、エクスプローラー画面のマイコンピューターで
USBメモリのアイコンを右クリックしてプロパティの画面を開き、
ツールのタブ⇒チェック⇒「ドライブのスキャンと修復」の手順で実行します。




それでもシステムに認識されない時はコントロールパネルのデバイスマネージャー画面を開いて、
「ポータブルデバイス」の項目にある、該当するUSBフラッシュドライブの名称の所に
何かのエラーマークかメッセージが表示されていて正常でない状態になっていないか確認します。

何か異常が出ていたらそちらを選択して、そして右クリックをして「削除」をします。

USBメモリをPC本体から一旦き抜いて少し待ち、もう一度差し込み直すと開ける事もあります。

デバイスマネージャー


なおWindowsの場合、エクスプローラー画面を開いて「PC」(コンピューター)の
内部フォルダを開いてリムーバブルディスク(F,G,H,I~)のアイコンを右クリックして
「取り出し」のメニューを押すと、エラーなどのトラブルもなく安全に接続を解除できます。

取り出し

またはデスクトップ画面の右下にあるタスクバーの隠しアイコンの一覧にある
「ハードウェアを安全に取り外してメディアを取り出す」のアイコンをクリックして、
「USB Flash Diskの取り出し」を選択すると、USBポートから安全に取り外せます。

USB Flash Disk

※AppleのMac OS Xのパソコンの場合は、「Finder」を開いて左側メニューの
 USBメモリのフォルダーに該当する「Untitled」の項目の名前の右側にある
 上向きの矢印アイコンをクリックすると安全に取り外せるようになります。


設定の変更



また、そのお使いのUSBメモリを最初にどのコンピューターに差し込んで
「フォーマット」を掛けたか、あるいはディスクドライブ装置として
普段はどのように使用しているかによって、他のコンピューターで読み込めるかが
若干、各機器の設定や仕様次第で差し替えした時の機械の反応が変わってくる事もあります。

Windowsなどのオペレーティングシステムでは、別のOSや電子機器でフォーマットを施した
データ記憶メディアがリムーバブルディスクとして開けない事態がたまに出てきます。

その場合「コントロールパネル」の「ディスクの管理」やBIOSの設定画面で表示されていれば、
メモリーカードそのものはWindowsパソコンに認識されている事になります。

ウィンドウズ用にフォーマットを掛け直すとエクスプローラーの方に
新しいリムーバブルディスクとして表示されます。

ですが、かわりに今まで保存したデータがすべて消去されるのでご注意ください。

(※)USBのマスストレージに対応されている仕様なので、
 最近のOSのパソコンなら専用のデバイスドライバをインストールする必要はありません。

Mac OS XやLinux系オープンソースのUbuntu、KnoppixのOSの方で開いてみると、
中身のファイルが開ける事もあります。



USBメモリは非常に便利で使いやすい分、データの読み込みや
新しいファイルの書き込み(上書き保存、名前をつけて保存)の回数が多くなりやすいです。

製品を購入して使い始めてから一年~数年と、ある程度時間が経ってくると、
一時的に記憶メディアが読み込みできない問題が発生する回数が増えてきやすくなります。

またフラッシュメモリなどあらゆるデータ記憶装置には書き換えできる回数に限度があるため、
更に時間が経って経年劣化が進むと、その分読み出しや書き出しの具合に不調が出てきます。

そうなっていくといつ故障して中身のファイルが開けなくなってもおかしくはないため、
その際には内部の必要なファイルやフォルダをすべて別の記憶装置にバックアップします。

そして新しいより性能の高いUSBメモリに買い替えて、パソコンなどに読み込んで
データをコピーする形で移し替えて、次回からそちらを使っていくと安全です。


もし、どのコンピューターに何度差し替え直しても中身のデータが開けなくなったら、
そのUSBメモリは使用回数の寿命が来たか、熱暴走、圧迫、強打、水濡れなどによる原因で
物理的に破損して故障してしまった可能性があります。

そうなってしまうとパソコンから読み込みできる確率が一気に低くなり、
また無理にUSBポートに差し込むと破損がさらに進行するおそれもあります。


また内部の回路が無事でコネクタの一部分が割れて壊れた場合も、
外付けHDDケースなどの装置と違ってUSBインターフェースと一体化しているため、
やはり同様に読み取りができなくなる場合があります。

もし壊れたUSBメモリの内部にまだバックアップしていない重要なデータが残っていて
なんとかしてもう一度開いて取り出ししたい、という場合には、
全国各地の「データ復旧サービス」の業者の方に問い合わせて、
中身の保存したファイルの取り出しの作業を行ってもらう注文をされてみてください。

 






USBフラッシュメモリ | USBアクセサリー
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1014.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.