データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【PublisherのDTPファイルを修復するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


PublisherのDTPファイルを修復するには?
Microsoftのオフィススイートの一つであるDTPソフト
Microsoft Office Publisher」(マイクロソフトオフィス・パブリッシャー)で

DTP(DeskTop Publishing/デスクトップパブリッシング)のコンテンツを
電子編集システム上で作成していた「.pub」などの拡張子の文書ファイルが
ある時に「削除ミス」などで失われてしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

Microsoft Office

※こちらの一例では、「Office Professional 2013」に含まれる
「Microsoft Publisher 2013」を 操作する時のケースについて解説していきます。


「元に戻す」機能で再生

まず、パブリッシングソフトの「Publisher」をWindiowsの画面上で起動中に、
誤って文書の作成中に一部分の文字や画像を削除してしまった時は、

「Ctrlキー+Zキー」を押すか、ウィンドウの左上にある左向き矢印ボタンの
「元に戻す」を押すと、削除する前の一段階前の状態に復元できます。

Publisher

※「元に戻す」(アンドゥ)はメモリの最大容量によってどのくらいの回数まで、
 またはどのくらいの容量まで遡って再生できるかが多少変わります。

 その展開中のファイルを閉じたり、Publisherのウィンドウを終了すると
 メモリのアンドゥの一時記憶データが消えてしまうので注意してください。



自動回復機能で再展開

Publisherを展開してページを更新している最中に急にパソコンがフリーズしたり、
突然の停電が起きて電源が落ちてWindowsごと強制ダウンしてしまった場合、
「名前を付けて保存」または「上書き保存」をしていなかった分の差分データが消えてしまいます。

ですが、Microsoft Officeシリーズのアプリケーションには
一定時間ごとに自動的にバックアップデータが保存される機能が標準搭載されていて、
こちらからある程度の段階まで復活できる見込みがあります。

パソコンを再度立ち上げてから、パブリッシャーをもう一度開くと、
前の状態のファイルが「自動回復」という表示付きで一度だけ開き直す事ができます。

自動回復

最後に入力したタイミングで自動保存がされていなかったら文章などが多少削れる事もあるのですが、
この機能である程度まで回復できます。




設定の変更は上部メニューの「ファイル」⇒左行欄の「オプション」⇒「保存」の画面で
「文書の保存」という欄の各項目にチェックを入れるか外して、「0K」を押します。

「次の間隔で自動回復用データを保存する」と「バックグラウンドで保存する」 の項目は
 初期状態で有効になっています。(初期値は10分おきの保存間隔。)

※この機能はあくまで仮の保管分なので、
 ファイルを開き直したらすぐに上書き保存をしてください。

より詳しくはパブリッシャーの画面右上にある「?」マークか「F1キー」で開ける
Microsoft Publisher ヘルプ」を開いて
サーチボックスに「回復」「保護」という具合に打ち込んで、調べてみてください。

パブリッシャー



拡張子が破損していた場合

などPublisherで開いていた拡張子が上書き保存中のエラーなど何かの原因で破損した時は、
まず、Windowsのエクスプローラーでファイルを見てみます。

もしファイル名や拡張子名が書き換わっていたら「名前を変更」で元の「~.pub」という名称に戻します。

.pub

もしPublisherで展開できなくなっていたら、右クリック⇒プログラムから開く⇒「その他のオプション」で、
パソコン内かウェブ上の別のアプリケーションから開けるか試してください。

他のプログラムで開く

他のソフトウェアから開けたら、そちらで保存して、
後でPublisherを開き直してテンプレートに貼り付けして、保存をします。

更に詳しくはこちらのサポートページにて。
http://support.microsoft.com/kb/198256/ja



拡張子自体を削除してしまった場合

「.pub」などの拡張子をうっかりエクスプローラー上から
削除してしまった場合は、まず「ごみ箱」のフォルダを開きます。

そちらに無事に残っていたらそのファイルを選択して、
「この項目を元に戻す」を押すと前のフォルダの位置に移行して復旧できます。


ですがすでにディスククリーンアップをかけてゴミ箱を空にしていたり、
「Shiftキー+Deleteキー」などで完全に消去していた場合は、

もしコントロールパネルの「ファイル履歴」(またはシステムの復元)などの
バックアップ機能を有効にしていたら、そちらを起動して修復してみてください。

またはOneDriveやOffice 365 SharePointなど、
インターネットのクラウドサービスにファイルを保存されているかチェックしてください。



バックアップ機能が有効になっていなかったりデータが見つからなかった場合や、
パソコンの内蔵ドライブではないリムーバブルディスクにあるデータを削除した時は、

AOSテクノロジーズの「ファイナルデータ」など「データ復元ソフト」の体験版を入手して
をDVDドライブからブートで起動して、スキャンをかけて探す方法もあります。

ファイルを消去した記憶メディアにまだあまり新しくデータを上書きしていなければ、
「削除した拡張子の痕跡」がまだ残っている可能性があるので、
データ復元ソフトのスキャン機能をかけてみると検出できる見込みがあります。

データ復元ソフト

目標の拡張子が検知できたら、実際にファイルを復元する機能の付いた
「製品版」を購入して修復する事ができます。

(※クラウドサービスのフォルダに入っていたデータは
 基本的に自宅からソフトウェアではスキャンできないので予めご注意ください。)



しかし、場合によっては検出ができなかったり、
もしくは破損してまともに開けない状態で修復される可能性も出てきます。

Publisherで作りかけていた大事なファイルをもっとより確実に復元したい時は、
全国の各地にて営業されていますプロの「データ復旧サービス業者」に注文をして、
「論理障害」からのデータ記憶メディアの復旧を行ってもらう事をおすすめします。

 






Excel・Word Office | Office 2013
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1012.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.