データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【HDDが壊れた時にUbuntuで外部ストレージのデータ復旧】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


HDDが壊れた時にUbuntuで外部ストレージのデータ復旧
パソコンのオペレーティングシステムをインストールして
メインのローカルディスクとして稼働しているハードディスクドライブ
ある日、急にヘッドクラッシュなどの重度の故障が発生して壊れた場合、
中身のデータが正常に読み込めなくなるとOSも一緒に起動できなくなってしまいます。

HDDの取り外し

そんな時に緊急ですぐにデータをバックアップしていた外付けHDDやUSBメモリ、
デジタルカメラのSDカードなどの外部ストレージを開いて読み込んで展開したい、という際には

HDDを新品に交換してオペレーティングシステムをインストールし直したり、
別の予備のパソコンを起動させて一旦はコンピューター環境を立て直す事ができます。


ですが、もしかわりのパソコン本体や内蔵できるストレージを他にお持ちでないか、
予備のマシンも故障していたりと 何らかの理由ですぐに使えない、という場合は、

かわりにLinuxディストリビューションのオープンソース
「Ubuntu」(ウブンツ)などのディスクが役立ちます。

パソコンのハードディスクが壊れて何もインストールできなくなってしまっても、
DVD/CDからの「ブート機能」でLinux系のOSを立ち上げる方法があります。



最初に、UbuntuのインストーラーはLinux関連の書籍に付録で付いたディスクか、
Ubuntuの日本語サイトの方でパソコンに保存して入手できます。

まず、故障したハードディスクをそのままパソコンに入れておくと、
電源を入れた時に自動的にスピンドルモーターが回転して、
壊れたヘッドやプラッタなどの回路がさらに傷むおそれがあるので、
できればパソコンケースの蓋を開けて、HDDを取り外しておいてください。

(※軽いアクセスエラーやWindowsの破損などのトラブルが起こっただけで
 ハードディスク自体にはあまり破損がない時は、
 ドライブベイから取り外さずそのままにしてUbuntuを起動すると、
 デスクトップ画面から内蔵HDDのフォルダの方が開ける場合もあります。)


パソコンの電源ボタンを押して一回画面を立ち上げて、
すぐにDVDドライブのトレーを開けてUbuntuのインストールディスクを挿入します。

(ドライブ装置の付いていない薄型・小型のノートパソコン本体をお使いの場合は
 「外付けDVDドライブケース」を接続してそちらから読み込みする必要があります。)




HDDが物理障害で壊れた時には本来は無理に起動させずにデータ復旧業者の方で
見てもらった方が安全なので、Ubuntuでストレージを開いてデータ復旧をする作業は
エラーや故障の状況によって、行うかどうか判断してください。

UbuntuのDVD

Altキー+Ctrlキー+Delキーを押すか、電源を入れ直してもう一度パソコンのロゴ画面に戻ります。

今度はディスクのオペレーティングシステムが自動的に立ち上がってUbuntuの画面が展開します。

(もし起動しない時はDeleteキー、またはF1、F2、F8、F10、F12、Tabキーを
 最初のロゴ画面で押してBIOS(バイオス)の設定画面を開きます。

 次に「BOOT」のメニューでDVDドライブの名前の項目をF6キーで一番上の優先順位に上げて、
 F10キー⇒Enterキーで設定を保存して終了して、再度立ち上げを行います。)



最初のバルーンで、ディスクドライブにOSをインストールしない時は「Ubuntuを試す」を選びます。

Ubuntuを試す

(DVDブートで立ち上げる場合は読み込みに時間が掛かるため、
 全データのバックアップといった重い作業を実行する時は
 別のハードディスクへのデュアルインストールなどでの使用をおすすめします。)


デスクトップ画面が開きますので、
ここから先はWindowsやMac OS Xの画面に似た操作で作業を行います。

パソコンのUSBポートに外付けHDDやUSBメモリ、カードリーダー/ライターなどの
外部ストレージのコネクタを差し込むと、
左側のUnity(ユニティ)の列に、ドライブ装置や引き出しのようなアイコンが表示されます。

これらのマークをクリックして開くと、接続した外部ストレージに記憶されているデータの
ディレクトリ(フォルダー)が表示されたホーム画面が開けます。

ホーム画面

そして、他のOSでの作業と同じようにファイルを展開したり、
コピー&ペーストでバックアップやフォルダ移動の作業を行ってみてください。

また標準で搭載されたウェブブラウザの[Mozilla Firefox](モジラファイアフォックス)で
インターネットをすぐに展開する事もできます。

Firefox

もちろんレンタルサーバーやメール、SNS、クラウドストレージなどのウェブサービスに
IEやGoogle、Safariと同じようにログイン(サインイン)もできますので、
同じように大事なデータを閲覧したり外付け記憶メディアにパソコンに保存する事もできます。

文章や表計算、プレゼンテーションのファイルはLibreOffice(リブレオフィス)の
「Writer」、「Clac」、「Impress」で開く事もできて、大変便利に使えます。


作業が一通り終わったら、右上のメニューにあるギアの形をしたアイコンを開いて
「シャットダウン」を押して、Ubuntuを終了します。



注意として、パソコンにの内蔵ハードディスクがヘッドクラッシュなどの深刻な物理障害で壊れた場合、
複雑なパーツ配置のノートパソコンなどでHDDの取り出しがうまくいかず、
本体から取り外さずに電源ケーブルやIDE/SATAケーブルを繋げたままUbuntuを起動すると、
上記の通り起動とともにプラッタが回転して、破損が更にひどくなってしまう危険もあります。

そのため、自分自身でパソコンからストレージの装置を取り外すのが難しそうな場合は
Linux系のOSの使用はひとまず控えて、先に[パソコン修理サービス]でドライブの交換をしてもらったり、
各地の[データ復旧サービス]に注文してで大事なファイルを取り出ししてもらう事を推奨します。

 





Linux・Ubuntu OS | ubuntu
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1010.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.