データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【MacBook AirからSSDを取り出してデータを救出するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


MacBook AirからSSDを取り出してデータを救出するには?
Apple社から販売されていますパソコンのブランドの一つ
MacBook Air』(マックブックエアー/MBA)を日々使っていて、

ある時、突然Mac OS Xか内部のパーツ、モニター、キーボードなどに
何らかの故障の問題が起きてしまい正常に動かせなくなったため、
応急処置に中身のデータが入っているSSD(またはHDD)だけ取り出して
別のパソコンで読み込みしてファイルを救出したい、という際の手順について解説します。

マックブックエアー

MacBook Airは【世界最薄のノートブックパソコン】というフレーズに沿って
非常に薄い形状をしているため、
補助記憶装置には小型の「パラレルATAハードディスク」か
Flash SSD」(フラッシュストレージ)が搭載されています。

まず、本体ケースの蓋は一般個人でも開けて、
中身のSSDやHDDを取り出ししたり交換したりする事は可能です。

しかし蓋を固定しているネジが小さい星形の形状をしているため、
専用の「星形ドライバー」を購入して入手する必要があります。

この作業を一般個人で実践するには、以下のような専用の機材と工具が必要です。

・Mac OS XでフォーマットされたSSDを読み込みできる
 別の故障していないパソコン本体(コンピューター)を一台。

・型番「AirSSD-12-USBCASE2a」などの、MacBook Airに内蔵されたSSDを
 外付けドライブとしてUSB接続して使用できる「SSDケース」の補助機器。

・ペンタローブ1.2-50サイズのドライバー(写真上:五芒星の星形ネジ用)と
 1.4mm程のT5トルクス(写真下:六芒星の星形ネジ用)の精密ドライバー。


ペンタローブドライバー

(※ご自身でMacBook Airからの取り外しの作業を行われる際には、
 きれいなルームの中でパソコンの内部に異物が入らないように気を付けて、
 星形のネジを破損させたり紛失しないように丁寧に進めながら、
 自己責任の元で慎重に作業を行ってください。

 また、製品のカスタマーサポートの長期保証期間がまだ残っている場合、
 個人で分解を行うと後に修理の保証の対象外になって
 有償での取り扱いでしか受けられなくなる可能性があるので、予めご留意ください。)




蓋の取り外し作業


最初に電源をオフにしたMacBook Airの本体を裏側にひっくり返して、
蓋の隅に留まっている10個の五芒星の「星型ネジ」に
ペンタローブスクリュードライバーを当てて、1個ずつ丁寧に外します。

ネジを外す

上側の突っ張りに爪を当てて、蓋をこのように取り外します。


MacBookAirの蓋を開封

中央やや上のあたりに、デスクトップパソコン用のメモリのような薄く長いカード上の
「SSD」(この写真のものはTOSHIBA-東芝製)が、ドライブベイに搭載されています。

六芒星の星型ネジ一つで本体のコネクタに留められているので、
T5トルクスドライバーでこのネジも外します。

SSDの取り出し

そして、右側に指でゆっくりと丁寧にSSDをスライドさせていくと
ノートパソコン本体のコネクタから取り外せます。

※もしSSDやHDDの物理障害による故障が異常の原因であった場合は、
 ここですでに新しい別のSSDかHDDをすでにお持ちであれば、
 そのままそちらに差し替える形で交換する事で修理ができます。



ストレージをコネクタから取り出したらMacBook Airのケースの中に
埃やゴミが入らないように一回、蓋をかぶせ直しておきます。

今度は外付けのSSD換装セットのケースの方に
取り外したSSDをはめ込んで蓋をします。

そしてUSBケーブルを別のパソコン(MacやUbuntuなどのOSのPC)に
USBポートから接続して読み込みます。

あとは増設したドライブ、または外部記憶装置と同じように
「Finder」(ファインダー)などの画面からディレクトリを開いて、
中身の各フォルダーに入っているファイルを順に見ていきます。

メモや書類、写真、動画、音楽、作りかけのファイルなど、大事なデータを
DVD-Rや別の外付けHDD、RAIDなどにコピーしてバックアップを取る形で
SDDのデータのサルベージ(復旧作業)を行っていきます。

全ての必要なファイルの救出が完了したらパソコンを閉じて、
もう一度SSDを取り外します。


デスクトップパソコンのドライブベイに増設


Mac ProやMacBookなどのパソコンで2.5インチのSSDかHDDを
別のパソコンに増設する形で読み込んで内部データを救出する場合は、
デスクトップPCの余ったドライブベイに別の追加ドライブといった形で
増設するために「シリアルATAケーブル」が別に一本、必要になります。

デスクトップパソコンの蓋を開けて、3.5インチ用のドライブベイに
2.5インチHDDかSSD用のマウンタをネジで取り付けて、
その上にSSDを設置してネジで固定させます。

(一時的に取り付けるだけならであればマウンタ抜きで
 そのまま置いてケーブルをつなげるだけでもパソコンから開けます。)


SSDとマザーボードのそれぞれのコネクタにS-ATAケーブルをつなげて、
続いて電源ケーブルをコネクタに接続します。

または2.5インチ用の外付けHDDケースかUSB変換ユニットをお持ちなら、
そちらにSSDを接続してリムーバブルディスクとして
パソコンにつなげた方が簡単に作業を済ませる事もできます。


しかし、もしもMacBookAirの中にある別のパーツではなく
SSDまたはHDDの方が物理障害を引き起こして故障していたために
Mac OS Xの画面が開けなかった、という場合は、
別のパソコンに接続しても中身のデータが読み込みできない事も多いです。

SSD

SSDの方に何か問題があった場合には、別のパソコンに
SSDに含まれた[S.M.A.R.T.]という不具合報告機能の読み取りができる
検査用のアプリケーションをメーカー先のページからインストールします。

そしてSSDの故障の状態や推移寿命の具合を診断して、
エラーの修復が出来るようであればその機能を実行します。

もしそれでもSSDが開けないようでしたら、
そのままSSDをそのパソコンからも取り外して、
全国各地のMac製品に対応された「データ復旧サービス業者」に問い合わせをして、
郵送か持ち込みで提出して診てもらわれる事をおすすめします。

 






Macintosh | MacBookAir
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1008.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.