データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【ネットワークカメラの録画映像データを復元するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶メディアの修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


ネットワークカメラの録画映像データを復元するには?
ビデオカメラに映し出された映像をインターネットに接続してリアルタイムで視聴したり
遠距離からコンピューターで録画やスナップ写真の撮影、アラームなどの操作ができる
ネットワークカメラ』(network camera)は、
現在、防犯カメラやビジネスでのモニター中継などに幅広く活用されています。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラで撮影している映像は普通にモニターに映すだけでなく、
内蔵または差込みをしているデータ記憶メディアに録画する事もできます。

日付ごと、または一定時間ごとにファイルやフォルダに収めて保存する事で、
後でパソコンや専用モニターから視聴し直す事が可能です。

ですがその記憶メディアの最大容量の限界まで録画されると、
これらのファイルは自動的に古い時間の順から削除⇒上書きされていくように
設定されている事も多いです。

ネットワークカメラを防犯のための監視カメラなどの用途で
常に録画を設定している場合は特に、使い始めてしばらく時間が経つと、
常に新しい記録映像のデータで上書きが繰り返されていきます。

例えばもしある時、カメラを映していた先の場所で
何か問題が起きていた可能性が出ている事がわかり、
しばらく経った後で該当する時間帯のデータがすでに上書きされていたり、
ファイルが消えていた、というケースがごく稀に出てしまった場合について。


その問題が起きたあたりの時間帯に何かが映っているか気になった場合や、
何かの用途で撮影していた大事なファイルを間違えて削除した場合には、

あまり時間が経ちすぎていなければまだそのファイルの痕跡がデータ記憶装置の
クラスターに残留していて、そこから復元できる可能性も十分に残っています。


ネットワークカメラの記憶媒体は専用のHDDレコーダーに内蔵された
ハードディスクドライブや、
カメラ本体の差込口に接続して使うmicroSDカードなどがあります。

microSDカードの場合はネットワークカメラから抜き取って
USBカードリーダー/ライターに差し込んでパソコンに接続して、
HDDの場合はレコーダー本体から取り外して
外付けハードディスクかUSB変換ユニットに外部接続して読み込みします。

(※お使いのレコーダーのフォーマットの構造やOSの種類、
 アプリケーションの性能と仕様によっては
 HDDが読み込みできずスキャンできない事も多いので事前にご了解ください。

 Windowsなどでは別のコンピューターでフォーマットされたハードディスクなどが
 エクスプローラーで開けない場合もあるのですが、
 特定のユーティリティーからなら読み込みができるものもあります。)




こちらの一例では、株式会社ジャングルより開発・販売されています
データ復元ソフト『完全データ復元PRO13』を、
Windows8.1のパソコンにインストールしてから起動して、
拡張子のスキャンと回復の作業を行う場合の手順について記載していきます。

(※状況によって操作を進める選択が異なりますので、
 さらに詳しくは各製品の取扱説明書やヘルプを参照にしてください。)



まずはデスクトップの「Re」と書いてある[完全データ復元PRO13]の
アイコンをダブルクリックしてアプリケーション画面を起動します。

最初のタイトル画面で「次へ」を押して、
Step1で「メディアの種類を選択」の画面で復元対象の
データ記憶メディアの種類を選択して、また「次へ」を押して進みます。

メディアの選択

Step2の「スキャン対象ボリュームの選択」の画面で
対象のリムーバブルディスクのアルファベット番号を選択して、
「次へ」を押して進みます。

ボリュームの選択

Step3の「復元方法の選択」では「ゴミ箱から削除した場合」を選んで
「次へ」⇒もう一度「次へ」を押すと、削除したファイルの検出が開始されます。

(間違ってハードディスクやSDカードをフォーマットして消去した時には
 「フォーマットした場合」を選択して復元作業を進めます。)

ファイルの保存

しばらく待機して、「消去済ファイルスキャンは終了しました。」
とバルーンが出たら「OK」を押します。

Step5の「ファイルの保存」の画面では、
テーブル/サムネイルの画面に検出できたフォルダーとファイルの一覧が表示されます。

左側の枠にある「Block」といった領域の内部にある「不明フォルダ」などの場所に
消去済みのファイルが含まれているので、
これらの中から日付などの基準を目安にして必要な録画映像のデータを探してください。

スキャン中

該当しそうなファイルが見つかったらその拡張子が入っているフォルダを
丸ごと選択して、CtrlキーとSキーを同時に入力して、
パソコンのハードディスクなどの場所に名前を付けて保存します。

そして、閲覧用のアプリケーションなどを開いて、
その映像の拡張子が正常に開けてムービーが視聴できるかどうか確認します。

しかし、ファイルやフォルダの名前が変わっていたり、
同じフォルダにあった一部のデータが検出できなかったり、
対象の拡張子が破損した状態で修復されていた、といった原因で
データが開けない事もよくあります。

問題なくファイルが復元できたはずなのになぜか開けない、
という場合には、別のアプリケーションからの展開を試してみたり、
ネットワークカメラの製造元・販売先のカスタマーサポートに
お問い合せをして問題の解決方法を訊かれてみてください。

ファイルそのものが見当たらず検出できなかった場合は、
専門のデータ復旧サービス業者に注文をして、
データ記憶メディアを持込か配送で提出して診てもらわれる事もお薦めします。

 






デジタルカメラの写真画像 | カメラ
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント*
パスワード

※.「*」が付いたフォームは必須の記入欄です。(URLとメールのアドレスはページ上では非表示になります。)

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。

 




URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1005.html
Copyright (C) 2007-2016 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.