データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【コンピュータウィルス感染によるデータ損害を防止するには?】のページです。パソコンの故障やエラーでファイルを喪失した時にデータ復旧。
ハードディスクドライブからの取り出しや外部接続のPC機材・システムの復元、復活方法についての詳細を解説しています。
また壊れたコンピューター製品や記憶装置の修復、修理の手順など損傷トラブルの解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。


コンピュータウィルス感染によるデータ損害を防止するには?
お使いのパソコンやファイルサーバー、サプライなどの機器が
コンピュータウイルス(読み:computer virus)やスパイウェア(読み:spywar)に感染してしまい、
貴重なシステムやデータが破損してしまう原因ときっかけには様々な要因が考えられます。

特にウイルス対策ソフトウェアの最新アップデートファイルを入れていない場合、
かなりの高確率で感染してしまいますのでご注意ください。

下記にて感染するケースを一覧にまとめました。

ウイルス被害の脅威


・ウイルスやスパイウェアにかかったページにアクセスしてしまった。
・開くと意図的に有害なワームに引っかかるようになったページを開いてしまった。
・ウイルスプログラムが添付された電子メール(スパムメール)を開いてしまった。
・ファームウェアの仕込まれたソフトウェアをインストールしてしまった。
・ネットを開いた時点で感染するタイプの新型ウイルスに出くわす。
・ハッキングにより有害なプログラムをシステム内部に送り込まれる。

といった要因が考えられます。

まず、パソコンやサーバではインターネットにつながると必ず、コンピューターのシステムに
侵食して破壊をしてくる脅威の悪質なウェアがどこかに蔓延している上に、ハッキングやクラッキング、
トロイの木馬といった数多くの手口による被害の脅威に常にさらされます。

一度コンピューターウイルスがシステムに入ってくると、ウイルス駆除ソフトによる
警告表示がなければ気づけないままどんどん感染拡大して、貴重なデータや
構築したOSの設定などが徹底的に破壊される恐れもあるため、対策は絶対不可欠です。




まず、基本的には電気店や通信販売のダウンロードサイトで購入できる、

・「トレンドマイクロウイルスバスター」(Trendmicro VirusBuster)
・「ノートン・アンチ・ウイルス・インターネットセキュリティ」(Norton AntiVirus)
・「マカフィー」(Mcafee)


といった、セキュリティの機能やアップデートサービスに富んだ市販(有償)の
アンチウイルスソフトをPCやサーバのコンピューターにセットアップして使ってください。

たいていは上記のようなユーティリティを一本インストールして自動巡回を設定すれば
コンピュータウイルスの感染による被害はほとんど防止できます。

他には

・怪しげな受信メールを開かない。
・怪しいウェブページにアクセスしない。
・オペレーティングシステムの推奨設定やウイルス対策ソフトの発した警告に従って手順を進める。
・常にOSやIEなどのウェブブラウザ、アンチウイルスソフトを最新版にアップデートしておく。
・なるべくクッキー(cookie)を残さない。
・他のコンピューター機器とUSB接続や同期を行う前には保護されているか確認する。
・PCを買って使い始める時はウイルス対策ソフトをインストールし終わるまで
 出来るだけインターネットを繋げず、ページを開かないようにする。
・万一の事態に備えて事前にデータ復旧サービスの会社をチェックしてみる

といった予防・対応策も大変重要かつ、有効です。

 





セキュリティ対策方法 | トラブル
コメント
コメントを投稿する
コメント
パスワード 

※.ご相談、ご質問のコメントをお書き込みいただける際には、トラブルの状態をある程度詳しく表記いただけると
  より正確かつ具体的に回答を提示できます。
 


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-entry-1.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.