データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法

【2010年12月】の日付ページです。パソコンなどに保管していたファイルの喪失。そんな時にこそデータ復旧。
ハードディスク・PC機材などの保存メディアの復元、復活についての詳細を解説しています。
また他のコンピューター製品やシステムの修復、トラブル解決に関するサービスやアドバイスを掲載しています。
断片化されたファイルの修復を実行するには?
パソコンを購入してからしばらくソフトウェアをインストールしたりファイルを作成・保存するなどして
色々と使い続けていくうちに、ファイルやフォルダを保存するハードディスクドライブが
『断片化』を起こして、読み込みが遅くなっていく事が多くあります。

断片化とは、HDDの中にあるデータを書き込むセクタという記憶領域に
書き込みする際に、ファイルがバラバラの位置に記憶されている状態の事です。

まとまった位置に配置されていないため、ひとつのデーターを読み込む際に
コンピューターのシステムが複数のセクタ位置から読み取りをする事になり、
開くまでに時間がかかったり動作が遅くなっていく原因になります。

この断片化されたファイルの修復をまとめて実行するには、
まず最初に、Windowsの場合は、すべてのプログラムからアクセサリを選び、
システムツール⇒ディスククリーンアップを開きます。

このディスククリーンアップの機能は、ドライブ上にある余分なデータを
圧縮したり消去するためのツールで、まずはこれを使って簡単な最適化をして、
次に、システムツールの項目にあるディスクデフラグを起動します。

このツールはハードディスク上で断片化したファイル群を整理して
最適化するための機能で、これを使ってスキャン⇒実行します。

これで一旦はセクタの整頓が完了するのですが、これだけではまだ
足りない部分も多いため、できれば以下のような作業も実行してみましょう。
コンピューター修理 | マシンの最適化
誤って削除したファイルの復元は簡単?
パソコンの操作上で最も多いデータの損失の原因の一つに、
誤ってファイルやフォルダを削除した、という人的ミスのパターンがあります。

うっかり必要だったファイルをごみ箱にまとめて移動していて、
後で「ごみ箱を空にする」や「ディスククリーンアップ」の動作で
まとめて消してしまう場合などがよくある事例のひとつです。

単に間違えてファイルを削除して、ごみ箱フォルダに移動してしまっただけなら
まだドラッグ&ドロップかコピー&ペーストですぐに元のフォルダの位置に
戻す事で消去前の状態に戻せます。
(ごく稀にそのアクションの影響で破損してしまうケースもあるのですが。)

しかしShift&Deleteキーで直接ファイルを消してしまったり、フォルダの総容量が
大きすぎて、ごみ箱の空き容量を越えて、移動されずに消えてしまう事もあります。
また、アンインストールしたソフトウェアのプログラムも
ゴミ箱には移動されずに直接パソコンのCドライブ上から無くなります。

このように、ファイルフォーマット(file format)を削除する時には、
本当に不要な部分であるかを確認してからデリートを実行するのが重要です。

しかし、それでも間違えて消してしまうミス操作は誰にでも起こりえますし、
ヒューマンエラー(人為的なトラブル)はどれだけ注意・防止対策をしていても
100%確実に不慮のトラブルを防げるとは言えません。
そのための予備としてバックアップという、簡単に出来る予防対策が存在します。
消去した拡張子を直す | 初心者Q&A
マウスコンピューター製パソコンのリカバリー
BTOパソコンのメーカーの一つである株式会社マウスコンピューター(MouseComputer)により
製造・発売されているPCをお使いの際に、ウィンドウズが正常に立ち上がらなくなり、
リカバリーを行ないたい、場合にはどのようにするえばいい?という疑問について。

mouse computer

MouseComputerの主なシリーズ
  • LUV MACHINES
  • MDV ADVANCE
  • MDV-EXTREME
  • MDV MediaServer
  • m-Book
  • Luv Book
  • GSX


マウスコンピューター製のマシンは普通のメーカー製パソコンとは少し違い、
ハードディスクやメモリの容量、電源ユニットやマザーボード、CPUの性能、
ビデオカードの有無など、パーツを自分で指定して、搬送前に組み立ててもらえるBTOパソコンです。


部品やOSを出荷前にカスタマイズしてもらえる、という点以外は
先に完成された普通のメーカー製品とそれほど大きな差はなく、
WindowsのOSが搭載され、一年間~数年間の期間内で保証サポートなども付いています。

(OSのインストール設定の有無やバージョン選択の指定もできます。)

しかしマウスコンピューター製のパソコンもある程度の期間使用を続けていると、
他のブランド製品と同じように、WindowsのOSが不具合を起こしたり、
アプリケーションソフトウェアの調子がおかしくなる場合があります。

まずはWindows 10や8/8.1の場合、「回復ドライブ」や「システム修復ディスク」といった
標準機能を以前に使用して緊急用のディスクを作成していたら、

セーフモードでの起動や、システムの復元、システム修復オプション

といった、ウィンドウズ独自ののコンピューターの回復機能を使ってみます。

ですがこれらのツールでOSがちゃんと元に戻らなかったり起動できない場合は、
OSを再インストールしてセットアップを行う必要が出る時もあります。
システムのリカバリー | マウスコンピューター/G-Tune
サーバのデータをサルベージするには?
サーバ(server)の語源は「給仕・奉仕する」という意味で、
コンピューターではご存知、外部にあるパソコンや携帯電話などの装置から
発信される要求を受け付けて処理を実行するための電子機器の事です。

サーバーは一般的なPCと違い、一台の家庭用サーバから企業で導入されている
数十、数百、数千台以上もの大規模なサーバーシステムまで様々な形があります。

サーバー関連製品の一例


・BUFFALO iSCSI対応TeraStation IS ラックマウントモデル6.0TB TS-RIX6.0TL/R5
・BUFFALO RAID5対応Windows Storage Server搭載モデル 12TB WS-6V12TL/R5
・BUFFALO テラステーション ネットワーク対応HDD(NAS) 1TB TS-WX1.0TL/R1

またコミュニケーションやメール、プリント、データベース、ファイル管理、
アプリケーションなど、通信処理を実行するプログラムによってそれぞれ専用のサーバもあります。

パソコンやプリンター、モバイル機器といった他のコンピューターと違い、
サーバはネットワークを通して常時クライアントからの要求に対応する
必要があるため、24時間365日と稼動し続けられるように設計されています。

しかし、サーバールームの冷却設備が不十分であったり、
マシンのスペック的なパワーが足りないと過熱が出て、作動がダウンしたり
ハードディスクの破損など深刻な故障を引き起こしてしまう場合があります。

また、年間ほぼ不休で稼動し続けるため、サーバの装置が次第に老朽化して
いつかはやはりコンピューターとしての寿命が来てしまいます。
サーバーダウンの復帰 | サーバー


URL:http://pchdddata.blog85.fc2.com/blog-date-201012.html
Copyright (C) 2007-2017 データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法, All rights reserved.